LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

blog+pic_convert_20141115080439.png

今日は、”人生脚本”ということについて考えてみました。

皆さんは、望んでもいないことが起こったり、頭で分かっているのにできなかったり、ということがありませんか? これは誰にでもあることで、心理学においては、私たちの意識していない意識(潜在意識、無意識)が働いていると捉えます。私たちは小さい時から潜在意識に様々な脚本を書き込み、それが今の自分の生き方に大きく影響しているのです。

私たちの心は「顕在意識」「潜在意識」「無意識」に分けられます。また、「意識」と「潜在意識、無意識」の私たちの行動に与える影響力の比率は、5:95と言われます。つまり、自分が意識して何かをするという部分は、自分の人生に対し5%の支配力しかなく、無意識の行動が95%の支配力を持っているということなのです。

ですから、たとえあなたが一大決心をして、「今日から部屋を綺麗にするぞ!」と気合を入れても、潜在意識において「そんな事できるかな?できそうにもないな」と思っているとしたら、5:95の力の差により、おそらく掃除は三日坊主に終わり、テレビやインターネットを見て過ごすことになるのです。思い当たる節がありませんか?

つまり、私たちがどんなに願いを叶えたくても、何かを本気でやろうと決心しても、意識レベルだけではどうにもならず、あなたの「潜在意識、無意識」の協力がなくては物事は願い通りにならないのです。ですから、もしあなたに「分かっているのにできない」ということがあるとしたら、それはあなたの「潜在意識、無意識」が「したくない」「欲しくない」と思っているからだと考えていいのです。

この事は、自分の願いだけでなく、あらゆる事柄に共通するもので、たとえば、起こって欲しくない問題が起きるのも、潜在意識からの何らかのメッセージを受けているからだと捉えるのです。

心理学では人生脚本と言われたりしますが、私たちは誰でも心の中に人生の脚本を持っていて、その脚本を無意識のうちに演じながら生きている、と考えられています。

恋愛が上手くいかないのも、仕事でトラブルに巻き込まれるのも、結婚生活がギクシャクするのも、お金の問題で行き詰るのも、人間関係に問題が生じるのも、自分の中にある人生の脚本通りなのです。

たとえばあなたが女性だとして、あなたの心の中に「男性なんか信じられない。だから、男性には近づかないし、近づかれたら距離を置いた方がいい」という脚本があるとしたら、あなたは好きな人が出来てもなかなか近づこうとしないでしょうし、男性に好かれても、その人に好意を抱くことを躊躇するでしょう。しかし、そういう脚本を持っていると言っても潜在意識の中にあるわけなので、その事になかなか気づかず、「なぜ、私は恋愛がうまく行かないんだろう?」と悩むことになるのです。

農作物は見えてる世界(木、葉、実)よりも、見えない世界(土の中の世界、根、土、微生物など)に大きな要因があると言われますが、心の世界もまさに同じです。農作物は、葉の葉脈を見れば根の状態が分かるそうですが、同様に、私たちの考え方や起きている出来事から、潜在意識の状態を探ることができるのです。

つまり、望んでいないはずの夫の浮気問題が浮上しているのも、その枝葉の部分に問題があるのではなく、根(あなたの過去の経験やそこから生まれる価値観)、土壌(周りの人間関係とそこから受けた影響)などに原因があると考えるのです。

つまり、自分の中に「浮気問題」に繋がる脚本がある、と考えてみるのです。たとえば、「お父さんも外に女性を作っていた」という過去の経験から生まれたであろう分かりやすい脚本もあれば、「男性との親密感が苦手で、距離が近づくと知らず知らずのうちに壁を作って男性を拒否してしまう」という脚本から「浮気問題」が生まれることもあるかも知れません。

ちょっと例えが適切だったかどうか分かりませんが、要はそんな風に今起きていることを表面だけで捉えるのではなく、その背景に潜在意識の中の脚本が影響していると考えることで、より確実にその問題を捉え、解決に向かう手立てを立てやすくなるのです。

今日の一言: 私はどんな人生脚本を持っているだろう? 

平安
鶴田健次

ブログランキングに参加しております。クリックでご協力お願いいたします。

2014.11.14 15:08 | 特別礼拝 / 集会
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.