FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

02212020.jpg

新型コロナウイルスのその後

 

 中国政府は2月17日以降、少しずつ経済の再開を優先し、封鎖対象地域を縮小し始めています。その一環として、封鎖対象の人口が4億人から1億5千万人に減りました。要人たちが多く住む首都の北京は外部からの人の流入を止め、ウイルス発祥地の武漢や湖北省は閉鎖をより厳重にして、ウイルスの漏洩を止めようとしています。最上位の北京と、最下位の湖北を閉鎖した上で、残りの中国での封鎖を少しずつ解き、経済活動を再開しようということのようです。

 

 世界的な金融機関の調査によれば、中国経済の需要の合計は前年同期と比べて66%減ということですが、先週まで中国経済の70~80%が止まっていたことからすれば、10%前後が再稼働したことになります。しかし、中国政府は「国有企業の95%が事業を再開した」と発表したものの、ほとんどの中国企業は稼働率が10%以下という状況のようです。

 

 実際、新型ウイルスはまだ不明な部分が多いので、これから感染・発症の再拡大があり得ます。もし、そのために中国経済の再開が頓挫すると、中国共産党と習近平に対する信用問題になりかねません。また経済活動の再開は、中国に対する世界資本家たちからの強い要望でもあることを考えれば、中国政府は無理をして経済再開を試みているのかもしれません。

 

ところで、ロシア政府が新型コロナウイルスの感染拡大を恐れ、2月20日から、すべての中国人の入国を禁止し始めたとのことです。すべての中国人の入国を完全に禁止したのは世界で初めてです。中国敵視のトランプでさえ、アメリカ人の中国渡航は禁じましたが、中国人の入国は14日間の検疫は必要ですが、禁じてはいません。それに対し、プーチンと習近平は強い絆で結ばれているはずが、なぜこのタイミングで入国禁止なのでしょうか?

 

 プーチンがこのタイミングで中国人の入国を全面禁止したのは、経済の再開を無理にでも試みる中国政府がこれまでの厳しい国内諸都市の封鎖を少しずつ解いていこうとしているからです。そうすれば、封鎖解除とともに中国国内の人の流れが次第に増えていきます。同時に、中国国内の閉鎖で激減していたロシアへの中国人の流入も再び増加します。中国政府が、新型ウイルスの感染問題を完全に解決できたので国内の封鎖を解除するというならば別ですが、実際はそうでなく、これ以上経済の再開を遅らすわけにはいかないという理由で無理に封鎖解除をしているとなれば、プーチンもその選択をせざるを得ないということなのでしょう。

 

プーチンは賢明にも中国人を入国禁止にしましたが、日本は依然として何もしていません。日本は、中国人を入国禁止にしたら習近平の怒りを買い、制裁の対象にされるのを恐れているのでしょうか。あるいは、日本はすでに国内感染が広がっているので、いまさら中国人の入国を拒否しても意味がないということでしょうか。

 

しかし、新型ウイルスは感染を重ねるほど発症時の重篤性が下がるので、日本での国内感染の多くはすでにいくつもの感染を重ねてきた高次の感染ウイルスで重篤性が低いと言われています。ところが、中国から新たに入国してくる人々が保有するウイルスの中にはもっと低次で発症時の重篤性が高いものがより多く含まれています。そう考えれば、中国人の入国禁止は直ぐにでも取るべき日本政府の重要な措置ではないでしょうか。ロシアを見ると、それを感じます。

 

今日の一言:上に立つ者のために祈ろう

 

鶴田健次

 

下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2020.02.22 02:46 | 鶴田健次牧師より

02152020.jpg


拡大する新型コロナウィルス感染

  

 2月14日、中国では、他の地域から北京への人の流入に対する規制が開始されました。そのために、北京市民で市外に出た人は、市内に戻ったら2週間の検疫を義務づけられるそうです。北京は中国共産党と国家にとって最も重要な首都なので、他の地域から隔離することによって北京での新型コロナウイルス感染の拡大を防ごうというのでしょう。

 

上海でも同日、市の境界線に検問所が置かれ、人や車の流入を禁止し始めたという情報がありますが、それが事実なら、中国政府は、他の地域を見捨てても北京と上海だけは絶対に守るという政策を取り始めたことになり、同時に、それだけ中国が国内のウイルス蔓延に手こずり、追い詰められていることを示していると言えます。

 

 中国政府は、米国など、国民に中国への渡航を禁じたり、中国との間の旅客機の定期便を止めたりしている諸国に対し、「ウイルス問題は解決されつつある。渡航禁止や定期便中止は間違っている」と言っていますが、実際、中国のウイルス問題は解決どころか逆に急速に悪化しているのが現状です。それを考えれば、米国が1月末に早々と中国との人的交流を断ったことは正しい判断であり、中国政府の要求を受け入れて中国との人的交流を止めなかった日本政府は間違った決断をしたという結果にならないことを願うものです。

 

現在、中国でウィルスは検査薬が足りず、発症しないと検査してもらえません。つまり未発症の感染者の数は不明ということで、これまで毎日発表されている感染者数は正確さに欠けるということになります。また中国政府は、国内の47万人が発症者と密接な接触をしたことから、今後、感染者の数が急増する可能性があることを認めました。

 

2月9日、中国人実業家の郭文貴氏(2014年に米国へ亡命)が、「武漢でのウイルス感染者の数は150万人、死者は5万人」と発表し、その時は中国共産党を敵視する者の誇張した言葉だと言われていましたが、一週間後の今、多くの人々がこの数字こそが現実的な数字だと受け止めています。

 

また習近平は2月13日、武漢や湖北省のトップを更迭し、新たに湖北省の共産党書記になった応勇が、すべての発症者を強制的に収容施設に入れて隔離する政策に踏み切りました。これは、発症者を排除して残った人々の感染や発症を防ごうとする策ですが、このウイルスは未発症の感染者からも感染するので、発症者だけを隔離しても片手落ちだと言えます。

 

 中国は現在、経済の70~80%が止まっており、大幅なマイナス成長です。にもかかわらず、FRBや中国の中央銀行が相当な資金を市場に注ぎ込み、株価上昇を演出しています。214日、通販の世界的大手アリババは、中国と世界の金融市場の大暴落が起きるかも知れないと警告しました。

 

米国は、中国からのコロナウイルスの流入に対して世界で最も厳しい措置を取ってきた国です。ところがその米国でさえ、ウイルスが蔓延する可能性が高まっています。しかも、蔓延が来年まで続くかも知れないという予測です。日本や中国には、「ウイルス問題は3月に終息していく」との楽観論が流布していましたが、これは政治的な目的を持ったプロパガンダだという気がします。

 

米保健福祉省のアレックス・アザー長官は2月14日のCNNテレビで、米政府が中国だけでなく、日本やシンガポール、香港など、感染が拡大している国からの入国も禁止することを検討していると表明しました。 もし、この規制拡大が実施されれば、日本人はしばらく米国に来れなくなります。

 

今日の一言: こんな時こそ目に見えない神に目を向けよう

 

鶴田健次

 

 

下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

 

2020.02.16 15:09 | 鶴田健次牧師より

02142020.jpg

新型コロナウィルスの脅威

 

新型コロナウイルスによる感染の広がりは止まる様子もなく、むしろ感染者と死者の数は毎日、大幅に増え続けています。そればかりか、ウィルスの広がりは、実際には公式発表のレベルを遥かに上回っているという情報もあります。そのために、緊急に建設された二つの病院も感染者の治療に当たるには焼け石に水で、どの病院の廊下にも順番を待つ感染者の長蛇の列ができ、廊下で待っている間に死んでいく人もたくさんいるとのことです。また、病院で診てもらえない感染者は自分の家で待つしかなく、その間に死んでいく人も相当な数にのぼるそうです。

 

現在、武漢市内には49箇所に火葬場があり、24時間体制で一日に1200人の死体を火葬できるそうですが、新型コロナウィルスによる死者が増えて火葬が間に合わず、穴を掘って死体を入れ、ガソリンをかけて燃やすために武漢市の空気は吐き気がするほどの悪臭だそうです。

 

 この新型コロナウィルスは感染していくに連れてどんどん変異し、潜伏期間が長くなり、毒性が強くなるという性質があるので非常に怖いです。これまで、このウィルスの潜伏期間は2週間と言われていましたが、今は42日間まで伸びて、これがやがて2か月以上になると言われています。なので、感染の拡大を防ぐためには適切な対応が求められます。

 

 ところで、このウィルスの発生源ですが、これについてはコウモリ、蛇、ネズミなど、いろいろな説があります。しかし、ある筋の説では、武漢市の生物化学兵器の研究所で作られたものである可能性が非常に高いということです。武漢には生物化学兵器の研究所が二つあり、1200人の研究員が働いています。この研究所はフランスの支援のもとに作られたもので、もともとフランスの国防相は反対だったようですが、2004年、江沢民の時にフランスのシラク大統領が中国を訪問し、支援が決定したそうです。ところが、その後、中国が独自で他に研究所を作ったために、フランスは途中で協力を止めました。そのために、ウィルス管理のノウハウが不十分で、ウィルスが漏れたのではないかと言われています。

 

このウィルスの感染の拡大を防ぐために、210日現在、中国全土で85の都市が中央政府の許可なく自分たちの都市を封鎖しているとのことです。それは、まるで昔の軍閥時代に戻ろうとしているかのようで、習近平はそのような動きを止めようとしているそうです。なぜなら、止めないと中央政府の言うことを聞かなくなるからです。

 

 また、外国企業のある都市は豊かなので大丈夫ですが、外国企業のない都市は、こういう状況下では経済が成り立たなくなるので、反乱が起こる可能性があるとのことです。実際、ある地域では、90%が封鎖され、薬も何も買えず、精神的にも崩れ、反乱が起き、それを押さえるために軍隊が派遣されたそうです。

 

 イエス・キリストは、終わりの時がいつ来るかという弟子たちの質問に対し、その時が来る前に見られるさまざまな「時のしるし」について語られましたが、その中で以下のようなことがあると言われました。

 

 「大地震があり、方々に疫病やききんが起こり、恐ろしいことや天からのすさまじい前兆が現われます。」(ルカの福音書21:11

 

イエス様は、あちこちで疫病が起こると言われました。それは、今までになかったほどの大規模な疫病であると考えられます。これまで科学は多くの疫病を根絶してきましたが、20世紀に入ってからも、エイズ、エボラ出血熱、殺人インフルエンザなど、次々と新たな疫病が起こっています。すでに絶滅したと思われていたペストなどの疫病も再び出現しています。

 

さらに、200203年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)や今回の新型コロナウイルスなど、これからも次々に新しいウイルスが発生するのだろうと思います。そして、イエス様が言われたことは必ずその通りになり、私たちにはそれをどうすることもできません。

 

しかし、たとえ今後、どんな事が起ころうとも、私たちが十字架の福音を自分のものにすることができれば、そこにすべての事に対する究極の解決を得ることができるのです。

 

今日の一言:十字架にこそすべての答えが

 

鶴田健次

 


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

 

2020.02.15 01:39 | 鶴田健次牧師より

02072020-2.jpg


『語る言葉』

 

 ある賢者の弟子の中に、人の噂を好み、ありもしない話を作り上げては吹聴して歩く者がいました。

 

 ある日、賢者はその弟子を呼んでこう戒めました。

「言葉は命の水分であり、破滅の武器である。人を判断する言葉は三つの大きな門を通過した後話さなければいけない。」

 

 すると、その弟子が尋ねました。

「その三つの大きな門というのはどんな門ですか?」

 

 賢者は答えました。

「第一の門は 『正確な事実に基づく門』、第二の門は、自分にその言葉を語る資格があるかどうかを吟味する『資格の門』、第三の門は、隣人にとって有益なことであるかを問う『徳の門』、これら三つである。」

 

 まず、第一の門である『正確な事実に基づく門』を通過することは非常に大事なことです。人の噂を好んでする人に共通することは、正確な事実に基づかない主観的な話が多いということです。そのために、話が実際より大きく膨らみ、思わぬ方向に展開していくことがよくあります。ある事について語らなければならない場合、主観を入れず、正確な事実を伝えることは非常に大事なことです。

 

 次に、第二の門である『資格の門』を通過することも大変重要です。人の良い噂は問題ありませんが、人を批判する言葉については、果たして自分にその人を批判する資格があるのか、それを問うべきです。人を批判しながら、自分も同じ事(似たような事)をしていることほど滑稽な姿はありません。そう考えれば、私たちには誰も批判する資格などないことが分かります。

 

 最後に、第三の門である『徳の門』を通過することも欠かせない条件です。聖書の中に、「語る必要があれば、人の徳を高める言葉を語って、聞いている人の益になるようにしなさい(エペソ4:29)」という言葉があります。そのように、私たちは誰かに何かを語る場合、人に不要な不利益をもたらすべきではないのです。

 

 したがって、正確な事実に基づく話であること、また自分に語る資格のある話であること、そして、聞く人の益になる話であることを確認した上で、人の噂をするようにしましょう。そうすれば、結局のことろ、そういう噂は人の良い噂しかないということになるでしょう。

 

 

今日の一言: 人の良い噂を語ろう

 

 

鶴田健次


 下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨



2020.02.08 01:59 | 鶴田健次牧師より

1-31-20_convert_20200201032039.jpg


本当の自由


 むかし、むかし、幸せな小さな汽車がいました。彼はレールの上を自由に走りながら楽しい時を過ごしていました。途中で友達に会うと、警笛を鳴らして挨拶をしました。すると友達の馬は、牧草地の端まで全速力で汽車と競走しました。また友達のカモは、ポッポと煙をあげる煙突の上を飛び回りました。


 しかし、ある日のこと、幸せな汽車は急に幸せでなくなってしまいました。彼は友達のことが羨ましくなったのです。馬は、牧草地の中を行きたいところに行けるし、カモは、空を自由に飛ぶことができます。「しかし、僕に出来ることはレールの上にとどまることだけ・・・」と、幸せでなくなった汽車はぶつぶつ言いました。

 「どうしたらレールから外れることができるかな・・・」と小さな汽車は考えました。「おそらくカーブをスピードを出して走ればいいかも知れない。そうしたらレールから外れて、友達の馬のように自由になれるに違いない!」


 そこで次の日、小さな汽車は走りながら、カーブの数マイル前になると急にスピードを上げ始めました。蒸気を噴出しながら走る小さな汽車に友達はビックリしました。彼らは、全速力でカーブに差しかかった小さな汽車がレールから飛び出すのを驚きながら見ていました。レールのそばの畑に突っ込みながら、「僕は自由だ!」、と小さな汽車は思いました。ところが、喜んで警笛を鳴らす前に、彼は動けなくなってしまいました。車輪が空回りし、後退しようとしても1インチも動けませんでした。


 「僕は自由なんかじゃない!僕は動けない!」、と彼は叫びました。


 友達の馬が来て言いました。「バカだなあ、君は。いったい何を考えてたんだい。」


 汽車は言いました。「僕は、君のように自由になりたかったんだよ。でも、僕にとって自由でいられる唯一の方法はレールの上にとどまることだってのが分かったよ。」


 すると、馬は「当たり前じゃないか!」と言いました。


 「そうだよ! 僕たちはルールに従うときにだけ自由なんだよ」、とカモは言いました。


 私たちも、この小さな汽車に似ているかも知れません。私たちは、何でも自分がしたいことをできるときが幸せだと考えます。しかし、この汽車のように、ルールを無視するとき、私たちは動けなくなるのです。


 神は、私たちを愛し、美しい世界を与えて、どうすれば幸せな人生を送れるかを教えておられます。ところが、私たちは神を無視し、自分のしたいことをしようとするのです。聖書は、それを「罪」と呼び、この罪は人生を台無しにしてしまうと教えています。


 神は、この罪の不自由さの中で動けなくなった人間を愛し、気にかけておられます。神はそのような人間が戻るべきところに戻り、本物の自由を得ることができるように、聖書の中にその方法を示しておられます。


あなたは本来の道から外れ、動けなくなっていませんか?

そうであれば、神のルールの中に戻ることこそ本物の自由を得る道であることを考えてみて下さい。



今日の一言: 本物の自由は神のルールの中にしかない



鶴田健次



 下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2020.01.31 03:17 | 鶴田健次牧師より

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.