LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

jesus-praying.jpg 

 これはよくある質問ですが、この答えは三位一体の神とイエスの受肉についての正しい理解があれば解かることです。三位一体は、すべてのものの存在の中で神は唯一であることを教えています。また、この唯一の神は父と子と聖霊の三つの人格を持っておられます。この三つの人格は、三つの神ではなく、一つの神です。それぞれが別の人格ですが、その本質において、それぞれが神の性質を持っておられます。

 たとえば時間の概念を見ることによって、三位一体の概念を類推することができます。時間には過去・現在・未来があります。そこには時間に関する三つの側面がありますが、これは三つの時間があるのではなく、ひとつの時間です。それぞれが別のものですが、ある意味では、それぞれが同じ性質、また本質を共有しています。同様に、三位一体は、同じ本質を共有する三つの人格なのです。

 あるいは、H2Oは水の化学式ですが、氷も水蒸気もその化学式はH2Oです。つまり、液体の水と個体の氷と気体の水蒸気は同じものではありませんが、その本質は全く同じでH2Oなのです。そのように、父と子と聖霊は別の人格ですが、その本質は同じで神ご自身なのです。

 次に神の子の受肉について考えてみたいと思いますが、キリスト教の教えにおける「受肉」の教義は、イエスを三位一体の第二位格の子なる神が人間になられた方であるとします。聖書は、イエスは人となった神である言うのです。

 つまり、「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。・・・そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、めぐみとまこととに満ちていた(ヨハネ1:1、14)」とあるように、イエスには、完全な神、また完全な人間という二つの性質があるのです。これを「キリストの二性」と言います。その聖書的根拠は以下のとおりです。

イエスは神である:
① イエスは礼拝される方(マタイ2:2、11、14:33)
② イエスは祈られる(使徒7:59)
③ イエスは神と呼ばれた(ヨハネ20:28)
④ イエスは罪がない(1ペテロ2:22、へブル4:15)
⑤ イエスはすべてを知っておられる(ヨハネ21:17)
⑥ イエスは永遠の命を与えられる(ヨハネ20:31)

イエスは人である:
① イエスは父なる神を礼拝した(ヨハネ17章)
② イエスは父なる神に祈った(ヨハネ17:1)
③ イエスは人だと言われた(ヨハネ19:5)
④ イエスは誘惑された(マタイ4:1)
⑤ イエスは死んだ(ローマ5:8)
⑥ イエスには肉体を持っていた(ルカ24:39)

 したがって、人間として、イエスは祈る必要がありました。そしてイエスが祈られたとき、それはご自分に対して祈られたのではなく父なる神に祈られたのです。人間イエスの地上での生活はキリスト者の完全な模範です。

 つまり、イエスが祈りを通して父なる神との生きた交わりを持ち、知恵と力を得ておられたように、私たちキリスト者も祈りを通して神との生きた交わりを持つことができ、知恵と力をいただくのです。


LVJCC牧師:鶴田健次

ブログランキングに参加しています。
「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。
FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2017.10.30 11:00 | キリスト教 Q & A
biblestudy.jpg 
 聖書は神の霊感によって書かれた神のことばですが、それはBC1500年から1600年もの歳月をかけて書かれたこともあり、聖書の著者と私たちとの間には、時間的にも文化的にも地理的にもいろいろな隔たりがあります。

 したがって、著者の意味するところ、また神ご自身が意図されたことを正しく理解するためには、そこに書かれている事柄の歴史的背景を知り、当時の風俗、習慣を知り、さまざまな地理的要素を知る必要などが生じてきます。そこに聖書解釈学の必要性があります。

 確かに、そういう事を知らなくても理解できる聖書箇所もあります。しかし、ではなぜ私的解釈や異端的解釈が生まれるのかというと、それはすべて聖書解釈の原則を無視しているからです。ですから、聖書を正しく読み、正しく理解するためには、聖書解釈の原則を知る必要があるのです。

 聖書は、それ自体に、聖書を理解する手がかりが含まれています。従って、聖書は聖書によって解釈すべきであり、他のいかなる解釈の枠組にも依存してはならないのです。そこで新約聖書によって旧約聖書を、旧約聖書によって新約聖書を解釈する中で、以下のような原則を知っておく必要があります。

文脈を読む
 まず聖書を解釈する最初の原則は、文脈を読むという原則です。聖書の中のどのような記述も、文脈から切り離して解釈してはなりません。この原則によってこそ、新約聖書と旧約聖書は互いを解釈し合うことができるのです。(例)ヘブル書2章6-9節は詩篇8篇4-6節を解釈しています。

普遍性の原則
 聖書の記述は普遍的なものであり、啓示された真理は、いつの時代にも適用されるものです。また聖書はすべて、神の霊感によるものなので、ただ普遍的であるだけでなく、常に私たちの必要を満たしてくれるものです。ですから私たちは、置かれた状況に神の御言葉を合わせようとするのではなく、いつも御言葉の教えに従って行動するよう努めなければなりません。

聖書の記述に基づくこと
 聖書を正しく理解するためには、聖書が語っていないことに基づいて論じるべきではありません。新約聖書には、神の計画の完全な青写真があります。ですから、それに基づき、それに従うことが大切なことです。聖書に書かれていないことを主張すれば、聖書がすべての点で十分であることを否定することになります。

最初に記された記述の重要性
 私たちは最初に記された記述の重要性を軽く見てはなりません。一つの真理に関する最初の記述には、その真理の重要な要素が含まれており、聖書の他の部分で神の啓示が示されていくにつれて、それがさらに詳しく説明されています。(例)アブラハム契約

文法の原則
 言葉が意味を持っている以上、言葉の文法を理解することにも注意を払わなければなりません。聖霊は、文法も注意深く用いられました。たとえば、ガラテヤ書3章16-18節においてパウロは、「子孫」という名詞が創世記17章7節では複数形ではなく単数形であるという事実から、正しい解釈と誤った解釈との区別をつけることができました。

時間的隔たりの原則
 聖書が記された当時と私たちの間には、時間的な隔たりがあります。したがって、当時の人々にとっては普通の事が、今を生きる私たちには理解できないということがたびたび起こります。ですから、そこに書かれていることの歴史的背景を知る必要があります。

文化的隔たりの原則
 聖書の多くは、ユダヤ文化という文脈の中で書かれています。ですから、当時のユダヤ人たちの習慣や言語を知ることも、そこに記されていることを正しく理解するためには重要なことです。

地理的隔たりの原則
 聖書の中には、パレスチナの地形や気候を前提に語られたものが多く見られます。特にイエス様のたとえ話などは、その前提で語られていることが多いので、当時のパレスチナの地形、気候などを理解する必要があります。

記述の量が重要性の目安
 あるテーマが神と神の民について重要である場合、聖書の多くの部分がそれに費やされています。信仰、義認、十字架、宣教などについての記述が多いことは、これらのテーマが重要であることの証明であり、この原則が正しいことは、聖書が重要な霊的事項については多くの部分を割いていることから明らかです。

区別の原則
 この原則は、文脈の原則と密接な関係を持っていますが、律法と恵みを区別することが必要であるだけでなく、教理的な真理と実際的な真理、救いと報い、イスラエルと集会、二回の来臨、キリストのからだなる教会と信者の地域的な集いである教会との区別なども必要です。

LVJCC牧師:鶴田健次

ブログランキングに参加しています。
「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。
FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2017.09.26 06:59 | キリスト教 Q & A
noha.jpg 

 約4500年前、地球上の陸地という陸地を水没させた「ノアの大洪水」…。インド、中国をはじめ、世界各地に残る大洪水伝説は、この未曾有の大洪水がまぎれもない史実であったことを物語っています。では、この地球全土を覆いつくした膨大な量の水は、いったいどこからきたのでしょう。

 聖書の創世記1章2節を見ると、こう記されています。「初めに、神が天と地を創造した。地は茫然として何もなかった。やみが大水の上にあり、神の霊が水の上を動いていた」

 また創世記1章6-7節には、こう記されています。「神は仰せられた。『大空が水の真っただ中にあれ。水と水との間に区別があれ』 神は大空を造り、大空の下の水と、大空の上の水とを区別された。そのようになった。」

 ここで言われている「大空」は大気のことです。また、「大空の下の水」は海洋のことです。そして、「大空の上の水」というのは、ノアの洪水以前に地球の上空に存在していた「水蒸気層」のことだと考えられています。これは現在空中に浮かんでいる雲のことではなく、原始地球の上空を覆う膨大な量の水蒸気からなる「水蒸気層」のことです。そして、この水蒸気層が、ノアの時代に「四十日四十夜」の大雨となり、世界大の大洪水をもたらしたのです。

 創世記7章11-12節には、「巨大な大いなる水の源が、ことごとく張り裂け、天の水門が開かれた。そして、大雨は、四十日四十夜、地の上に降った」と記されています。この世界大の大洪水の史実性を証明する科学的証拠は色いろありますが、では、どうやって地球の上空を覆う膨大な量の水蒸気からなる「水蒸気層」の安定性が崩れ、四十日四十夜の豪雨となって地球全体に降り注いだのでしょうか。

 そこで、水蒸気層の安定性を崩した要因として考えられるのは、彗星や小惑星などの落下、あるいは地球上の火山の噴火です。それによって噴き上げられた膨大な量のちりが上空の水蒸気層に達し、太陽光線をさえぎるために水蒸気層が冷え、そのために大雨となって地上に降り注いだと考えられています。

 では、実際にそのような証拠があるのでしょうか。実は、彗星または小惑星の衝突を裏付けるこんな興味深い証拠があります。それは地球上の幾つかの地域の地層から、宇宙塵(宇宙から地球に常時降り注いでいる宇宙からのちり)にしか含まれていないイリジウムが大量に測定されたことです。このイリジウムは、その地層が形成されたとき、地球外から大量に注がれたとしか考えられないので、これらの地域に彗星または小惑星が飛来した可能性が浮き彫りにされてきます。そしてその結果、水蒸気層の安定性が崩され、水蒸気層が雨となって落下し、それがノアの洪水をもたらした四十日四十夜にわたる豪雨となったのです。

 それからもうひとつ、天の水門(上空の水蒸気層)の他に、巨大な大いなる水の源(深い地下の泉)が洪水の水の水源だったようです。つまり、当時、地殻の下には大量の水の層が沢山あったと考えられ、それが、地震や噴火などの地殻変動によって割れ裂かれ、地下から水が大量に溢れ出たということです。こうして上からも下からも大量の水が地表に注がれたと聖書は解説しているのです。

洪水の水はどこに行ったか

 地球全体が洪水の水で覆われ、その時の世界はその水によって破壊されましたが、果たして洪水の後の水はどこに行ったのでしょうか?

 洪水の水と現代の海洋の水とが同じであることを示す聖書の御言葉がたくさんあります(アモス9:6、ヨブ38:8-11)。しかし、もしその水がまだ地球上にあるなら、ノアの時代のように、なぜ最も高い山に至るまで水に覆われていないのでしょうか。詩篇104篇にその答えが示されています。

 「あなたはこれを衣でおおうように大水でおおわれた。水はたたえて山々の上を越えた。あなたのとがめによって水は退き、あなたの雷の声によって水は逃げ去った。山は立ちあがり、谷はあなたが定められた所に沈んだ。あなたは水に境を定めて、これを越えさせず、再び地をおおうことのないようにされた。」(詩篇104:6-9) これらの水は明らかに同じ水です。

 イザヤは、「ノアの洪水を、再び地にあふれさせない」という言葉をもって同じ声明をしています(イザヤ54:9)。聖書が私たちに明確に伝えていることは、神が地球の地形を変えられたということです。褶曲岩石層の新しい山系を支える新しい大陸の陸塊が、洪水以前の地形を浸食し平らにした地表を覆う水の下から持ち上げられ、それによって大きな深い海洋の窪みができあがり、そこに洪水の水を収容することができたのです。

(注)山系: 二つ以上の山脈が近接し、全体で一つの系統をなしているもの。ヒマラヤ山系など。
(注)褶曲岩石層: 平らな岩石層が地殻内部のひずみによって横圧力を受け、波形に曲がったもの。

 それが、海洋がそれ程までに深い理由であり、また褶曲山脈が存在する理由です。もし地球全体の表面の地形が、地表だけでなく海底も含めたすべての部分で平らにされるなら、海洋の水域は地表を1.7milesマイル(2.7km)の高さまで覆ってしまうことになります。それは、地球の表面のおよそ70%が水で覆われる計算になります。しかし、このように新しい山系を造り、海洋の中に大きな深い窪みを造ることによって、人間が住むことのできる広大な大陸が出来上がったのです。つまり、明らかにノアの洪水の水は、今日の海洋の中にあるということです。

LVJCC牧師:鶴田健次



ブログランキングに参加しています。
「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。
FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.08.29 02:40 | キリスト教 Q & A

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.