LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

20150430155325072.jpg
私の住むラスベガスシリーズも10回目を超えて、11回目を迎えました。今回はラスベガスに住み、私が最も気に入っている事、ラジオから流れるクリスチャンラジオをご紹介します!

ラジオと言えば、車!毎朝の子供達の送り迎えに、仕事に向かうときなどに、そして、家の中でも、家事や仕事の準備している時、そして実は今もこの記事を書いている時も、クリスチャンラジオから流れる賛美歌を聞いています。

ラスベガスでは、SOSラジオ(90.5)と、Kwave(95.5)の二つのクリスチャンステーションがあります。賛美歌の他に、説教メッセージ、リスナーからの質問に牧師先生が答えるコーナーや証しなども流れています。

私はSOSラジオを主に聞いていますが、朝は賛美歌と証し、夜は賛美歌と説教メッセージが流れています。子供達も車に一緒に乗っていたりするので、何気ない証しメッセージに感動している娘を見て、ほのぼのする時もあります。

以前は記事を書く時に、何を書こうかと迷っていた事が多かったのですが、最近では、即、決断力する事が多くなっています。しかも、来週はこれを書こうという余裕も。以前では考えられなかった事なので、間違えなく神様からの後押しの風を感じています。

もちろん、それは賛美歌だけから頂くものではありませんが、その中でもこの賛美歌を聞いている時間は、神様との交わりの特別な時間であり、イエス様に感動し、そこから生きる水を頂く大切な役割を占めていると感じます。

規制がされている国では、公共の電波から賛美やメッセージを聞く事は到底無理な話しで、たくさんの賛美をラジオから聞くことができるのは、本当にアメリカならではの恵みだと思います。

サタンが使いやすい罪の街でもあるラスベガスに住んでいても素晴らしい事は、アンテナをきちんと神様に合わせていれば、神様からのメッセージも確かに届いているという事です。ハレルヤ!主のみなを賛美します。

「わたしの恵みはあなたに十分である。」コリント人への第二の手紙12:9

(LVJCCブログ制作チーム: Sao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします!
2015.04.29 22:43 | 証し
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.