LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

blog_326_convert_20170317192208.jpg 


今日は、”望むものが手に入らない理由”について考えてみました。


あなたは今、どれくらい自分が望む人生を生きることができていますか?

もし、あなたが望むものを手に入れられないとしたら、何か心の中であなたの行動を邪魔しているものがある、という可能性はないでしょうか?


たとえば、あなたは”仕事”に対してどんなイメージをお持ちですか?

もし、「仕事は大変なもの」という否定的なイメージが潜在意識に染み付いているとしたら、あなたはきっと仕事で苦労されるに違いありません。たとえ大人になった今はそんな否定的な考えを持っていなくても、私たちの考えよりもはるかにパワフルな潜在意識の中に、そんなイメージが隠れている場合がよくあるものです。


また、もしあなたの潜在意識の中に、「人生は大変なもの」というイメージがあるとしたら、あなたは人生における様々な選択肢の中から、敢えて大変な人生に発展していくであろう道を無意識のうちに選ぼうとする筈です。それは、潜在意識にあるイメージと共鳴する道が一番あなたを納得させるものだからです。そして、その結果、自分が望んでいない不本意な人生を生きていくことになるのです。


望むものが手に入らないときに、私たちの心の中にはその思いとは逆の思いが眠っていることがあるものです。たとえば、恋愛、結婚、仕事、お金などに対して、あなたはどんなイメージを持っておられますか。もしあなたの潜在意識がこれらのものに否定的なイメージを持っているとしたら、そういう否定的なものは欲しくないので、手に入れようとしない、ということになるのです。つまり、そのモノに対するイメージが行動を決めるとも言えるわけです。


たとえば、あなたにとって、仕事とはどんなイメージですか?


楽しいもの? それとも大変なもの?
自己実現の手段? それとも自己犠牲的な義務?

わくわくすること? それとも意気消沈させるもの?
お金をたくさん得るための有難い手段? それとも生活のために仕方なくするもの?


このように、仕事は仕事であり、良いも悪いもないのですが、そこに私たちが色んなイメージをくっつけてしまっているのです。ですから、仕事に「大変なもの」というイメージをくっつけているとしたら、大変なものは避けたいと思うので、それに準じた行動を無意識に取ってしまいます。しかしそれとは反対に、仕事はわくわくするもの、というイメージをくっつけているとしたら、きっと仕事に行くのが毎日楽しいに違いありません。


では、仕事は「大変なもの」というイメージがあるとしたら、その理由は何でしょうか?

もしあなたが思い当たるところがなければ、それはあなたの潜在意識に刻まれた思い込みが問題かも知れません。たとえば、もし、あなたのお父さんが毎日仕事から帰って来て、「ああ、疲れた。大変だ」と言っていたとしたら、あなたの潜在意識には、「仕事はお父さんを大変にさせるもの。仕事は大変なもの」というイメージが刻まれていきます。


また、お母さんがいつもお父さんの仕事のことや稼ぎのことで文句を言っていたとした場合、それも同じような結果をもたらします。「ちゃんと仕事しないと、しっかり稼がないと、家族を苦しめてしまう」というプレッシャーをあなたの潜在意識は感じているかも知れません。


では、お金はどうでしょう?
あなたの中で、お金に対して否定的なイメージはありませんか?

あなたの中で、お金は「怖いもの」というイメージがあるとしたら、あなたは無意識のうちに怖いものを避けるでしょう。あるいは、お金に「安心する物」とイメージを持っているとしたら、それは「お金がないと不安」という心理を映し出しているので、そういう人は、お金に「ないと不安になるもの」というイメージを同時に持っていることになるのです。


つまり、望んでいるのに、欲しいのに、手に入れたいのに入らないものがあるとしたら、そんな風に何かしら否定的なイメージがくっついて、それなら「要らない」というメッセージを送り出してしまっている可能性があるのです。


恋愛や結婚についてはどうでしょう?

もし、あなたがなかなか結婚ができないのは、結婚に「束縛」「大変なもの」という否定的なイメージを潜在意識の中に持っているからかも知れません。とすると積極的にそれを求めようとしませんし、あるいは求めることがあっても「束縛」「大変なもの」へ発展しそうな相手を無意識のうちに選んでしまうのです。


そのように、本当は自分の望むものを手に入れたいのに、それを手に入れられない、あるいは望んでいないものを手に入れているということがあるとしたら、そういう心のからくりがあることを考えてみるのも”幸せな将来”を生きる大切な手掛かりになるかも知れません。


今日の一言: 幸せな将来を手に入れよう


鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.03.17 19:23 | お知らせ
    20170315 1a

アジア6ヵ国を歴訪中のサウジアラビアのサルマン国王は312日夜、国王専用機で東京・羽田空港に到着され、皇太子さまの出迎えを受けられました。サウジアラビアの国王が来日したのは46年ぶりだそうです。

 

サルマン国王は、王族や閣僚、企業代表らなど1000人以上の大訪問団を伴い、都内の高級ホテル1000室以上に宿泊、またハイヤーの高級車約400台が移動用に確保されました。

更に、サルマン国王が専用機で羽田に到着された際に使用されたエスカレーター式タラップと、メルセデスの防弾車両は、事前にコンテナーで持ち込まれたということです。

 

サウジアラビアは国家収入の8割を石油から得ているという石油大国です。ところが、原油価格の低迷や人口の急増により、この3年赤字財政が続き、将来は石油依存から脱却することを目指して、経済改革への協力を日本にも求めることが今回の来日の目的だったそうです。

 

 

一方、私たちの王の王、イエス・キリストの場合はどうか、考えてみました。

イエスと弟子たちは、徒歩でガリラヤ地方の宣教をしていましたが、それをやめてエルサレムに向かう旅を始められました。その途中で弟子たちに、ご自分は十字架につけられ、3日目によみがえることを話されました。

 

一行はオリーブ山の麓のベテパゲまで来た時、イエスは二人の弟子に、「向こうの村へ行きなさい。そうするとすぐに、ろばがつながれていて、いっしょにろばの子がいるのに気がつくでしょう。それをほどいて、わたしのところに連れて来なさい。もしだれかが何か言ったら、『主がお入用なのです。』と言いなさい。そうすれば、すぐに渡してくれます。」(マタイ2123

 

イエスはろばの子に乗ってエルサレムに入られます。勇ましく馬に乗ってではなく、借り物のろばの子に乗って入城しました。それはイエスのへりくだりと柔和さが現されています。イエスは立派にも見えず、強そうにも見えず、裕福そうにも見えず、ただ弱い人々や病気の人々を助けた心優しい王が、ろばの子に乗って・・・

人々は、「タビデの子にホサナ。祝福あれ。王の御名によって来られる方に。ホサナ。いと高き方に。」と叫んで、自分の上着を道に敷きました。イエスが乗ったろばに踏んでもらうためでした。それは、王にひれ伏す姿なのだそうです。柔和な王にひれ伏すことは、自分が柔和な道を歩むことです。また、上着を踏んでもらったことは、自分の大切なものを、キリストに従うために捨てることをも意味します。

 

「それから、イエスは宮にはいって、宮の中で売り買いする者たちをみな追い出し、両替人の台や、鳩を売る者たちの腰掛けを倒された。そして彼らに言われた。「わたしの家は祈りの家と呼ばれる。」と書いてある。それなのに、あなたがたはそれを強盗の巣にしている。」(マタイ211213

過ぎ越しの祭りのために、各地から大勢の人が神様を礼拝しに神殿に来ていました。その人々の思いを悪用して、不当な額で両替をしたり、罪を赦していただくためのいけにえの動物や鳥を法外な値段で売りつける商売人や、神殿の管理をしている宗教指導者に、イエスは激怒せずにはおれなかったのです。イエスは真に義の方です。

 

そして、「また、宮の中で盲人や足なえがみもとに来たので、イエスは彼らをいやされた。」(マタイ2114と、前の節と対照的な節がここに記されています。

イエスは神殿が、弱い人、病んでいる人、貧しい人、虐げられている人達が来て、癒される場所、心休まる場所にしたかった、いいえ、そういう人達こそ来るべき場所だという含みで、この1節があるのかもしれません。

しかし多くの人々は、裕福な者、強い者、能力や権力がある者、見かけが良い者などを大事にして、弱い者を隅に追いやってしまっているのです。

 

「世をも、世にあるものをも、愛してはなりません。

もしだれでも世を愛しているなら、

その人のうちに御父を愛する愛はありません。

すべての世にあるもの、すなわち、肉の欲、目の欲、

暮らし向きの自慢などは、御父から出たものではなく、

この世から出たものだからです。

世と世の欲は滅び去ります。しかし、神のみこころを行なう者は、

いつまでもながらえます。」 第1ヨハネ215-17

 

世の欲を求めてもやがて滅び去り、神の御心を行う者は永遠の命を得る、というのです。

ろばに乗りエルサレムに入場されたイエス様は、一心に御父の御心を行い永遠の命を得、高く上げられました。

私たちはこの世から出た物に心奪われ、それに振り回されてしまいがちですが、有限であるこの世だけが存在のすべてではなく、イエス様の愛にとどまり、隣人を愛する人生をおくることで、いつまでもながらえることができます。

創造主である唯一の神が、宇宙や自然の法則や全ての存在理由の根源です。

自分の心に王なる創造主 イエス・キリストを迎えることで、愛ある人生、勝利の人生を生きることができます。 アーメン

 

MU

 

ブログランキングに参加しています。

「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。

FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.03.16 10:38 | その他
weakStrong.jpg 

目を疑うような映像、しかもそれは母国 日本で起こった災害・・・2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震から早くも6年が経過しました。 

ずっと昔の事だったような。。。まだ最近の事の様な。。。出来事です。 

日本からだけではなく、世界中の国の方々からの様々な形での支援が送られ、たくさんの祈りが奉げられた事を覚えています。そして、その支援に対する被災者の方々の対応、感謝の表現は日本人としてとても嬉しく、誇らしく思ったのを覚えています。

今なお仮設住宅で暮らしている方々、被災の跡がそのまま残っている地域などまだまだ、支援を必要としていらっしゃる方々、地域が多くあることも事実の様です。 

私自身、この時はまだクリスチャンでもなく、教会にも足を運んでいない頃でしたので、この災害について「クリスチャン」として考えることはありませんでした。
しかし、昨年、出身地 熊本でも大きな地震があったからか? 今年はクリスチャンとしてこの災害の事を少し見てみたいと思いました。勿論、東北地方太平洋沖地震も熊本地震も、そして様々な国で発生している地震等は、神の支配の元発生したことで、この理由に関しては私たちの知りえないことであります。ですが、被災されたクリスチャンはどのようにこの時期を生きられたのか? 教会はどのような活動をされたのか? この災害を通してどのような人が救われたのか?知りたいと思いました。

インターネット上の記事を読んで心に残ったことは。多くの教会、クリスチャンの集まりの中で沢山の祈りが奉げられていた事、そしてクリスチャンだった方は、災害で信仰を失った方もいらしたようですが、それ以上に災害を通して信仰深くなった方が多くおられたこと、ノンクリスチャンだった方は、困難な生活の中、何かの支えが必要だった中、聖書に出会い、教会に足を運ぶようになりイエス様を知り、信じ、心に平安が与えられた方々がいらっしゃった事でした。

あのような人間(自分)の想像や力を越えた出来事が起こった時に、クリスチャンは全能の神に完全に頼りきり(明渡し)、心からの祈りを奉げ、ノンクリスチャンは自分の力・能力を超えた存在・助け人を探し頼るようになり、神の存在・能力・愛をはっきりと知るのかも知れない・・・と思いました。そして、どんな状況下にあっても私たちには、主に祈り、頼り,委ねることができる幸いを思いました。 

聖書の中には、一見私たちの常識に反し、それをくつがえすような御言葉がありますが、被災された方々、被災地で大変な時を過ごされた方、またまだその途中にいらっしゃる方の証等を読ませていただくと、この御言葉が心を突きます。 

「すると主は、『わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ』と言われました。だから、キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。それゆえ、わたしは弱さ、侮辱、窮乏、迫害、そして行き詰まりの状態にあっても、キリストのために満足しています。なぜなら、わたしは弱いときにこそ強いからです。」 
(コリントの信徒への手紙二 12章9~10節)

困難や試練の中にも主は共におられ人々を強められたこと、主は永遠で一番の支援者であられる事を改めて思いました。
もっと多くの方が癒し主 イエスキリストを知り、救われます様に。そして、まだまだ困難の中にいらっしゃる方々に、主からの平安と癒し、力が与えられます様にお祈りいたします。
アーメン
(KS)

下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.03.13 12:03 | その他

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.