LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

5c98daccfe25097ff646f669993dbe1a.jpg

今日は、”失敗に対する間違ったイメージ”ということを考えてみました。

生きている限り、人は必ず失敗を経験します。失敗をしない人など一人もいません。仕事に失敗し、結婚に失敗し、受験に失敗し、特に人間関係の失敗は誰もが経験することです。そして、失敗は人々を失望・落胆させ、時として人々に敗北感や絶望感を味わわせることがあります。

しかし、”失敗は成功のもと”という諺があるように、人によっては、失敗に対してもっと積極的なイメージを描く人もいます。英語でも、Failure teaches success.とか、Every failure is a stepping stone to success. という同じ意味の諺がある通り、失敗は、非常に積極的かつ建設的な性質のものであるというのも真理です。人生において、上手くいく人、いかない人の違いがいくつかありますが、そのひとつが失敗の捉え方ではないでしょうか。

人は失敗することによって、どうやればうまく出来るかを発見します。間違いを犯さない者は、そのことを発見することができません。人は失敗の経験を通して大切なこと、必要なことを学び、成長するのです。旧約時代の偉大な信仰者たちも、みんな失敗の経験者です。信仰の父アブラハムも、イサク、ヤコブも、さらにはモーセやダビデも大きな失敗をし、その失敗が彼らの生涯における貴重な体験となったのです。

この他にも、大きな事を成し得た人々はみんな失敗の経験者です。自動車王のヘンリー・フォードは、フォード・モーター・カンパニーを設立する前に、7回も失敗し、5回失業しました。「三度目の正直」どころか、周りの人から見れば何をやってもダメな人に見えたことでしょう。

ディズニーランド、ディズニーアニメの創造者であるウォルト・ディズニーも、「お前はイマジネーションがない。アイデアもダメだ」と言われて新聞社をクビになりました。自分の信じている才能を頭から否定されれば大きなショックで、その道を歩むことを諦めてしまう筈です。しかし、彼は諦めず、その失敗を機にさらに自分に足りない資質を身に付ける努力をしたのです。

ソニーの創業者、盛田昭夫も、ソニーの前身である東京通信工業を井深大と設立し、初めて手がけた製品である炊飯器が全く売れませんでした。起業して最初の商品がダメで大損をしたら、あなたはどうしますか。

「ハリー・ポッター」の作者、J.K.ローリングは、離婚と生活苦で鬱病になり、自殺を考えました。しかし、彼女は貧しいシングルマザーとして生活保護を受けながら執筆を続け、書き上げた「ハリー・ポッター」が大ブレイクし、歴史上最も多くの報酬を得た作家となりました。

発明王エジソンは、子供の頃、学校の先生から「バカ過ぎて、何も学べない子」と言われました。大きくなって初めてした仕事はクビになり、その次にやった仕事も立て続けにクビになりました。また、彼は白熱電球を実用化させるまでに一万回の実験に失敗をしましたが、失敗を失敗とは考えず、「一回一回の失敗は、単に上手くいかない方法を確認し消去しているに過ぎず、失敗を重ねるごとに一歩ずつ成功へ近づいているのだ」と考えた話はあまりにも有名です。

こう考えると、失敗というのは、むしろ私たちにとって必要なことであり、大きな益をもたらすものであることが解かってきます。これは特別な人にだけ言えることではなく、すべての人に当てはまる原理です。失敗とは、単に上手くいかない方法を確認し消去しているに過ぎず、失敗を重ねるごとに一歩ずつ成功に近いづいているのです。

今日の一言: 失敗に対する間違ったイメージを捨てよう。

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2014.06.06 11:01 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.