LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

       final+photo_convert_20150228073106.png

今日は、”素晴らしい人体”のことを考えてみました。

私たち人間の体は、まさに”神の最高傑作”と言われるにふさわしく、その構造と機能は想像を超える驚きの世界です。人間は生きた細胞の集団で、その数は60兆個と言われています。しかもその中の20%に当たる15兆個の細胞が毎日死に、また日々新しく生まれる15兆個の細胞がこれを補います。

細胞の中でも、腸管粘膜細胞は1~2日で死んで新しい細胞に生まれ変わりますが、脳細胞は3歳頃まで増殖し、その後は全く増えず生き続け(10代からは減少するのみ)、人間を支える硬い骨の細胞は数ヶ月で全部新しく置き換わるそうです。

そういう訳で、1秒間に約5000万個の細胞が絶えず生まれ変わっているそうです。同じ細胞で一番多いのは赤血球(寿命約120日)です。これは1秒間に200万個以上作らないと間に合いません。

1個の細胞の大きさは1ミクロン(1000分の1ミリ)で、1センチ四方の広さの皮膚は約100万個の細胞があり、その1個の細胞の中には1メートルの長さにもなるDNAに膨大な量の遺伝子情報が含まれているというのですから驚きです。

またさらに驚くことは、血液の赤い色のもととなる赤血球の数です。60兆個の体細胞とは別に、たとえば体重60kgの人で約23兆個の赤血球が必要です。赤血球はわずか1ミリの中に約500万個、1ccで5億個、60kgの人の場合、その体重の13分の1が血液の量ですから約4600cc、つまり23兆個というわけです。また赤血球の寿命は120日ほどなので、なんと1秒間に200万個が骨髄で製造されていることになるのです。

さらに体中に張り巡らされている血管は、大動脈という太い血管から髪の毛よりも細い毛細血管に至るまで、そのすべてをつなぐと何と10万kmになるそうです。これは地球を二周半する長さに相当します。そしてこの中にある血液を休みなく体中に送り続ける、わずか握りこぷの大きさの心臓は毎日10万回もの拍動を操り返しています。

病気で最も多いのが血管に関するもので、特に心臓や脳ではこの血管の病的変化は重大です。血圧が130mmとかいうのは水銀を利用しての数値です。これは血管を切ると血液が約1メートル30センチの高さに噴き出ることを意味します。最高血圧150-最低血圧90以上を高血圧症と世界的に決められています。
  
また血液には免疫システムがあります。これは最近のハイテク技術をどんなに駆使しても絶対に人工的には真似できないものです。免疫とは、様々な病気から免れる仕組みのことで、自分は全く気がつかずに生活している間に昼夜兼行で頑張っている細胞たち、それは血液成分の赤血球とは別の細胞グループである白血球の大活躍によるものです。

なにしろ100万種類以上といわれる外敵(細菌・ウイルス・有害物質など)が体に触れたり侵入してくると、細菌と認識した場合には白血球が直ちに動員され細菌を殺し、自分も死んで膿になります。

ある種の病気で生涯免疫の出来る麻疹、風疹ではそのウィルスたちが年中まわりをうろついていて人間の中に侵入しようと狙っていますが、直ちにリンパ球が抗体を産生し、絶対に相手を間違えずに攻撃し、24時間体制で防衝し続けています。

この白血球の数は、赤血球の数の約1000分の1で、1ミリ立方に7-8000個ですが、その構造は極めて高度です。また8種類のリンパ球を含む白血球がお互いに協力しあい、懸命に外敵から一時も休まずに頑張っています。

最後に、脳と神経のことを少しお伝えしたいと思いますが、生後間もなく細胞分裂を終了した140億個とも言われる脳細胞は、20才前後から毎日10ー20万個ほど消失していくそうです。また、神経繊維では、―番太い座骨神経(約100万本の神経繊維)から、片手には約1700本の神経織推があると言われていますが、全部つなぐと100万kmにもなるそうです、これは地球を25周する長さです。

僅かこれだけ考えただけで、人間の体、いや人間そのものの偉大さを感じずにはいられません。さらには、脳の働きや遺伝子の働き、知性・感情・意志から成る人格性、いかなる動物にも見られない霊性などの機能を考えると、神の最高傑作としての人間の計り知れない価値を認めざるを得ません。

今日の一言: 人間は万物の霊長


鶴田健次


ブログランキングに参加しています。下記のアイコンのクリックでのご協力をお願いいたします。


2015.02.27 14:18 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.