LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

牧師室より#345「若者は幻を見、老人は夢を見る」_convert_20170729045946 


今日は、"若者は幻を見、老人は夢を見る"という聖書の言葉を考えてみました。


東京に聖路加国際病院という病院があります。この病院に『聖ルカ病院』という名前がついているのは、『ルカの福音書』を書いたルカが医者であったからだそうですが、この病院は、医師であり宣教師であったルドルフ・トイスラーによって開設されました。


ドクター・トイスラーは、この病院にこういう夢を託しました。「この病院は、クリスチャンの愛が人の苦しみを救うために働くとき、人を変える力となるということを誰もが確信するようになるための生きた器官である。」


この創立の精神は今もしっかり引き継がれ、日本で最も進んだ病院として脚光をあびています。この病院をさらに有名にしたのは、日野原重明という人です。日野原先生は1911年生まれで、今年の7月18日に105歳で召天されましたが、生涯、現役を貫かれた方です。


クリスチャンであった日野原先生は、『人生は75歳から』という持論を持ちながら、この病院に掲げられた夢の実現のために頑張って来られました。この『人生は75歳から』というのは、おそらく旧約聖書のアブラハムから来ているのではないかと思いますが、信仰の父と言われるアブラハムは75歳になってから、人類を救う神の計画の担い手として新しい出発を始めました。


モーセが、エジプトの奴隷となっていたイスラエルを救うために立ち上がったのは、彼が80歳の時です。それから彼は、120歳で死ぬまでの40年間、イスラエルを約束の地に導くという夢の実現のために力強く生きました。


ヨシュアがモーセの後継者となって、カナンの地を征服するために歩み出したのは、彼が95歳の時です。それから彼は110歳で死ぬまでの15年間、カナン征服の夢を持ち続けながら、夢の実現に向かって進んで行ったのです。


十数年前、世界で大成功を収めた200人の人々に関する研究発表がなされました。その中で、この200人全員に共通するものがありました。それは、彼ら全員が大きな夢を持ち、明確な目標を定め、その目標達成のために歩むことを止めなかったということです。


使徒パウロにとって、すべての人がイエス・キリストの福音を聞くようになることが、何としてでも実現させたい夢でした。ですから、彼は、どんな迫害を受けても、むちで打たれ、石で打たれ、牢獄に入れられても、その夢を追い求めることを止めませんでした。それによって、全世界にキリストの福音が広がる足がかりが出来たのです。


私たちも夢を見る必要があります。教会としても、個人としても、私たちは夢を見なければなりません。しかも小さな夢ではなく、神様が持たせて下さる大きな夢を見なければなりません。小さな夢は小さな働きにしかつながりません。しかし、大きな夢は大きな働き、永遠に関わる結果につながります。


人は年を重ねるにつれて過去を見、うしろを向きがちになります。しかし聖書は、人は聖霊を受けると『若者は幻を見、老人は夢を見る』と言います。皆さんも聖霊を受けて下さい。そして、もっと幻を見、もっと夢を見、祝福の運び手となって価値のある人生を生きていきましょう。



今日の一言:若者は幻を見、老人は夢を見る



鶴田健次  


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.07.29 05:00 | お知らせ

牧師室より#344「互いに愛し合う」_convert_20170722051033 


今日は、"互いに愛し合う"ということについて考えてみました。


イエス・キリストは十字架にかかる前夜、弟子たちに告別の説教(お別れの説教)を語られましたが、その中で、こう命じられました。 

「わたしは、新しい戒めをあなたがたに与える、互に愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい。互に愛し合うならば、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての者が認めるであろう」(ヨハネ13:34-35)

主イエスは、今を生きる私たちにも同じことを命じておられます。これは勧めではなく、私たちに対する主の命令です。「あなたがたは互いに愛し合いなさい」。この互いに愛し合うとは、「互いに赦し合う」こと、また「互いに受け入れ合う」こと、と言い換えることもできます。 

主イエスは私たちに「間違いをしないように、失敗をしないように」と注意しておられるのではありません。私たちは誰もが不完全であり、欠点を持っています。やがて栄光の体を与えられるまでは、この問題は持ち続けるのです。ですから、どうしても私たちは間違いを犯したり、失敗をしたりすることがあるのです。


そんな問題を抱えた私たちが、平和な人間関係を保ちながら、喜びのある、幸せな人生を生きるための鍵は、まさに主イエスが言われたように、互いに愛し合い、互いに赦し合い、ありのままを受け入れ合うことなのです。 そして、この愛し合う、赦し合う、受け入れ合うということは、相手に要求するものではなく、自分自身に求められている能動的な行為であることを理解することは大変重要なことです。


聖書は決して、誰かに愛されることを求めなさい、赦されることを求めなさい、とは教えていません。「互いに愛し合いなさい」とは、相手が自分を愛することを要求するのではなく、自分が相手を愛することを実行することなのです。

そして、この事を可能にするのは、「わたしがあなたがたを愛したように」とあるように、主イエスに愛された経験がその重要な鍵です。その経験なしに、あるいは、その経験が不足していては、「互いに愛し合う」ことは難しいのです。 

あなたはいかがですか? あなたは教会のすべての仲間たちを愛することができていますか? 赦すことができていますか? すべての仲間たちをありのままで受け入れることができていますか?

人の批判をする人にならないで下さい。人の批判はサタンに惑わされている人の行為です。そこには神様の祝福も喜びもありません。聖霊に導かれている人は、人の徳を高める言葉を語り、決して人を批判したりはしません。いっさいの悪意を捨て去り、互いに情深く、憐れみ深くあり、心を一つにして愛の共同体を建て上げていきましょう。

今日の一言: 互いに愛し合うことを実行しよう

鶴田健次
  

下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2017.07.21 11:20 | お知らせ
20170621_1.jpg

LVJCC初の集合写真2002928

 

砂漠の街ラスベガスに、今年も厳しい夏がやって来ました。

今日の最高気温は摂氏47度、明日の予想最高気温も47度、湿度は10%前後なのでカラッとしていますが、強烈な直射日光がチクチク肌に刺さるように痛く感じます。

 

そんなラスベガスの暑い夏が来ると、教会の設立記念日が近いことを思い出します。

LVJCC/ラスベガス日本人教会が正式に誕生したのは2002822日ですから、今年2017年は15周年に当たります。その15周年記念礼拝は、来月716日に予定されています。

教会にゆかりのある方々、様々な事情で足が遠のいておられる方々、一度行ってみたいと思っておられる方々等、どなたでもご一緒にお祝いしていただけますと大変感謝です。歓迎いたします。

 

 

ご存知のように、本教会の牧師・鶴田先生と潤子夫人は2001121日から、ラスベガスの開拓伝道を始められました。

ロサンゼルスの郊外からラスベガス間片道500Km の道のりを毎週車で通って来られ、ラスベガスへ居を移された2003726日まで続けられました。

それは20ヶ月、85回、走行距離85Km、地球を2周以上するほどの距離だそうです。

それを可能にしたのは、鶴田牧師ご夫妻の確信に満ちたビジョンと強い信仰、また、主の大いなるご計画と守りがあって成し得たことと受け止め、感謝を持って主の御名を褒め称えます。

 

鶴田牧師ご夫妻がラスベガスの開拓伝道を始められる前は、安藤英世牧師が、定期的にロサンゼルスからラスベガスを訪れて福音の種を蒔いておられたとお聞きしています。

時が経ち安藤牧師のロサンゼルスでのお働きが忙しくなり、ラスベガス訪問が難しくなって来られた頃、主はラスベガス伝道のバトンを鶴田牧師ご夫妻に託されました。

 

ラスベガス伝道での最初の日2001121日)は、安藤牧師から紹介された夕紀子姉と基江姉の2人との聖書の学びでスタートしました。

以降、鶴田牧師ご夫妻は、日本人人口の少ないラスベガスで日本人を尋ね歩き、本当にご苦労を積み重ねられました。

 

2002年 310日の日曜日、当時、ハワードジョンソン・ホテルのジェネラル・マネージャーをしておられた呉服豊兄のご好意で、ホテルの会議室を無料で使わせてもらい、最初の礼拝を持つことができました。本当に感謝なことです。

 

更に主は、教会に何人もの働き人を送ってくださいました。Norman兄&美佐子姉ご夫妻、Omar兄&みつこ姉ご夫妻、Vivian& FamilyGreg兄、また、栄子姉のお宅で長年行われていた聖書勉強会の数人も加わりました。その他にも何人もの兄弟姉妹が主に呼び集められました。

 

そして、提出していた非営利団体としての教会登録が受理された2002822日が、教会が正式に設立された日となりました。

 

こうして主「わたしは荒野に道を設け、砂漠に川を流れさせる」(イザヤ43:19)と言われた通り、この荒野に囲まれた街ラスベガスに初めての日本人教会を立上げ、イエス・キリストに繋がる道を設けてくださり、乾ききった心に聖霊の川を流れさせてくださいました。まさに、「神のなさる事は、すべて時にかなって美しい。」 

 

教会設立から15年の間、祝福に満たされたことも、試練の中を歩んだこともありました。ですが、どんな場合でも、それは神様からの愛と恵みの機会でした。

これからの教会の歩みがどのように導かれるかわかりませんが、「たとい死の陰の谷を歩くことがあっても、私たちはわざわいを恐れません、あなたが共におられるからです。」と言ったダビデのような心を持って、生涯、主に従っていけたら何と幸いでしょう。

そして、私たち教会が、ラスベガスの失われた日本人の魂を、一人でも多く救うことができますように祈ります。

 

MU

 

下記のアイコンのクリックで応援をお願い致します!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願い致します。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.06.21 20:07 | お知らせ

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.