LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

images_201405030258363ca.jpg
今日は、”過去に捕らわれて生きてはならない”ということを考えてみました。

あなたは自分の過去に捕らわれて生きていませんか。過去の失敗や屈辱、あるいは過去の栄光に捕らわれて、現在をまっすぐに見ることができず、未来に向かって進めないでいる人が少なくありません。過去の思い出を大切にするのは良いことですが、過去の失敗や栄光に捕らわれて生きることは、幸せな人生を歩む大きな障害となります。

私たちは、過去の失敗に捕らわれてはなりません。なぜなら、失敗は必ずしも悪いことではないからです。むしろ”失敗は成功のもと”と言われるように、失敗をしなかった成功者は一人もいません。私たちは失敗を重ねながら成長し、一歩ずつ成功に近づくのです。

トーマス・エジソンは、白熱電球を発明するまでに一万回以上の実験に失敗しましたが、一度もそれを失敗とは考えませんでした。キュリー夫人は、400回の失敗を重ね、ついにラジウムの発見に成功しました。つまり、私たちは失敗を通して成功のために必要な教訓を学ぶのです。したがって、私たちのうちに失敗から何かを学ぼうとする姿勢があるならば、私たちは既に勝利と成功の道を歩んでいるのです。

次に、私たちは、過去の栄光に捕らわれてはなりません。ある40代の男性が、英会話の教材を売る会社に営業マンとして就職しました。彼は研修を終え、営業の仕事を開始しましたが、成績はまったくダメでした。上司が彼を呼んで話をすると、彼は長い研修期間を終えたにもかかわらず、ほとんど販売のためのノウハウを身につけていませんでした。しかも彼は、自分は以前に会社を経営していたこと、成功してずいぶん儲かったことなどを得意げに語りました。ところが、その会社は倒産し、今は親のもとに居候し、肩身の狭い思いをしているとのことでした。

彼は昔の成功を忘れられず、過去の栄光に捕らわれて生きていたのです。彼は会社に就職して新しいスタートを切ったはずなのに、彼の心は未来ではなく、過去に向けられていました。彼は研修に身が入らず、販売ノウハウは身につかず、当然成績もあがりませんでした。そしてついに、せっかく入った会社も辞めざるを得なくなったのです。

私たちは、過去の栄光にすがりながら生きてはなりません。新しい仕事をスタートさせたなら、もはや過去の栄光を語ってはならないのです。未来を見つめつつ、初心に帰って、新しい仕事に取り組まなければなりません。過去の挫折をバネにし、倒れたところから起きあがるのです。聖書にこう言われています。

 「正しい者は七たび倒れても、また起きあがる・・・・・・」(箴言24:16)

自分の人生に対して正しい態度を取る人は、たとえ七たび倒れても、また起きあがります。その人は過去に捕らわれて生きるのではなく、現在を踏みしめ、未来に生きているからです。

一方、過去の栄光にしがみついている人は、一度倒れると、起きあがることができません。過去に執着しているため、新しいスタートを切ることができないのです。

今日の一言: 過去に捕らわれないで生きよう。

平安
鶴田健次

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2014.05.02 09:40 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.