LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

Joy4_convert_20150516011544.jpg

今日は、”幸せな人生”について考えてみました。

”幸せな人生”、それは誰もが追い求めるものです。しかし、その割にはそれを得る人はそう多くはありません。誰もが追い求めているのになかなか得られないということは、求め方に問題があるのでしょうか。



幸田露伴は、幸せには三つのコツがあると言いました。その三つのコツとは、「惜福」、「分福」、「植福」です。「惜福」とは、福を惜しむということで、言い換えれば節約をすることです。どんなに順調で豊かでも、自分に与えられたものを無駄遣いせず、祝福を使い切らない、そんな節約が幸せな人生のコツだという意味でしょう。



「分福」とは、幸福を人に分けるということです。誰かと分かち合うならば、悲しみは半分になり、喜びは二倍になります。自分の持ち物がわずかであっても、それを誰かと分かち合うことができれば、やがてその祝福が何倍にもなって自分のところに返ってくるものです。

 

「植福」とは、福を植えるということです。つまり将来の幸福のために、今から祝福の種を蒔いておくということです。言い換えれば、周りにいる人々を幸福にすることを絶えず心掛けるということです。



聖書もこれらと同じようなことを教えています。”与えれば得る”というのは聖書の有名な教えです。また、”人は自分の蒔いたものを刈り取ることになる”というのも誰もが知っている聖書の教えです。



 しかし何と言っても、幸福についての一番の聖書の教えは、イエス・キリストの“山上の説教”の言葉でしょう。それは、やがて失われていく地上の幸せではなく、いつまでも残る永遠的・普遍的な幸福の教えです。



こころの貧しい人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。

悲しんでいる人たちは、さいわいである、彼らは慰められるであろう。

柔和な人たちは、さいわいである、彼らは地を受けつぐであろう。
義に飢えかわいている人たちは、さいわいである、彼らは飽き足りるようになるであろう。

あわれみ深い人たちは、さいわいである、彼らはあわれみを受けるであろう。

心の清い人たちは、さいわいである、彼らは神を見るであろう。

平和をつくり出す人たちは、さいわいである、彼らは神の子と呼ばれるであろう。

義のために迫害されてきた人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。



この言葉が繰り返し伝えていることは、神の子とされ、神の恵み、天国の恵みの中で生きることこそ最大の幸福であるということです。

あなたは、これらの言葉の意味するところがお解かりですか。心から「アーメン」と言えるほどに理解しておられますか。ぜひ、この”八福の教え”をしっかり学び、日々の生活に取り入れてみてください。

地上のどんな祝福よりも遥かに勝る天国の祝福を、ぜひあなたも手に入れられますように。


 今日の一言: 幸せな人生の秘訣は天国の恵みを得ること

 


鶴田牧師


ブログランキングに参加しております。下記2つのアイコンのクリックで応援を心より感謝いたします。
2015.05.15 08:06 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.