FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

1_20090626134701.jpg

2009年6月7日(日)の礼拝で、戸塚雅代姉の洗礼式が行われました。
戸塚雅代姉は今回、洗礼を受けてクリスチャンになりたいという思いをもって日本の大阪からはるばるラスベガスにやって来られました。ラスベガスの滞在期間は5月18日から6月の11日までの3週間半の期間で、その間、鶴田先生より入門クラスを週に2~3回受け、洗礼を受ける前から水曜日の祈祷会、早天祈祷回、土曜日の聖書勉強会、各スモールグループに出席されていました。

2_20090626134711.jpg

子供のころ、雅代姉の母方のお祖母様の家が千葉にあり、夏休みごとに大阪から千葉に遊びに行っていたそうです。お祖母様はカトリック信者で、よく教会に誘われ一緒に行かれたことがあるそうですが、その頃から神様の導きの御手が伸ばされていたのです。ところが、大阪の実家は父方のお祖父様が熱心な創価学会であった事もあり、大阪では教会に行くことは一度もなく、長い間、神様とは無縁の生活をしておられました。

そんな中、今年の4月に鶴田先生が日本伝道旅行で大阪の北浜インターナショナル・バイブルチャーチに行かれたとき、そこで先生に再会し、ラスベガスに来て入門クラスを受けてクリスチャンになりたいという思いが強く与えられたそうです。しかし、仕事の都合などでラスベガスに十分な休みを取ってくることが出来ないと思っていた矢先に仕事が解雇になり、幸か不幸か、十分な休みを取ってラスベガスに来ることができるようになったのです。

ラスベガスに来る前は、仕事が解雇になり本人いわく、"ショック!” なのでしたが、一大決心をしてラスベガスに来られ、自分の罪のために十字架にかかって死んでくださったイエス・キリストへの信仰を告白し、晴れてクリスチャンになることができたのです。雅代姉は、6月11日に帰国されましたが、それからすぐに新しい仕事も決まったそうです。そして、何よりまだクリスチャンでないお姉様を導かなくてはいけない!という思いが強く与えられているということです。

神のなさることは、皆その時にかなって美しい。
(伝道の書3:11)

3_20090626134722.jpg

4_20090626134731.jpg
(ブログ制作チーム: ケイ)
2009.06.26 06:01 | 洗礼
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.