LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

future_convert_20150110051429.jpg

今日は、”自分の将来”ということを考えてみました。

人はみな同じような環境で生まれるわけではありません。物質的に豊かな環境で、必要なものがすべて与えられ、何ひとつ苦労することなく育っていく人もいれば、生まれたときから貧しくて、欲しい物も手に入らず、ひもじい思いをしながら育っていく人もいます。

しかし、世界の歴史を見ると、生まれた環境が、必ずしもその人の将来を決めるものではないことが分かります。いやむしろ、世界を変えるような偉大な働きをした人物の中には、不幸な環境と誰もが思うような中で生まれ育った人が決して少なくはないのです。

アブラハム・リンカーンは、丸太小屋で生まれました。雨漏りのする家で育ち、普通の教育も受けられず、小さい頃は、母親から聖書を読むことと、書くことを教わっただけでした。しかし、彼は独学で学んで弁護士になり、やがてアメリカの大統領になって南北を統一する偉大な働きをしました。

トーマス・エジソンも学校を中途で止め、それから耳が聞こえなくなりましたが、やがて世界的な発明王になりました。また、ヘレン・ケラーは、2歳のときに熱病をわずらい、目が見えず、耳が聞こえず、口が利けない、という三重の苦しみを負いますが、良い先生と神様に出会い、また骨を刻むような努力の末に、世界の歴史にその名を残す「二十世紀の奇跡」と呼ばれる偉大な人物になりました。

このように、必ずしも、その人の育った環境が恵まれなかったから不幸になるのではありません。そう考えれば、自分の不幸を周りの人や環境のせいにして、一番肝心なポイントを見逃している人のなんと多いことでしょうか。

人生は、自分の撒いた種の刈り取りです。また、人生は自分がどんな心の姿勢を選び、どんな行動を選んできたかの結果です。つまり、瞬間瞬間の「心の姿勢の選択」と「行動の選択」の結果が、いま現在の「あなたの人生」の全てなのです。誰のせいでもありません。少し厳しい言い方をしていますが、これは聖書が教える永遠の真理です。つまり、『人は自分のまいたものを刈り取る』のです。
   


そのように、今あなたが手にしている人生の現実は、あなたが意識するしない拘わらず、あなたが「望んで選んで来たもの」です。すべては、あなたの選びの結果です。「こんな結果など望んだことなどない!」と言われるかも知れません。しかし、あなたは常に自分の望むとおりにすべての事を選んで来られたのです。
   

現在、手にしている幸せも不幸も、自分が選んできたものの結果であるという事実に気づき、それを認めることは非常に重要です。この状況受容を本当に出来たときに、あなたは自分の人生を変えるためのスタートラインに立つことができるのです。

また、あなたには更に大切な選択があります。それは永遠の選びということです。この世における幸せも不幸も自分が選んできたものの結果であるように、永遠の世界、つまり「永遠の天国」と「永遠の地獄」も自分が選ぶものです。

神の言葉である聖書は、「すべての人が罪を犯したために神の栄光を受けられなくなり」、その結果、「いちど死ぬことと、死んだあとに永遠のさばきを受けることが定められている」という事実を明らかにしています。

つまり人間が死ぬという現実は、人間の罪がもたらしたものです。そして、この罪がもたらす最終的な結果は、永遠の滅び、永遠の地獄です。しかも、この定めは、一人の例外もなくすべての人に与えられているものです。ですから、すべての人が、この滅びの定めから救われなければならない立場に置かれているという重大な事実に気づく必要があるのです。

ところが、神も聖書も知らない世の中の人々はこの絶望的な事実を知らず、そのために何の危機感も持っていません。その理由は、彼らがこの事実を正しく受け止めるために必要な情報を持っていないからです。

ところが、聖書のことが少しずつ解かり、また聖書を通して本当の神に対する理解が与えられ、また聖書が教える人間の罪ということが解かってくると、罪には裁きが伴なうという法の原則に基づいて、永遠の滅びという崖っぷちに立たされている自分の姿が見えてくるのです。

そして、その絶望的な現実に対して、あなたは自分で何もすることができないので、愛と憐れみの神は、あなたを愛するあまり、御子イエス・キリストの命を犠牲にすることによって、あなたを救おうとされたのです。それがイエス・キリストの十字架の贖いです。

そして神は、このキリストの十字架によってあなたの救いの業を完成し、この救いを無償のギフトとしてあなたに差し出しておられるのです。しかし、たとえ救いがギフトであっても、それを受け取らなければ自分のものにはなりません。

そこで、あなたは、この無償のギフトを感謝していただくか、それとも拒否するかの選択をしなければなりません。ここに、永遠の命はあなたの選びにかかっているという事実が明らかになります。

この神からの救いのギフトを貰うことを選べば、あなたは永遠の命を自分のものにできます。ところが、その救いのギフトを貰わないことを選ぶなら、あなたは自分で永遠の滅びを選ぶことになるのです。

この世の人生が選択であるなら、永遠の人生も選択であるということです。


今日の一言: 人生は自分で選ぶもの


鶴田健次  


ブログランキングに参加しております。下記2つのアイコンのクリックで応援をお願いいたします。
2015.01.09 12:15 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.