LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

H031_Close_Helmet_w-Chain_Mail_convert_20141129050902.jpg

今日は、”正しさという鎧を脱ぐ”ということを考えてみました。

時どき、人と関わることが極端に苦手で、すぐに人とケンカをする人がいます。家族、友達、職場の同僚など、みんなと仲良くしたいのに、どうしてもケンカになってしまうのです。

対人関係が苦手という人には二通りがあり、自分の意見や気持ちを言わずに黙って大人しく引きこもるタイプと、上記のように、すぐケンカをしてしまうタイプです。この二つのタイプは正反対に見えますが、他人と心理的距離を取るように行動してしまうという点では同じです。では、なぜ人と距離を取らなければならないのでしょう?

多くの場合、このような人は繊細で、傷つきやすい心の持ち主です。相手の言葉や態度に心無いものを感じると、「自分は愛されていない」とガッカリして、強い不安を覚えます。自分が大切にされていないと感じる時だけではなく、周りの誰かが大切にされていないように見えれば、やはり強い憤りを感じます。それだけ愛情に敏感で、愛のある、思いやりにあふれた環境を求めている人なのです。

ところが、それが理想どおりに実現しないと、落胆し、絶望してしまいます。相手が、自分が親しくなりたい人であればあるほど、悲しい気持ちになるので、その痛みを感じたくなくて怒りが噴出するのです。そして、仲良くなりたい人ほどケンカをしては遠ざけてしまい、辛い思いをすることになります。

この繊細さはその人の個性であり、本人にしてみれば、なぜ他の人がこうも無神経なのか分からず、人と関わりたくても心理的距離が近くなると心無い言葉や態度に触れて傷つくので怖いと感じます。それでも、よくケンカをしてしまう人は、人とつながりたい気持ちが強く、人と関わることに臆病になる自分をダメだと思い、自分の怯えを抑え込んで、心理的距離を縮めようと人に近づくのです。

このように、よくケンカをする人の心の奥には、愛を求めながらも、その繊細さのゆえに傷つくのをとても怖がっている臆病なマインドがあります。人に近づこうとするとき、傷つきやすい自分の繊細な心を守るために、こういう人はよく「正しさの鎧」を着ます。

一生懸命に正しくあろうとした分、他人が自分の正しさを尊重してくれないと、自尊感情が傷つくので、つい正しさを盾に相手を攻撃してしまいます。しかし、いくら正しさを証明して相手を負かしても、相手と仲良くはなれません。みんなと仲良くするためには、この「正しさの鎧」を脱ぐ必要があります。

つまり、「あなたはこうでなくてはいけない」ではなく、「私はこう思うけど、あなたは違うんだね」と違いを許せるといいと思います。なぜなら、正しいからといって、それを人に強要しても、幸せになれるわけではないからです。

正しさを主張するよりも、違いを受け入れましょう。これが幸せの原則であり、人と上手く付き合える方法です。私たちは自分を認めてもらうために自分の正しさにしがみつこうとしがちですが、自分の考える正しさに固着すればするほど、相手を正しくないと判断することになり、仲良くなりたい人を遠ざけてしまいます。

正しさより仲良くなること、幸せになることのほうを選びましょう。私たちは、無意識のうちにしてしまうことがとても多いですが、意識的に選択することもできます。この選択の力をもっと信頼し、幸せになることを選びましょう。

今日の一言: 幸せは選択である


鶴田健次

ブログランキングに参加しております。クリックでのご協力をお願いいたします。
2014.11.28 12:12 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.