FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

R写真 1

ラスベガスも夏時間になり、日も長くなりました。陽気はポカポカ暖かくなり、梅の花が咲き始め景色も春らしくなってきました。
長い過酷な夏のラスベガスの春は短く、夏がやって来る前に、ラスベガス快晴なピクニック日和な過ごしやすい日が続きます。
私は自然に足を運びたいと思い、レッドロックキャニオンとバリーオブファイヤーへ行ってきました。
レッドロックキャニオンは、以前にトレイルを歩いたことがあったみどり姉妹に案内していただきました。

ラスベガスストリップから西に向かい215のCharlestonを更に西に進む所に位置するState Parkです。車1台につき10ドルを払い、中に入りました。ビジターセンターも新しく、とても綺麗でした。平日でしかも朝早かったのですが、人は結構いました。

この日は天気が良かったせいか、サイクリングを楽しむ人でも賑わっていました。ストリップから近いため、たくさんの方が運動や自然散策で訪れていました。

R写真 2

私達は、ビジターセンターを出発し、最初にトレイルに来ました。私達は、初心者だしと言うことで、1時間ちょっとで戻れる短いトレイルを選びました。

ところが、その1時間で戻れるはずのトレイルの途中で道に迷い、あれあれここは何処とばかりに歩きつづけた辺りを見回すと、さすがに少し変だなと思ってきました。その時に、ちょうど目の前に日陰と腰掛けがある角張った岩が出現しました。

R写真 3

歩いてから1時間、疲れも出て、お腹もすき始めた頃だったので、ちょうど良いとばかりに、二枚岩の影になっている岩まで上り、姉妹と一緒に腰を掛け、持参したお弁当を頬張りました。

道を間違ったのには、少しヒヤヒヤしましたが、迷った所で、偶然にも出会った景色は絶景でお弁当もお茶も何倍も美味しく感じました。

レッドロックキャニオンに来て、改めて神のみわざの凄さを感じた一日でした。

(LVJCCブログ制作チーム:Sao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2014.03.19 09:09 | 証し
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.