LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

Good-Friday.jpg
皆様、いかがお過ごしですか?今週はパッションウィーク(受難週)です。イエス・キリストが私達の罪の為に、十字架にかかり、裁きを受けられた日がグッドフライデー(受難日)であり、その3日後の日曜日がイースターサンデー(復活祭)になります。

昨年のグッドフライデーに近くの教会で集会を守りました。主イエス様の流された血、砕かれた身からだを覚え、聖餐の時を持ちました。また、イエス様は罪の為に裁かれ、十字架刑に処されましたが、それは誰の罪のためだったのか?と言う問いかけが会衆に向けられました。その罪は私達、一人一人が持っている罪です。イエス様は私達の身代わりとなり、十字架で命を捧げてくださいました。罪を告白する者は、前にある木の十字架に罪をはり付けてくださいと(具体的には罪を告白した紙)アナウンスがあり、ほとんどの人が十字架の前に頭を垂れ、自分の罪を十字架につけました。

イエス様が十字架にかかって死んだのは、自分の罪のためです。と、神に告白できることは、本当に幸いなことです。自分の罪を認める事は、イエス様を救い主として信じる信仰の入り口に思います。私達、日本人にとって「罪」は犯罪と言う認識が強いと思いますが、しかし、聖書にある罪は、神に背を向けている状態、また、人間は生まれながらに罪の性質を持っていると教えています。

自分には罪があると認めても恐れる必要はありません。この受難日は私達一人一人のためだからです。私達が罪によって裁かれない為に、イエス様が十字架についてくださったのです。もし、自分の罪の為に、今週、自分の処刑が待っているとしたら、いったい私達はどうなるでしょうか?身も心も震え、正気ではいられないかもしれません。イエス様とて、受けたむごい拷問や十字架を担いで歩まれた道は、痛みと屈辱の極限であられたはずです。しかし、それを耐え忍んでくださったのは、私達が裁きを受けない為、たった一つの理由です。また私達が神を知らない時に、イエス様に対して知らん顔をしていた私達。しかし、主はそのようなことには何も心を奪われず、受難(十字架の死)を成し遂げてくださいました。「ここに愛がある」と聖書にありますが、私達はその愛を生まれる前から与えて頂いています。

どうぞ神の愛をこのイースターに受けてください。主は私達の為に死んで蘇ったのです。

「私たちがまだ弱かったとき、キリストは定められた時に、不敬虔な者のために死んでくださいました。正しい人のためにでも死ぬ人はほとんどありません。情け深い人のためには、進んで死ぬ人があるいはいるでしょう。しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。(ローマ5:6〜8)」

(LVJCCブログ制作チーム:Kao)

2015.03.30 15:09 | 信仰者シリーズ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.