LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

fountainofyouthfountainlarge_convert_20150530030152.jpg

今日は、”若々しさ”ということについて考えてみました。

私は1976年11月にアメリカに来ました。それから38年が過ぎ、39年目に入りました。当時23歳だった私も今は62歳になり、気持ちは若いつもりでいるのですが、肉体の衰えを感じるようになりました。自然の成り行きとはいえ、一抹の寂しさを覚えます。(笑)

20年間の会社経営を経て牧師になった私は、牧師歴20年、かなりの異色牧師であったような気がしますが、少しずつ普通の牧師(?)になってきたように思います。(笑)

最近は、忙しさを理由に大好きな運動から遠ざかっていますが、ある先輩牧師が「伝道者は最終的には体力だ」と言われた言葉が頭を離れません。また運動に励み、若々しさを取り戻したいと思います。

しかし何と言っても、本当の若々しさというのは、体力以上に心の持ち方ですね。先日、メモを読み返していたら、こんな詩を目にし、改めて本当の青春とは何かということを考えさせられました。

青春とは人生のある時期ではなく、心の持ち方を言う

薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな創造力、炎える情熱をさす

青春とは人生の深い泉の清新さをいう

青春とは臆病さを退ける勇気 

安きにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する

時には、20歳の青春より60歳の人に青春がある

年を重ねただけで人は老いない。

理想を失うとき初めて老いる

歳月は皮膚にしわを増すが、
熱情を失えば心はしぽむ

苦悩・恐怖・失望により気力は地に這い 

精神は芥になる

60歳であろうと、16歳であろうと人の胸には、

脅威に魅かれる心、
幼な子のような未知への探究心、

人生への興味の歓喜がある。

君にも我にも見えざる駅逓が心にある人から
神から、
美・希望・喜び・勇気・力の霊感を受ける限り

君は若い霊感が絶え、
精紳が皮肉の雪に覆われ、

悲嘆の凍りに閉ざされる時、

20歳であろうと人は老いる。

頭を高く上げ希望の波を捕らえる限り、

80歳であろうと人は青春にして己む


いかがですか? 考えさせられる詩でしょ? 聖書にも年老いてなお青年の志で生きた人が何人も登場します。75歳で祖国を離れ新しい地に向かったアブラハム、80歳で出エジプトを指揮し数百万のイスラエル人を約束の地に導いたモーセ、85歳でアナキ人を追い出しヘブロンを手に入れたカレブ、いずれも主にあって心若き人々です。

預言者ヨエルは、「若者たちは幻を見る」と言いました。つまり、若々しさのしるしはVisionを持つことだということです。あなたはVisionをお持ちですか? ぜひ若々しさの証しであるVisionを持って、いつまでも若々しく生きてください。

今日の一言:Visionは若々しさのしるし


鶴田健次

ブログランキングに参加しています。下記2つのアイコンのクリックで応援をよろしくお願いします。

2015.05.29 10:07 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.