LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

2313a.jpg

今年度8月から通い始めた娘のクリスチャン・スクールで、この3月より母親の私もボランティアをすることになりました。今回はそのボランティアを通して学んだことを紹介しようと思います。

ボランティアには色々と種類があり、各教科の授業の準備の手伝いから、ランチルームの手伝い、放課後の各部活の手伝い、ファンドレージング、放課後のデイケアー、各イベントの準備などがあります。

私はまだボランティアを始めたばかりですが、近く予定されているシュレックの舞台の大道具・美術さんの制作ボランティアと、ランチルームのお手伝いをしました。

私はあまり美術・技術家庭が得意というわけでもないのですが、釘を板から抜いたり、新しい板を釘で打ち付けたり、それにペンキを塗る作業をしました。特にペンキを塗る作業は延々と続きマイペースで取り組んでいます。

          2315a.jpg

その作業中に子供達の美術の授業を聞く機会があり、授業の初めにはまずお祈りから、次にイエス様の話で始まっていることに気づきました。今までの私の人生の中で、クリスチャン・スクールで授業を受ける経験がなかったので、その光景はとても新鮮に映りました。そして、娘がそのような環境で授業を受けられることを改めて感謝致しました。

一方のランチルームのご奉仕は全く逆で、子供達との接点が多いお仕事です。特に子供達がテーブルを汚したり、ゴミを散らかしたり、目の届かないところに行かないように、見守る役目をします。

第一次ランチの高校生の場合は礼儀ができているので少し注意しただけで綺麗に使ってくれますが、第二次ランチの中学生の場合は口答えをしたり、色々な言い訳をして誤魔化し、片付けをサボろうとします。また、高校生はランチ休みの携帯やiPadなどの電子機具は使用許可が出ていますが、第二ランチの中学生はまだ幼いため、電子機具の使用は禁止です。

まだ大人になりきれていない難しい年頃なのですが、ルールを守らないときには私達大人は毅然とした態度で臨まなければなりません。礼儀正しくわかるように説明をし、かつ、生徒のアテンションを引くような話し方をしなければなりません。そして生徒が正しい行動をとれるように指導するのです。生徒がそれでも拒否する場合は、ランチルームの長に連絡され、それでもダメな場合は、回数が重なれば停学に繋がるデメリットを生徒に与えなければならない場合も出てきます。対処の仕方は、いかなる場面でもその場で速やかな正しい対応をすることが大切で、時間が経った後では効果がありません。この工程を私たちが怠ると、その子は同じ事を繰り返し、その子の将来と、そして周りに与える影響も大きくなってくるのです。

このようなご奉仕は、私自身他の中高生との交わりがあまりなかったため、とても勉強になっています。

学校で長年ランチルームを仕切っているアリソンは慣れています。もう一人のボランティアの方はうちの娘とも交流がある8年生のお母さんで、ノースラスベガスにあるヒスパニック系教会の牧師婦人でもあり、彼女も子供達の対応には慣れているようで、私の周りには力強い先輩たちがたくさんいることに感謝です。休み時間でも交わりの話の中心は神様であり、とても恵まれています。

子供達は神様から送られた教会の未来。その子供達をどのように主にあり戒め、主に従わせるかは私達大人にとって物凄く大切な役目であります。注意するだけではなく子供の反応に気を配り、子供たちをどのようにしたら正しい道に導けるか、これは私達がイエス様から受けた大きな愛が土台になる愛のテクニックの見せ所なのです。そして、このことは子供達の未来に密接に関わってきます。

私自身も子育て、戒め、躾について考えてきましたが、このようなご奉仕を与えてくださったことにより、子供達について、子育てについて、更なる深みに漕ぎ出す機会を与えてくださった主に感謝いたします。

「むちを加えない者はその子を憎むのである、子を愛する者は、つとめてこれを懲らしめる。」 箴言 13:24

(ブログ制作チーム: Sao)


下の2箇所のアイコンクリックで、LVJCCを応援してください。
2014.03.04 23:21 | 証し
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.