LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

3862818356_d3c539d58a_z_convert_20140802023447.jpg

今日は、八福の教えの中の”心の清い人たちは幸いである”ということを考えてみました。

八福の教えの第六番目は、「心の清い人たちは、さいわいである、彼らは神を見るであろう」というものです。

私たちの人生の究極の目標は、神とお会いすることだと聖書は教えています。聖書の一番最後の「ヨハネの黙示録」を見ますと、天国で何がなされているかが書かれていますが、そこでは、神とお会いし、天使たちや大勢の人々と共に神を礼拝している、その光景が繰り返し描かれています。


私たちの人生の究極の目標は、永遠の天国において、生ける神にお会いし、神を礼拝し続けることです。この八福の教えの御言葉には、「神を見る」ということが書かれていますが、「神を見る」とは、神にお会いするということです。では、どんな人が「神を見る」のでしょうか。それは、「心の清い人である」と主イエス・キリストは言ってらっしゃるのです。

「心の清い人たちは、さいわいである、彼らは神を見るであろう。」(マタイ5:8)

私の友人に、自分は宗教の中でキリスト教が一番好きだけど、自分は罪深い人間なので教会に足を踏み入れる資格がない、と言う人がいます。案外、彼の言葉に代表されるように、教会は清い場所で、そこに来る人も清い生活をしている人、ちゃんとした人でなければならない‥‥そのように思っている人が結構おられるかも知れません。まあ、「教会は心の汚れた人が来る」と言われるよりは良い感じもしますが・・・。(笑)


しかし、私たちは教会に通えば通うほど、「自分の心は清くない。いや罪に汚れている。醜い心を持った人間だ」と自覚するようになっていきます。そうすると、ますます今日の御言葉が気になります。心の清い人は確かに幸いに違いないが、しかし、それは私ではない。そう思わざるを得なくなるのです。

では、「心の清い人」というのはどういう人のことでしょうか? あるいは、そういう人が現実にいるのでしょうか? そもそも、「心が清い」とはどういう心の状態を言うのでしょうか?

まず、この「清い」という言葉は、汚れていない、清潔であることを意味します。またこの言葉は、「純粋である」という意味があります。混じりけがない、ということです。しかし、そんな純粋な人間などいる筈がありません。では、どういう人が清い人なのでしょう?

ヨハネの黙示録の中にある天国の光景の一つで、7章の9節からの部分に、数え切れないほど多くの白い衣を着た人たちが、父なる神と小羊であるイエス・キリストの前に集まり、神と顔を合わせて礼拝をしている様子が描かれています。

この大勢の人たちは一体何者か?という質問に対して、天の長老の一人がこう答えました。「彼らは大きな苦難を通って来た者で、その衣を小羊の血で洗って白くしたのである」。

「小羊」とは誰のことでしょうか?‥‥もちろんそれは主イエス・キリストのことです。「血」とは何の血でしょうか?‥‥それは十字架の血のことです。つまり「小羊の血で洗って白くした」というのは、主イエス・キリストの十字架の血で白く清くした、ということ。それで天の神の御座の前に来ることができた、ということです。

だから、イエス・キリストを信じ、主イエスの十字架の血潮で清くされ、天国に行くことのできる人は幸いなのだと言われているのです。


今日の一言: 十字架の血によって心を清くされよう

平安
鶴田健次

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2014.08.01 09:14 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.