LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

S__835592.jpg
LAの旅一日目(ラスベガス観光:番外編「ロサンゼルス①」)を終え、本日2日目。

朝、トーランスのホテルのチェックアウトを済まし、マンハッタンビーチに向かいました。朝風は爽やかで、ほんのりと冷たい空気から潮の香りがしていました。雨が降った後の匂いに似ているので、私は雨の匂いと呼んでいます。カリフォルニアでいつも私が懐かしむのはこの雨の匂いであり、なんとも言えない好きな匂いです。

マンハッタンビーチに行く途中、マクドナルドで朝食を買い、ビーチに座り、海を眺めながら、皆で朝ごはんを食べました。
ロサンゼルスではいつも駐車スペースを探すのに苦労します。それが運良く、駐車場も1番ビーチに近いところに一つ空いており、しかも私の前に車を停めていた方がお金を多めに払ってくださっていた様で、何も苦労せずに駐車スペースを見つけ、お金を払わずにビーチに行けました。神様、感謝!ビーチに繰り出した子供達は大はしゃぎ!ビーチの視界良好!天気良し!青空と海に負けないくらい心は晴れるや〜。

ご飯を終え、海に戯れる子供達を尻目に、私は写真をたくさん撮りましたが、波の音を聞きながら、視界からは真っ青な海と空の景色から頂くものは、やはり写真では収まりきれません。この感動を伝えたいと思っても、写真に収めると、半分以下も伝わってこないと感じます。是非とも、一度はカリフォルニアに足を運び、この感動を味わっていただきたいです。

さて、海で遊び、癒された私達は、マンハッタンビーチを出て、海沿いの道を通り、南に下って行きました。パロスバーデスを通り、ガラスの教会に向かいました。のガラスの教会に向かう途中に見た絶景が、何と素晴らしいことか!!坂道を上がったり下がったりして、道を進みましたが、運転していても、海に吸い込まれそうな感覚を覚えるくらいの興奮でした。遊んで体感するビーチも良かったですが、遠目から見るビーチも圧巻でした。太平洋は広い!世界は広い!

Image(3).jpg

道に少し迷ったあげく、やっとガラスの教会に着きました。車から降りると、また教会から見えるパロスバーデスのビーチ、太平洋が素敵でした。このガラスの教会は、アメリカを代表するフランク・ロイド・ライトが設計、1949年に創立されました。この教会の壁面は、一面透明なガラス張りで、ガラスを透かして見える周りにそびえる樹木、空、そして海が眺められる自然との調和が生きる、素敵な設計となっております。

そして、教会の隣に建つ石塔は、夜になると美しい燈が灯り、カタリナ海峡を渡る船員たちから「神のキャンドル」と呼ばれ親しまれており、その塔には16個の鐘があり、美しい音色が響きわたるなど、他にもたくさんな親しまれる要素が詰まっているようで、毎日この教会で式を挙げるカップルが後を絶たないようです。

S__835600.jpg
ガラスの教会で少し森林浴をした後、お昼を食べ、ラスベガスの帰路に立ちました。子供達は物心がついてから初めてのロサンゼルスの旅を満喫していました。帰り道では、砂漠に沈む日没がまた綺麗で神様の神秘、偉大さを車で語り合いました。

「主の御名を賛美せよ。主の御名はひとり高く 威光は天地に満ちている。」詩篇148:13

(ブログ制作チーム:Sao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2014.07.30 13:01 | それ行けSaoシリーズ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.