LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

0619-2.jpg 

ある日、夫と二人でレストランで食事をしていると、小さな子供二人を連れた若い女性が入ってきました。その数分後、男性が入ってきてその親子の席に着きました。
その直後から私たちがレストランを出るまでの約15分間、ノンストップの言い訳話が始まったのです。
その間女性は、3-4度程口をはさみましたが、それ以外は男性が話し続けていました。

最初の数分で聞くのも嫌になるくらいどうしようもない言い訳でしたが、男性の声が大きかったのと、私たちは食事を終えて会計を待っていたので彼の一連の言い訳が聞こえてしまったのです。

レストランを出た後、
私も含め、人はなんと多くの時間を言い訳に使うのだろう? この世では、言い訳を聞いてくれる人もいるだろうけど、死んだ後、全員が必ず受ける最後の審判では、言い訳は通じないのに・・・と思いました。

私たちが永遠の天国に入るか、永遠の地獄に入るかは、この世でイエス様を救い主として信じるか? 否か?にかかっています。
死んでしまったら、もうその選択をすることはできないばかりか、自分の選択に対しての言い訳もできないのです

実際に、ヘブル書9章27節には、「人間には一度死ぬことと、死後に裁きを受けることが定まっている。」と書いてあります。また、ルカの福音書14章16-24節で、イエス様は「私の食事を味わう者はひとりもいないのです。」と仰いました。それは、宴会に招待されたにもかかわらず、色々な言い訳を言って出席を拒んだ人たちのことを言ったのです。

愛する家族や友人が、レストランで見た男性の様に言い訳をし続ける姿を見たくないし、愛する人達に伝道をしなかった自分を悔いて言い訳もしたくないと思いました。

(KS)


下記のアイコンのクリックで応援をお願い致します!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願い致します。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.06.19 23:25 | その他
0616.jpg 

あなたにとって、「人生で最も後悔していること」は何ですか?

アメリカでのとても興味深いデータがあります。
それは80歳以上の老人を対象としたアンケート調査で、
その質問は、「人生で最も後悔していること」は何ですか?というものでした。

皆さんはどんな回答が多かったと思われますか?
面白いことに、70%の人が全く同じ回答をしていました。
それは、「チャレンジをしなかった」というものでした。
70%の人が、「チャレンジをしなかった」ことを後悔しているのです。

人が人生を終える時に後悔することとして多いのは以下のことだそうです。

・他人がどう思うか気にしなければ良かった
・幸せをもっとかみ締めて生きるべきだった
・もっと他人のために尽くせばよかった
・くよくよと悩まなければよかった
・家族ともっと時間を過ごせばよかった
・もっと人に優しい言葉をかけていればよかった
・あんなに不安を抱えながら生きるべきではなかった
・もっと時間があれば・・・
・もっと思い切って冒険すればよかった
・もっと自分を大切にすればよかった
・もっと旅をすればよかった
・もっと一瞬一秒を大事に過ごせばよかった
・子どもたちに好きな事をさせてやればよかった
・言い争いなどしなければよかった
・もっと自分の情熱に従うべきだった
・もっと自分のために頑張ればよかった
・もっと自分の本音を言うべきだった

いかがでしょう。あなたにも思い当たるものがありますか?
どれもが非常に重要なもののように思います。
何故なら、世の中のほとんどの人がこれを『人生の終わり』になって気づくからです。

私たちは人の目を気にしてしまいます。しかしそれに重きを置けば置くほど、他人の意見によって人生が決められてしまいます。他人の目など気にしなくていいのです。
大事なのは、「あなたがどうしたいか」です。

あなたにとっての幸せとは何ですか?

命があるだけで幸せ
食べるものがあって幸せ
着るものがあって幸せ
住む場所があって幸せ
家族がいるだけで幸せ
目が見えるだけで幸せ

少し見方を変えるだけで、すでにあなたはたくさんの幸せを得ていることに気づくはずです。

それから、自分にとって身近な人、家族を大切にできない人は他の人を大切にはできません。とても不思議なことですが、家族を大切にしその時間も大事にすると、すべての事が上手くいくようになるものです。

あなたが過去にかけられた嬉しい言葉は、他人も同じように嬉しいと思う言葉である可能性が高いです。そして、その反対もまた真理です。ですから、人の徳を高める言葉を口にしましょう。

もっと時間があれば・・・、これは私もよく思うことです。しかし、時間はすべての人に一日24時間、平等に与えられています。ですから、考えてみれば時間のない人などいないのです。ただ時間の管理を上手にしているか、ということだと思います。私もこれを心に刻みたいと思います。

人はやった事ではなく、やらなかった事に対して後悔します。あなたにとって、長いあいだ「これをやってみたい」と思いながらやっていない事はありませんか。今からでも遅くありません。チャレンジをしてみてはいかがでしょう?

最後に、私が確信をもって言えることは、人生の最期を迎えた時に人が後悔すべき最大のことは、神を見出さなかったことです。言い方を替えれば、神を見出すことほど価値のあるものは人生にはないということです。

中世の偉大な神学者アウグスチヌスは、「私たちは神に造られた者であるゆえに、私たちの魂が造り主なる神のもとに帰るまでは、真の平安を与えられることはない」と言いました。

私たちは神を見出すことによって人生の真の意味を見出します。また神が共におられる事実の上に真の平安が与えられます。そして、自分の欲望を満足させる自己実現ではなく、神実現の中における自己実現こそが真の自己実現であるという素晴らしい真理を知るに至るのです。


今日の一言:神実現における自己実現を目指そう


鶴田健次

下記のアイコンのクリックで応援をお願い致します!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願い致します。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.06.17 00:12 | 鶴田健次牧師より
    20170614_2a.jpg
ある日、小学校に通うピーターは、お母さんにこう言いました。

「お母さん、僕は髪を伸ばすことにしたよ。長ーく伸びたら、ガンの治療をしている人たちのウイッグを作っているところに寄付するんだ。そしたら一人か二人は、僕の髪の毛で作ったウイッグを使えるでしょ?いいアイディアだと思わない?」

お母さんは微笑んで、「いいアイディアだと思うけど、伸びるまで長くかかるわよ、できるの? 第一、何でそんな事思いついたの?」

ピーターは、「今テレビでそう言ってたのを聞いたんだ。髪の毛を寄付してほしいって言ってた。それに、髪の毛は放っておけば自然と伸びるでしょ、わざわざ床屋に行って切って捨てるよりは、ガンの人に役立つようにした方がいいって思ったんだ」と言いました。

 

ピーターは友達にからかわれたり、いじめられたりしながらも、髪はどんどん伸びました。

ある時、町のテレビ局が、ピーターにインタビューに来ました。          

「君は、ガン治療をしている人のウイッグを作るために髪を伸ばしているって聞いたけど、それはどういう気持ちからなの?」

「最初は、そのウイッグを作るために髪の毛を寄付してほしいって言ってるのを、テレビで見たからなんだ。それなら僕にもできるって思ったんだよ。だって伸ばすだけでしょ? ただ切らなきゃ伸びるんだから、宿題をやるより簡単なことだよ。そして、それが誰かの役に立つんだからね、やらない手はないって思ったんだ。」と、ピーターは話しました。

 

マタイの福音書10章8節に、「あなたがたは、ただで受けたのだから、ただで与えなさい。」という御言葉があります。ピーターがマタイの福音書10章8節を知っていたかどうかはわかりませんが、ピーターは御言葉通り、主からただでいただいている髪を、ただで与えのでした。

 

私たちは生まれた時から、生きるために必要なものは全て主によって用意されていました。

でも、毎日当たり前にある空気、太陽、地、水、風などの自然環境や、健康な体と五感、感情、思考力等まだまだありますが、感謝することを寝込んだ時にしか思い出さないような情けない者が私たち人間です。

そんな私たちを、主はひたすら赦し、愛してくださり、罪を清め、救ってくださいました。

その思いを、マーチン・ルターは、このような詩で詠っています。

 

キリストは何も持たずに来た。

借りた家畜小屋の飼い葉桶でお生まれになり、

借りた小舟の上で神の国を語り、

借りたロバの子に乗ってエルサレムに入城し、

借りた墓に葬られた。

 

全世界、全宇宙を所有される方が・・・

そのキリストが、あなたを自分のものとするために

あなたの十字架だけは、ご自分のものと主張されたのだ。

キリストは十字架の上で、自分ではないもの「罪人」になられた。

それは、私たちが自分ではないもの「義人」となるためであった。

 

 

MU

 

下記のアイコンのクリックで応援をお願い致します!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願い致します。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.06.15 05:24 | 証し

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.