LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

        SC 2a H.W.
主の御名を賛美いたします。さっそくですが、皆様の中には腰痛、肩こり、もしくは原因のわからない身体の不調でお悩みの方はいらっしゃいませんか?

私は数年前に交通事故に遭い、むち打ち症になって以来ずっと腰痛、背中の痛みに悩まされてきました。またフライトアテンダントという仕事柄、普段から腰、背中を酷使しています。その上先日、飛行機が着陸後急停車した際に、お客様のサービスの為立っていた私は後ろ向きに飛ばされ、背中を強く打ち、再びむち打ち症のようになってしまいました。

身体のどこかが痛んだり、不調だと気分まで落ち込んでしまう事がありますよね。ということで、今回はそのような身体の痛み不調を、背骨のゆがみを改善することによって癒す、「背骨コンディショニング」の創始者であり、熱心なクリスチャンでいらっしゃる日野秀彦氏のお働きをご紹介させて頂きたいと思います。

背骨のゆがみは万病のもとと言われています。背骨のゆがみはそこから分布している神経の過度の緊張を生み、その結果肩こり腰痛に代表されるからだの痛み、筋肉のハリ、各関節の痛み・炎症、各所の冷え むくみ、内臓の不調等々さまざまな症状を引き起こすということです。背骨コンディショニングは、その背骨の歪みを体操や手技により改善する事で、症状の改善・ 緩和を目指しいくプログラムです。

日野兄弟は、日本最大手スポーツクラブ第1期フィットネスディレクターとして、
さまざまな運動プログラムを開発・プロデュースされ、その後独立し、聖書の『いやし』をヒントに「背骨コンディショニング」を考案されました。また、日本の腰痛本で今一番売れてる本の著者でもあり、今までにご自身のプログラムを通して、20万人の腰痛を改善、癒されてきました。

               SC 1Booka
病や、症状には「薬で(食事療法も含む)治るもの」「手術で治るもの」「運動で治るもの」とがあるという事です。でも、いずれも最も大切なのは「治る」かどうかなのです。背骨コンディショニングは、その中で特に「運動で治るもの」に焦点を当て、今までの現代医学、医療になかった独自の「医療理論」を確立し、実践して数多くの実績をあげられているとのことです。

私自身、交通事故後ずっと背中や腰の痛みに悩まされてきましたが、その痛いところをかばう為に、そのあげく他の場所まで痛くなってしまうという悪循環に陥っていました。そのような時に、昨年(2015年)日野兄弟が何度かラスベガスに来られた際に、体験会、講習会、また体操教室等に、出来る限り参加させて頂きました。今までどこか痛むとお医者様に診て頂いたり、自宅でストレッチなどしたことはありましたが、「運動で治す」背骨コンディショニングはある意味、目から鱗の体験でした。

プログラム自体はとてもシンプルで、1)背骨や仙骨のゆがみにより固まった関節や神経を緩める運動を行い、2)その歪んだ背骨、仙骨をもとの位置に戻し、3)さらに背骨、仙骨を支える筋肉を鍛え、神経の伝達を回復させる、という3段階になっています。体操は室内で、しかもタオルや、ストレッチバンドなど身近にあるものを使って、ジムなどに行かなくても簡単に出来るものです。また旅行先、出張先のホテル等でも続けられますし、運動を普段されない方でも取り組みやすいプログラムだと感じました。

実際にこのプログラムに取り組むようになってから、身体の調子はどんどんと良くなってきました。また以前はひどいアレルギーに悩まされていたのですが、それさえも徐々に良くなってきていていることを感じています。(背骨のゆがみが改善され、圧迫されていた肺機能が正常に動くようになったためと考えられます)

しかし先日再び身体を痛めてしまった事で、実際少し落ち込みましたが、今回はこの背骨コンディショニングの体操をすでに知っていましたので、傷が治ってからすぐに簡単な体操から再開しました。また絶妙なタイミングで日野兄弟がラスベガスにいらっしゃっていましたので、痛めた背中の施術をして頂くことができ、神様が不思議なように癒しの場を与えてくださったのだと感じました。その後、日々だんだん負荷を大きくして身体を鍛え直していますが、ちゃんと運動を続けていると調子がよくなるので、手応えを着実に感じています。(続く)

* ちなみに、次回の無料体操教室は2/28, 1:45 pmからです。どなたでもご参加していただけます。702-461-5099

(HW)


ブログランキングに参加しています。
下のアイコン2箇所のクリックをお願い致します。
2016.02.17 13:06 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.