LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

S__1449988.jpg
当教会ブログにて、私Saoは以前にも何回かキャンプの様子を紹介してきましたが、実は私は幼少の頃は1度もキャンプをしたことがなく、虫もさわれず、地面に座ることもできない子でした。それが、2年前に自らキャンプ道具を揃え、初体験のキャンプに行って以来、今回で6回目。そんな事が出来るようになったのは、キリストが私に力を与えてくださったからだと思います。

S__1449989.jpg
キャンプの動機は、初めは子供たちの教育の為でした。「①身体を動かし、神様の創造の御業である自然を知る。②その中で神様からの問いかけに耳を済ませる感性を育てる。③心と体を鍛える。」などなど。子供達は私のリクエストを素直に受け入れてくれ、山とも神様とも母親の私とも良い関係を保っており、もちろんそれは、これからも続けて行きたいと思っています。山登りは、度胸と忍耐を育ててくださいますし、美しい景色を通して、神様の偉大さを力強く感じることができます。

S__1449990.jpg
今回のグランドキャニオンノースリム滞在では、子供たちと片道5マイルのトレイルに挑戦しました。最初は、慣れない山路に子供たちは疲れ気味だったのですが、徐々に歩いているうちに慣れていき、ずんずんと奥に進んで行きました。奥に行くに連れ、景色も壮大になって行き、その変わる景色を見るたびに、励まされ、子供たちと歓声をあげました。だんだん、その景色を見ることが楽しくなって行き、最後まで(完歩)行こう!と、盛り上がった時に、無情な雷雨。雷雨が雹(ひょう)にかわり、私達に激しく降りかかりました。

私は雹のあたり具合が強く、痛くて嫌だったのですが、子供たちは大喜び!!!子供たちは興奮気味で「氷が空から降ってるよ~。すご~い!?」と、目をきらきはさせて言っていました。

帰り道は雨に濡れて、往復、試練の8マイルになってしまいましたが、神様は子供たちに雹という人生で初めて見て感じた"粋"なプレゼントを忘れず渡してくださいました。この時の経験は、子供たちは帰ってきた今でもグランドキャニオンの印象に残ってる思い出として嬉しそうに話します。

こんな感じで、子供たちの教育や数々の自然の中の神様を見つける体験もありましたが、私自身、今回のキャンプを通して自らと向き合うことになりました。

----------次週に続く

(LVJCCブログ制作チーム:Sso)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2014.08.29 14:20 | 証し
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.