LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

20150115072122423.jpg
以前、教会ブログでもお証しさせていただいたように、今年度から、クリスチャンスクールでの臨時教員としてのお役目を神様から頂き、幼稚園から五年生までの子供達と触れ合う機会に恵まれております。

それぞれの学年で色々な気づきがあり、笑いあり、時には厳しく、子供達の笑顔に元気付けられ、素敵な時間を共有できています。

まだまだ小さい幼稚園生のクラスでは、細かい指示がないと席にじっとしている事ができない年齢ですので、テンポ良く、なるべく大袈裟に面白く展開することに努めています。私も最初の頃は、それに慣れずに、四苦八苦しておりましたが、何回か経験するにあたり、コツを掴み、子供達と楽しくクラスに臨むことができています。

小学校に上がり、お兄さんとお姉さんになった小学一年生クラスは、とても素直で、クリスマスの本当の意味やイエス様の話しにも、いつも真っ直ぐ向き合って話すことができます。ある時、話の流れで、ロトの妻の塩の柱を話していた時に、まだ知らない聖書の箇所であったようでしたので、丁寧に説明をしだすと、生徒たちは静かに身を乗り出して、聞いてる様子にとても驚きました。

その上の二年生のクラスでは、生徒からの祈りのリクエストに感心しました。内容は、「お母さんは、前は教会に行っていたのに、最近教会に行くのことを辞めてしまいました。どうか、お母さんが教会に戻り、家族でまた教会に集えるように、祈ってください。」とのことでした。これはとても良い機会だと思い、子供達と親の選択に従うしかないけれども、その両親の心をもイエス様は支配なされているということを話し合うことができました。

三年生になると、もうそろそろ聖書の話題にも興味がある子ない子がだんだんと分かれてきます。それでも、お祈りはきちんと集中し、やるべきこととやるべきことでないことをしっかりと理解し、ルールや先生に従う事ができました。

四年生のクラスは、きちんと静かに先生の言っている事を理解しようとする姿勢が見え、質問もかなり的確で、掘り下げた話ができる年齢であり、毎回充実した授業をもてるクラスという印象です。以前お証しした日本伝導の話もこのクラスが、日本について親身になってくれたクラスでした。

私が受け持つことが最も多い五年生は、ある程度、建前を覚えながらも、少しずつ思春期への準備をしていく段階となり、理解もかなり出来てきます。それでも、まだまだ判断が未熟さが目立つ難しい学年で、中学生になる前に、必要であることを教える適切な学年だという印象を受け取りました。いつも何かしら、課題が投げられるのもこのクラスでありますが、それでも、聖書の方法で対処する方法を学んでいる将来が楽しみな小さな使徒たちです。

そして、これは私の感じたことですが、教会に繋がっているご家庭とそうでないご家庭もあるようで、子供たちは子供達なりに悩んでいることも知りました。
学校や、教会学校で聖書を学び、知識と信仰について話し合う事は可能でありますが、これでご家庭でのイエス様からの生きた水の補充があれば、素晴らしい教育ができると疑いません!

私の臨時講師の仕事は、とても楽しく、いつも何かしら新しいワクワクした発見があります。今回は、仕事場の証ですが、教会のサンデースクールでも、それは同じことです。私の教え子たちは皆とても可愛く、こんな可愛い生徒たちと共に学べることを今日も主に感謝します。

「そこであなたがたは、もはや異国人でも宿り人でもなく、聖徒たちと同じ国籍の者であり、神の家族なのである。またあなたがたは、使徒たちや預言者たちという土台の上に建てられたものであって、キリスト・イエスご自身が隅のかしら石である。このキリストにあって、建物全体が組み合わされ、主にある聖なる宮に成長し、そしてあなたがたも、主にあって共に建てられて、霊なる神のすまいとなるのである。」エペソ人への手紙2:19-22

(ブログ作成チーム: Sao)

ブログランキングに参加しております。クリックで応援をよろしくお願いします。
2015.01.14 14:13 | 証し
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.