LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

5896157_f520_convert_20160109035003.jpg

今日は、‘他者中心の生き方’について考えてみました。

人類に与えられた最高の贈り物である‘聖書’を読むと、この世の数学と異なる‘神の数学’とも言うべき、人生に素晴らしい結果をもたらすための原則が記されています。

たとえば、私たちは愛されることを切望しながらも、思うように愛してもらえないという経験をします。人からの信頼を得たいと願いながら、信頼を得られなかったり、信頼を失うことさえあります。つまり何かを得ようと努力する反面、それを得られないばかりか反対に失うことすら経験するのです。

そういう現実の中で、聖書は、愛されることを求める代わりに愛することを、得ようと努める代わりに与えることを勧めながら、愛することが愛される道であり、与えることが得る方法であるということを教えています。つまり、自己中心ではなく他者中心の生き方こそ、私たちに良い結果をもたらすのだということです。

自己中心の世界を晩餐のテーブルに例えるなら、それは世界中のご馳走が並べられた豪華な晩餐のテーブルの両側に座っている人々のようです。これだけのご馳走があれば楽しくて幸せな時を過ごせるはずですが、そんな雰囲気は全く感じられません。人々はみな一様に不満を持ち、怒りで一杯です。それもそのはず、人々は全員、左手にはフォーク、右手にはナイフをくくりつけられており、その柄の長さは一メートルもあるのです。これでは、どうやっても食べることができません。せっかく目の前に美味しいご馳走があるというのに、それを得られないのです。

それに対して、他者中心の世界も、ほとんど同じ光景です。同じご馳走が並べられ、晩餐のテーブルに着く人々は全員、一メートルの柄の付いたナイフとフォークを持っています。ところが、そこにいる彼らは笑い、歌い、とても楽しそうです。皆がご馳走を堪能し、満足しています。では、なぜこれほどまでに状況が似ているのに、こんなに違った結果が見られるのでしょうか。

その理由は簡単です。自己中心の世界では、人々はみな目の前のご馳走をまず自分の口に入れようとしていました。一方、他者中心の世界では、人々は皆、長さ一メートルの柄の付いたナイフとフォークで、テーブルの向かい側に座っている人々に食べ物を与え、自分はそのお返しに向かい側の人から食べさせてもらっていたのです。人を助けることで、自分自身も助けられ恵まれるのです。

相手が望むことを先にすれば、あなたが望むことも現実になります。しかし、あなたが望むことを優先するなら、あなたは自分が望むものを得られず、やがて行き詰まり、その基本姿勢を修正しなければならなくなります。この重要な原則を忘れないようにしましょう。

今日の一言: 受けるよりは与えるほうが幸いである

鶴田健次


ブログランキングに参加しております。下記2つのアイコンのクリックで応援ください!
2016.01.08 10:55 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.