LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

62510a.jpg

先日、サンデースクールで神様からのタラントのお話を聞き、子供達に宿題が出されました。宿題の内容は、子供達が出来る事を選び、神様の事を思いながらそれを行うというものでした。「ママのお手伝い」「テストに向けて頑張って勉強する」「洗濯物をたたむ」「お友達に優しくする」「教会のお年寄りに優しくする」などなど、子供達なりに頑張って出来る事を考えていました。

私の娘と息子は、家でもう一回内容をおさらいして、更に日常の中で出来る事を意識する事をし始めました。息子は、トイレ掃除を進んでしました。次に、お皿の整理を手伝いました。娘は、洗濯物をたたみ、クッキング用品の整理とコップの整理をしました。

どれも母の監督の元で行ったものでしたが、「神様の為にやる」という事をしっかり意識してできました。仕上げに、聖書の言葉「良い忠実な僕よ、よくやった。あなたはわずかなものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。」という言葉を母からかけられ、終了しました。

最後に、仕事を頑張ったご褒美に、キャラメルを食べてもいいかと聞かれました。その時に、なんと(!?)キャラメルが2個しかなかったのです。兄妹は、3人。キャラメルは2個。息子は、頭をうーんうーんと悩ませていました。息子が考えた方法には、二つのキャラメルを三等分に切って3人で分けようかという話し合いが息子と娘の2人で持たれていました。そこで、私は2人に提案しました。

「もうひとつ、提案があるよ。神様の方法!それは、自分はキャラメルを食べないで譲る」と言う方法でした。

それを聞いた時、息子の顔は凍りつき、体は固まりました。頑張ったご褒美に自分は食べられると思っていただけに、予想もしていなかった母の提案だったのでしょう。少ししてから、息子は頷き、「わかった!これ、ママにあげる。」と言って、キャラメルをくれました。

どんなに欲しい気持ちを我慢していたことでしょうか。そして、息子は「ぼく、神様と同じ~!」と言いながら、目には涙が浮かんでいました。「この気持ちを忘れないでね。神様も、イエス様を私たちに与えてくださった時、こんな気持ちだったんだよ。」と、話しました。

一方、娘はキャラメルを諦めきれず、もうひとつのキャラメルを二等分にして、お姉ちゃんと分けました。それでも、立派なシェアです。

今回の宿題で小さい子供である自分も神様の体の必要な一部であり、神様の為に使うタラントをもつ使徒だということを学びました。

神様からのタラントは、初めから何かはわかりませんが、福音を信じ、神様の為にという心を抱けば、小さな子供でも立派な使徒なのです。そして、神様を1日1日と少しずつでも学び、できない自分を発見し、お祈りをする。神様に助けて頂きながら、昨日までできなかった事ができるものに作りかえられて行くということを、今回は子供を通して更に体感することができました。

若いうちに神様を知れることは本当に素晴らしいことです。子供達が自分で神様と出会うきっかけは意外にも周りにたくさんあることを知った1日でした。

(ブログ制作チーム: Sao)


ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします。
2014.08.13 16:50 | それ行けSaoシリーズ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.