LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

my_pray_to_god_by_liamel-d5z7pei.jpg
祈りはクリスチャンにとって呼吸(生きていくのに必ず必要なもの)と言われています。しかし、祈りほど継続するのが難しいと言われています。しかし、祈りの力を知った先の信仰者たちは祈りを重んじ祈りを通して神の国を見ることをされました。そのような信仰者達の言葉を今日はご紹介します。

聖書には、『迫害する者のために祈りなさい』とある。ぼくたちは愛する者のためなら、頼まれなくても時間を費やして祈るが、イエスは、愛することのできないような者のために祈れと言われた。人を憎むと、自分中心の人間になる。でも祈るなら、神中心の人間になるんだ。神が愛している人を、憎んではいけない。祈りは、君たちの姿勢を変えるんだ。(エリック・デリル)

祈りは、わたしたちに、きよい心を与えてくれます。清い心には、神様を見る力があります。(マザー・テレサ)

わたしは神様がわたしたちに勝利をもたらせてくださると確信していた。神様に祈っているうちにその確信が与えられた。
(リンカーン前大統領) 

あなたがたは、祈りの価値を知っています。それは、どんな値段を払っても買うことができないほどに、尊いものです。決して、決して、これをないがしろにしてはなりません。(トマス・バックストン卿)

もしできるなら、毎日ただお祈りのお努めをするというのではなく、本当のひそかな祈りと神との交わりのために、2、3時間ゆっくりと祈れる時間をもつことができるように仕事を整理しなさい。1日に7回、仕事や仲間から離れて、ひとり静かなところに退いて自分のたましいを神に向けようと努めなさい。また、1日のはじめとして、真夜中すぎに起き出し、夜の静けさと暗やみの中で、いくらかの時間をこの聖なるわざにささげなさい。夜が明けても同じことをするのです。主のために固く心にきめなさい。これを守るためにすべてのことを犠牲にしなさい。あなたに与えられている時間は短く、仕事や仲間たちがあなたからあなたの神を奪うことをゆるしてはいけないということをよく考えなさい。(ジャドソン博士)

私が霊的にやせ細ってしまい実を結ばないようになってしまっているおもな原因は、祈りにおける言いのがれもできないような退歩にあります。私はいつも喜んで書き、話し合い、また聞こうとしています。しかし、祈りはこのようなことのどれよりももっと霊的であり、内的なことです。そして、どんな務めであっても、それが霊的であればあるほど、私の肉的な心はそれから離れたいと思うのです。祈りと忍耐と信仰とは、決して失望に終わることはありません。私はずっと以前から、もし私が聖職者になれたら、信仰と祈りこそが私をそれにふさわしいものとするに違いないと思っていました。もし私の心が祈る気になっており、また祈る自由を得てさえいるならば、そのほかのすべてのことは比較的たやすくできるのです。(リチャード・ニュートン)

個人的な祈りが、奉仕の上にもたらす素晴らしい祝福は、言い表すこともできず、比べるものもないほどのものです。―それは、聖書よりくる油を注がれることです。もし、私たちが受けている力が、万軍の主から来たものでないとしたら、私たちは偽る者です。なぜなら、その力はただ祈りによってのみ受けることができるからです。私たちはさし迫った、絶え間ない、熱心な願いをなしつづけようではありませんか。あなたがたの羊の毛を祈りの打ち場に置いて、それが天よりの露にしっとりとぬれるまで、祈りつづけようではありませんか。(スポルジョン)

あらゆる面でのきよさに心を用いなさい。あなたが主のお役にたつかどうかは、ただこのことにかかっているのです。なぜなら、あなたの説教はたかが1、2時間で終わってしまいますが、あなたの生活は、1週間の間ずっと説教しつづけているのですから。もしサタンが、欲深な牧師を人の賞賛と快楽とそして美食を愛する者にしてしまいさえすれば、それだけでその人の奉仕を全くだめにしてしまったことになるのです。祈りに身をゆだね、説教の主題聖句や思想、またことばを、神から受けなさい。ルターは、その最もたいせつな3時間を、祈りのために用いたのです。(ロバート・マレー・マックシェーン)

ドレンティ伯爵はキリストを自分の最も大切なお方としていた人でしたが、ある時、使用人に祈っているから30分たったら呼んでくれるようにと言いつけました。その使用人は時間がきたので、伯爵の顔を隙間からのぞいてみました。ところがその顔には実にすばらしいきよさがありありと表れていましたので、呼ぶことをためらいました。主人のくちびるは動いていましたが、声は全く出ていませんでした。使用人はとうとう1時間半もの間待って、それから主人を呼びました。すると伯爵はひざまずいていたことろから立ち上がって、「神様とお交わりしていると、30分なんてとても短いものだね」と言ったものです。

(LVJCCブログ制作チーム:Kao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2014.08.09 17:03 | 信仰者シリーズ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.