LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

my_god_loves_me_this_much_sticker-r8f90205e773e49f3b7a8b18373e07e31_v9waf_8byvr_324.jpg

マルチンは「フランスの全歴史を支配する使途のような英雄である」といわれ、フランス国民の尊敬を受けています。彼は319年に、今のハンガリー国で生まれました。後にイタリアのパヴィアに移住しましたが、そこでキリストを信じる人になりました。両親は異教徒で父は軍人でした。15歳の時、父のすすめで軍人となりました。

マルチンは、ローマの兵士であるより、イエス様の兵士となって人々を救うために働きたかったのでした。そこで、彼は軍隊にいる間も一生懸命に人助けのために働きました。自分に与えられた衣服もみなあげてしまい、ただ1枚の外套しか着ていませんでした。ある寒さ厳しい冬の朝、馬に乗り市内を通りますと、寒さにふるえている一人の乞食と出会いました。気の毒に思って、自分の外套を半分に切り裂いて与えました。自分もその半分を着て帰りましたが、その滑稽な姿を人々から笑い者にされても平気でした。

その日の夜、夢の中にキリストが現われ、「マルチン、お前の外套を着せてくれたね」と告げられました。

明日戦争という前日に、彼は以前から願っていたように、修道院に入る決心をしていましたが、皆から「命が惜しくて逃げ出すのだろう」と言われましたので、彼は「神を信じる者は、命など惜しいものか。よし、それなら明日ただ一人、刀も持たず素手で神の御力によって、敵を追い払ってみせる」と意気込んで立ち出ました。その敵方は、勢いに恐れて和睦を申込んできましたので、戦争することなく勝利を得ました。

マルチンは願い通りに、イエス様に一生従う決心をし、ヒラリーという篤信の先生のもとへ行き、そこで教えを受け、神に仕え、人々のために仕えました。彼は、自分の両親にもイエス様の救いを伝えたいと思い、一時、家に変える事にしました。旅の途中の淋しい山道にさしかかりますと、一団の強盗に出会いました。強盗たちは、彼があまりにも落ち着いて、恐れる様子がないので不審に思って言いました。「お前は何者だ」「私はクリスチャンだ」「怖くないのか」「少しも怖くない。しかし、お前たちが神に背いて悪事を働いているのを見ると、その報いが恐ろしい」と言いました。強盗たちは彼から話をきかされ、ついにその場で悔い改め入信しました。マルチンは、家につくと両親にキリストの救いを熱心に語りました。父はなかなか信じませんでしたが、彼の母は悔い改めて熱心なクリスチャンになりました。

その後、ツール市の教会監督が天に召されました。ツールの人々はマルチンに監督になって欲しいと思って話し合い、彼を招くことにしました。しかし、マルチンが謙虚な人でとても承諾しないと考え、別の用件でツールに招きました。マルチンはそんな事とはつゆ知らず、ツールにやってきました。すると、ツールの市民が道の両側に並んで、彼を出迎えているではないですか。彼は驚いて引き返そうとしましたが、市民は話しません。とうとう監督にされてしまいました。監督になったマルチンですが、やはり乞食のような貧しい生活をやめないばかりか、立派な教会堂のかたわらに小さな小屋をつくってそこに住み、主の働きのために尽くしました。

ある時、ツールの知事は多くの罪人を死刑にする事にしていました。マルチンはその罪人たちの命を、何とかして救いたいと思い、その前夜、夜もふけた頃、官邸に行くと石段にひざまずいて祈り続けました。寒さは全身を包みました。知事は何も知りませんが、その夜に限って不安な心で眠れません。

あちこち寝巻き姿のまま歩き回って、玄関先に来てびっくりしました。「誰だ!」と大声で叫びますと、それがマルチンである事を知って敬意を表しました。彼は知事に神の愛について語り、死刑をとりやめるようにさとしますと、知事は「私こそ罪人です」と言って悔い改めました。

マルチンの修道院は、社会改善の働きのためにも中心的な役割を果たし、当時ローマ帝国の支配下の中で圧迫を受けていたゴール人たちの心を一つに結びつけ、こうして後にフランス国という統一された国民の基礎となったのでした。

『まことに、あなたがたに告げます。あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。』マタイ25:40

(LVJCCブログ制作チーム:Kao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2014.03.30 21:30 | 信仰者シリーズ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.