LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

SWATGT.jpg
今日は、”ハルマゲドンの戦い”について考えてみました。

皆さんは、”ハルマゲドン”という言葉をご存知ですか? これはもともと聖書の言葉ですが、最近では聖書を知らない人々までが口にするようになっています。しかし、”ハルマゲドン”は世間では必ずしも本来の意味で使われているわけではなく、間違って理解されている場合が多いようです。

まず、”ハルマゲドン”とは、聖書のヨハネの黙示録に記された、世界最終戦争の起きる場所の名前です。以前に世間を騒がせた「ノストラダムスの予言」に、1999年の七の月に恐怖の大王が降って来て、世界は荒れ果て、すべては絶滅すると予言されていたことから、ハルマゲドンの戦いは1999年であるという説が生まれたことがありました。また、その他にも、最近の新興宗教の中には世俗的終末論を利用して、信者を扇動しているものが少なくありません。

聖書の預言によれば、やがてエルサレムにユダヤ教の神殿が再建されることになっています。現在、その神殿建設計画の準備はほとんど整いつつあります。神殿再建後、しばらくして、エルサレムが異邦人によって踏みにじられるようになり、その時、二人の神の預言者がエルサレムに現われて預言活動をします。

このハルマゲドンの戦いが、エルサレムが踏みにじられ始める時から数えて何年後にあるかということは、三つのキリスト再臨説のどの立場を取るかによって違いがありますが、いずれにしろ、ハルマゲドンの戦いは、聖書に預言された終末の「患難時代」と呼ばれる期間の最後の出来事として起こることになっています。

ハルマゲドンの戦いについて、黙示録は次のように記しています。

第六の御使いが鉢を大ユーフラテス川にぶちまけた。すると、水は、日の出るほうから来る王たちに道を備えるために、かれてしまった。 また、私(ヨハネ)は竜(サタン)の口と、獣の口と、にせ預言者の口とから、かえるのような汚れた霊どもが三つ出て来るのを見た。 彼らはしるしを行う悪霊どもの霊である。彼らは全世界の王たちのところに出て行く。万物の支配者である神の大いなる日の戦いに備えて、彼らを集めるためである。 ―見よ。わたし(キリスト)は盗人のように来る。目をさまして、身に着物を着け、裸で歩く恥を人に見られないようにする者は幸いである― こうして彼らは、ヘブル語でハルマゲドンと呼ばれる所に王たちを集めた。(黙示録16:12-16)

ハルマゲドンの地に、多くの国々からなる同盟軍が集結するのです。ハルマゲドンは「メギドの丘」という意味で、イスラエル北部の地にあります。ガリラヤ湖の南西40キロくらいの所です。古くから、雌雄を決する戦闘が行なわれてきた戦場としても有名で、世界最終戦争もここで行なわれることになります。

しかし、多くの人はハルマゲドンの戦いは人間同士、また国と国との戦いだと思っていますが、ハルマゲドンの戦いはそのようなものではありません。それは人間同士が戦う普通の戦争とは異なり、神の勢力と地上の悪の勢力との戦いなのです。聖書はこう記しています。

また、私(ヨハネ)は開かれた天を見た。見よ。白い馬がいる。それに乗った方は、「忠実また真実」と呼ばれる方であり、義をもってさばきをし、戦いをされる。・・・・・・・・ 天にある軍勢はまっ白な、きよい麻布を着て、白い馬に乗って彼につき従った。・・・・・・・・ また私は、獣と地上の王たちとその軍勢が集まり(ハルマゲドンに)、馬に乗った方(キリスト)とその軍勢と戦いを交えるのを見た。すると、獣は捕らえられた。また、獣の前でしるしを行い、それによって獣の刻印を受けた人々と獣の像を拝む人々とを惑わしたあのにせ預言者も、彼といっしょに捕らえられた。そして、このふたりは、硫黄の燃えている火の池に、生きたままで投げ込まれた。残りの者たちも、馬に乗った方の口から出る剣によって殺され、すべての鳥が、彼らの肉を飽きるほどに食べた。(黙示録19:11-21)

神の軍勢とはキリストと天の軍勢、また悪の軍勢とはハルマゲドンに集結した王たちと、獣(反キリスト)、また偽預言者です。ハルマゲドンの戦いは、このように人間同士の戦いではなく、神の軍勢と地上の悪の勢力との戦いであり、再臨のキリストが地上の悪の勢力に対してなさる審判なのです。

また多くの人は、”ハルマゲドン”と聞くと、背筋の寒くなるような人類絶滅戦争と思いがちですが、聖書の語るハルマゲドンの戦いはそのようなものではありません。特にクリスチャンにとってハルマゲドンの戦いは、恐れるべきものではなく、むしろ待ち望むべきものです。それは人類絶滅戦争ではなく、悪の勢力に絶滅をもたらす神の審判だからです。

ハルマゲドンの戦いは決して、善人も悪人も無差別に死んでしまう戦争ではありません。そのとき死ぬのは、滅びるべき人々だけです。死は無差別にではなく、選択的に起こります。ハルマゲドンの戦いは、悪の勢力を一掃するものであり、地上に至福と平和の「千年王国」をもたらし、クリスチャンたちは、キリストにあって、来たるべき千年王国を継ぐのです。

今日の一言: キリストを信じる者にはどこまでも希望がある

平安
鶴田健次

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2014.04.12 10:05 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.