LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

obedience+2_convert_20150718015439.png

今日は、‘従順を装った不従順’ということについて考えてみました。

「ノアは、すべて神が命じられたとおりにし、そのように行った」(創世記6:22)

もし神があなたに巨大な船を造るように言われたら、あなたは質問や異議や条件を神に言われるかも知れませんね。しかし、どうでしょう。ノアはそういうものは何も言いませんでした。たとえ世界が大雨を経験したことがなくても、彼は無条件に神に従い、山の上で巨大な船を造ることをしたのです。

従順とは、神が言われることは何でも、無条件に、躊躇せず、行なうことを意味します。先延ばしをして、「祈って考えます」などと言わず、すぐにするのです。親であれば誰でも、「あとでするから」という我が子の従順は不従順であることを知っていますね。

私たちは、しばしば神に対して、部分的に従順であろうとします。私たちは従うべき神の言葉を選り好みします。私たちは、不合理で、難しく、犠牲の伴う、世的に人気のない神の命令を無視しながら、自分の好きな神の言葉を掲げて、それに従おうとします。

「私は教会には行きますが、十一献金はしません」、「私は聖書を読み、祈りますが、あの人を赦しません」、「私にも問題はありますが、あの人の問題は本当に問題です」などと考えたりします。しかし、そのように自分の都合に合わせた従順は、神に対しては不従順なのです。

本当の従順は、心から喜びを持って神の言葉を行なうことです。リビングバイブルの詩篇100篇2節を見ると、「喜びをもってお仕えしなさい」とあります。これはダビデの態度です。またリビングバイブルの詩篇119篇33節には、「神様、実際にどうしたらいいかを教えてください。そのとおりにしたいと思います。いのちある限り、心を尽くしてお従いします」とあります。

ヤコブはクリスチャンたちに、「これでわかるように、人が義とされるのは、行いによるのであって、信仰だけによるのではない(ヤコブ2:24)」と言いました。

神の言葉は、人が自分の行いで救いを手に入れることはできないことを明らかにしています。救いは、確かに人の努力によるのではなく、ただ恵みによるのです。しかし、人は神への従順を通して神を喜ばせ、神に近づき、神の栄光を現わすことができるのです。


今日の一言: 自分の思いを乗り越えて神に従順であろう


鶴田健次


ブログランキングに参加しています。クリックでの応援をお願いいたします。
2015.07.17 08:56 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.