LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

 Lft UpaRht Upa
 Lft DnaRht Dna

去る 3月23日(水)に、当教会Las Vegas Japanese Community church にて「音のりぼん コンサート」が行われました。過去のご紹介ブログ

日本から、20歳前後の障害をお持ちの演奏者4人とご家族がいらしてくださり、日本の童謡、有名なクラッシクの作品、演奏者の為に作曲・編曲されたオリジナル曲等、様々なジャンルから約25曲の素晴らしい演奏を披露してくださいました。

また、曲の多様性だけでなく、それぞれ違う障害をお持ちの4人の演奏者が奏でる音にも個性が光り、神様が一人一人を大切に作られ、このような素晴らしい演奏をされる4人の演奏者を、遠く日本からラスベガスに居る私たちに紹介してくださった事に感謝でした。

コンサートの最後では、演奏者4人がピアノやリコーダー、フルート、パーカッション等を担当され、それぞれのご家族も会場に居る私達も共に歌い、音楽を楽しむ機会が与えられ、とても恵まれた時間でした。

IMG_0822a.jpg

演奏者の4人の方々が、ピアノや楽器を演奏していらっしゃる時の真剣なお顔は、私の心に「喜び」という言葉を突き付けました。私は最近何かを「喜び」をもってしているだろうか? と自問せずにいられませんでした。

私たちは誰でも、生活の中で困難や逆境に出会います。その中でも4人の演奏者の方々とご家族は、音楽・楽器演奏という宝物を見つけ、そこから目をそらさず、努力と希望を持って音のリボンの活動をこうして続けて来られたのだろうと思います。
お母様方は、演奏者のお子様達を誇りに思いながら、活動をサポートされていらっしゃることでしょう。
また演奏者の方々は、客席にいる人々の喜びの笑顔を見、拍手を聞き、それを継続の力に変え、これからも多くの人々に励ましを与えていかれますことを願ってやみません。

私は最近、やっと・・・ 
主の喜ばれることを!
主に栄光あれ!

と言う視点から、自分の言動に気を付けることができるようになりました。
しかし、まだまだ・・・・常にそれを基に行動する事はできていません。

私も「主の喜ばれる事」を追い求め、生活できますように!
それによって、私にも「喜び」がありますように!
何より、音のリボンの方々の上に主の恵みと慈しみが限りなくありますように。

IMG_0834a.jpg

(KS)


ブログランキングに参加しています!
下記2つアイコンのクリックで応援を願いいたします!
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2016.03.28 03:34 | 教会イベント
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.