LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

9月20日から無料の日本語教室がラスベガス教会のミニストリーの一環として始まりました。

45年の日本語教師歴をお持ちの植松氏を特別講師として、毎週礼拝後1時半から行われています。
“このクラスを通して多くの方が教会に集まることができたら” という思いが与えられ、この日本語教室が始まりました。

最初、私は、日本語教師の経験もなく、どうやって始めていったらいいかと少し心配でしたが、祈って備えていると、教会に来ておられる植松氏が日本語の先生をしておられたことを知り、早速お話をさせていただいて、この道が開かれたのです。 

『何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなた方の願い事を神に知っていただきなさい。』(ピリピ4章6節)

初めて植松さんとお話したときはお仕事をお辞めになったばかりの時で、「まぁー、おいおいゆっくりと始めましょう。」というご返答でしたが、二回目にお話したときは具体的に話が進み、この働きに携わる優子姉妹、あや姉妹、私が先生の卵として植松氏からご指導いただきながら、これからのクラスを持たせていただいくことになりました。

また日本語教室をしている間、さおり姉妹をはじめ教会員の方々がベビーシッターをしてくださり、奉仕のサポートをして下さっています。

現在、この教室に集まって来られる生徒さんは5名ほどおられます。今はひらがな(読み・書き)、挨拶、『こ・そ・あ・ど・』、『・・は・・です。』、『・・に・・があります。』などのごく基礎的な構文を学習しています。授業時間は週一回2時間ぐらいしかありませんが、その割に内容の濃い授業が行われています。学んでいる方々は先生のことばを聞いたり、繰り返したり、ノートを取ったりしてとても熱心に勉強に励んでいます。

J-1.jpg
J-2.jpg
J-3.jpg

この教室を通して多くの方が教会に導かれて、イエスさまを知ることができますように。

* この場をお借りして、このミニストリーに携わるすべての方に、心から感謝申し上げます。

(ブログ制作チーム: 香織)
2009.10.23 00:00 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.