LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

       SC 3a
(2月17日の続きになります)

この度、第2弾の本も出版された日野兄弟は、ご自分で「今日本で一番腰痛になれない人」です、とご冗談をおっしゃっていましたが、どんなに忙しくても逆算して、日々のディボーションと体操、この時間は取るとおっしゃっていました。

一年のうち3分の一は飛行機で移動されるような猛烈なスケジュールの中でも、
身体が守られているのは、ご自身がその体操を日々の日課とされているからだと痛感しました。またご自身の過去の経験からも、国の予算が本当に必要なところに使われず、その為に命を落とす方まで出てしまっている今の現状を知り、医療費を削減をする事によって少しでも必要なところに予算を使って頂きたいとの願いが与えられたとの事です。実際に多くの方が、背骨コンディショニングのプログラムを通して、今までは手術でしか治らないと言われていた症状を、運動によって治されてきました。

この背骨コンディショニングが広く浸透する事によって、10年後には「一兆円の医療費の削減」を目指されていますが、その理念の中に、聖書の一番大切な戒めの一つにも通じる、「自分を愛するように隣の人、特に先ず弱きを覚えている人の気持ちになる」という事を掲げられています。真の愛を持つ指導者を多く輩出する事により社会に貢献し、心身ともに真のいやしと平安を一人でも多くの方に与えられたらと願われている、とのことです。

ラスベガス教会ではその理念に共感し、体操教室に必要な場所や人材の提供をさせて頂く事にし、すでに月に2度ほどの体操教室を始めています。日々家で体操に取り組むのも良いのですが、一緒に体操をすることによってお互いのフォームの乱れなども治せたり、何よりも継続することが大切なので、励まし合って一緒に取り組む仲間が与えられている事がとても感謝です。

       SC 1a

神様は私たちの心も身体も健康になる事を願っていらっしゃいます。身体を痛める前は運動の大切さをあまり考えてきませんでしたが、与えられているこの身体をなるべく健康な状態に保つことは、神様の望まれている事ですので、日々の小さな努力を怠ってはいけない事、また身体を健康な状態に保つ事で、私の周りの方々を少しでも助けられる機会が与えられるのでは、と気付かされました。

皆様の中でも、もし腰痛などでお悩みの方や、運動する機会があまりない方、また健康を維持されたい方などいらっしゃいましたら、是非一度体操教室に参加されてはいかがですか?

* 次回の無料体操教室は 2/28 と 3/6、 1:45 pm からです。 お問合せ 702-461-5099

(HW)


ブログランキングに参加しております。
下の2つのアイコンのクリックで応援をお願い致します。
2016.02.24 15:15 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.