LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

           lent 4a

今日もラスベガス日本人教会のブログを読んでいただきありがとうございます。
皆様、いかがお過ごしでしょうか? 
私は、日々とても忙しく過ごしており、心落ち着かせ、静かに主と過ごす時間が少ない。。と言う事が事実です。
そんな私を見かねた主が、このBlogの執筆を通して、半ば強制的に(苦笑)主と過ごす時間を長目に作ってくださった事に感謝します。
さて、先週から始まりました「あの日まで 40日間の旅」シリーズ2回目の今日は、レント第二十日目に鶴田牧師から送られたメッセージです。

*********************************

第二十日
今日はレント第二十日、マルコの福音書13章32-37節の御言葉を読んで瞑想してみてください。

ただし、その日、その時がいつであるかは、だれも知りません。天の御使いたちも子も知りません。ただ父だけが知っておられます。 気をつけなさい。「目をさまし、注意していなさい。その定めの時がいつだか、あなたがたは知らないからです。 それはちょうど、旅に立つ人が、出がけに、しもべたちにはそれぞれ仕事を割り当てて責任を持たせ、門番には目を覚ましているように言いつけるようなものです。 だから、目をさましていなさい。家の主人がいつ帰って来るか、夕方か、夜中か、鶏の鳴くころか、明け方か、わからないからです。 主人が不意に帰って来たとき眠っているのを見られないようにしなさい。 わたしがあなたがたに話していることは、すべての人に言っているのです。目をさましていなさい。」(マルコ13:32-37)

キリストの再臨が必ずあること、そしてそれが近いことは、神の言葉によって知ることができます。しかし、その日時は誰にも知らされていません。キリストもそれを「知らない」とおっしゃいました。すべてを父なる神様に任せて、ご自分で知ろうとはなさらないという意味でしょう。大切なことは、その日時ではなく、いつ再臨があっても大丈夫なように準備をしておくということです。ジョン・ウエスレーは、「明日、再臨があるとしたらどうしますか?」という質問に、「いつもと同じようにするだけです」と答えました。おそらく、それが最も良い答えでしょう。


黙想: 「主イエスよ、来てください」(黙示録22:20)


*********************************

「私はすぐに来る」と言ってくださったイエス様の言葉を信じ、再臨を楽しみにお待ちします!

天のお父様
その時まで、私がしっかり御言葉に繋がり、福音を延べ伝え、一人でも多くの家族、友人達等の救いの為に働くことができますよう。また、あなたの御心を行う生活を送ることができますよう、聖霊様、お導きください。
イエス様の御名を通してお祈りします
アーメン

(SK)


ブログランキングに参加しております。
下のアイコン2つのクリックで応援お願い致します。
✨✨👇✨✨✨✨✨👇✨✨
2016.02.28 00:00 | 受難節
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.