LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

I-LOVE-MY-MOTHER-1n2oyi7.jpg
よく、三つ子の魂百まで・・・などと言いますが、それは周知の通り、幼いころの性格は年をとっても変わらない、 という意味の諺です。つまり、「性格の基礎をつくる大事なお年頃」ということです。

西洋でも、The child is father of the man、直訳すると「子供は大人の父である」という意味になりますが、これは「幼い頃の性質が、大人のときの性質の基盤となっている」というような意味で言われており、『三つ子の魂百まで』と同じ意味の諺です。つまり、それ程までに3歳ぐらいまでの生育環境は、その後の人生にとって大変重要な時期なのです。

人間は3歳ごろまでに急速に脳細胞から配線が伸び、かなりの回路が作られると言われます。その配線を伸ばし、 回路を発達させるのは、外部から入ってくる刺激や環境、教育などです。そして、この乳幼児に最も大きな影響を与えるのが母親です。わずかの部分で父親や家族が関与していますが、1歳から3歳の人格形成時における母親の存在の大きさは、どんなに強調しても強調しすぎることはありません。

生まれてきた赤ちゃんは、お母さんの胸に抱かれ、お母さんから「プラスの刺激」をいっぱいもらいます。そして赤ちゃんの脳の中で 「肯定的な感情」をはぐくみ、いわば「喜びの回路」が作られていくのです。

ところが、おむつが濡れたままで、気持ちが悪いのに取り替えてもらえない…。オッパイが欲しいのに飲ませてもらえない…。お母さんが悲しそうな顔をしている…。お父さんとお母さんが喧嘩をしている…。というようなことは、赤ちゃんに「マイナスの刺激」を与え、そこから「怒りの回路」「悲しみの回路」「恐れの回路」が作られていくのです。

大人になって、犬を見て怖がる人、好き嫌いをする人などは、自分では気づかない、小さな子供のころに「マイナスの刺激」を受け、 拒絶の回路が形成され、その後の人生を支配してしまったのです。まさに『三つ子の魂百まで』です。

生まれてから2~3歳までは、母親や家族から与えられる情報を、そのまま受け止め、脳の回路が形成されていきます。赤ちゃんは周りで発生する「プラスの刺激」「マイナスの刺激」など何でも、意味や理屈が解からなくても、 完璧に吸収していくのです。

TV漫才を見ていて、直ぐに笑いこける人、笑う姿を横で見ていて、「何がそんなにおかしいんだろう?」と不思議がる人…。 人よりも笑いのスイッチが早く入る人、遅い人。ドラマを見ていて直ぐに涙腺が緩む人、そうでない人…。人によって様々です。 幼児期にそうした喜怒哀楽の物差しが出来上がり、性格の一部となって、一生を支配していくのです。

たとえば、両親が毎日のように大声で喧嘩していると、いつの間にか赤ちゃんの脳に、「怒り」や「恐れ」「悲しみ」 回路が増幅されて形成され、成人してから、人から大声で怒鳴られたりすると、恐怖と恐れで固まってしまい、パニックに陥り、人間嫌いになってしまいます。

1歳になるかならない時期に、保育所に預けられた赤ちゃん。大人しくしていたら構ってもらえない。大きな声で泣いて自己主張すると、保母さんがやってきて抱いたり、あやしたりしてくれる。「周りの赤ちゃんより激しく泣くことで思いがかなう」ということを、学習するのです。

そして、夕方、お母さんが迎えに来て、有り余るほどの愛情を我が子に注ぎます。赤ちゃんがむずかれば、大抵のことを聞いてくれる…。そんな回路ができてしまった赤ちゃんは、その後、自己中心的で、 我がままで身勝手な子どもに育っていくのです。

今日の一言: 幼児の生育環境を真剣に見直そう

平安
鶴田健次
2014.05.30 12:37 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.