LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

images_20140304081314807.jpg
フランシスは1182年、イタリアのアッシジに誕生しました。父は裕福な呉服商人であり、彼は一人息子でした。父は彼をフランス風の貴公子に仕立てるつもりで、フランシスと名づけました。そして有り余るお金にまかせて、自由気ままにぜいたくをさせました。そのためか、彼は町の人気者で、誰からもうらやまれるような毎日を過ごしていました。

フランシスがもしそのままであれば大金持ちの息子で終わったのでしょうが、神のみむねは別のところにありました。ある年のこと、アッシジとペルギヤの間に戦争が起こりました。彼はこの機会にこそ、名誉を自分のものとし、あこがれの騎士の称号を獲得しようと計画しました。そこで最高のいでたちで戦争に加わりました。ところが運悪く、逆に敵に捕らえられ、捕虜として牢獄に一年間閉じ込められてしまいました。ようやく解放されて家に帰ったものの、無理がたたって重い熱病にかかり、死の淵をさまよう日々が続きました。どんなにお金が財産があっても、何の役にもたちません。戸外には春を告げると光と喜びがあふれていても、フランシスの心は暗く空虚でした。

ようやく、病床を離れることができたフランシスは、かつての愉快な遊び仲間とも縁を切り、自分の心を本当に満たすものは何かと、必死で探求しはじめました。神に祈り一人瞑想にふけることも度々でした。そんなある日、神のみこえが心に響いてきました。「フランシスよ、わたしの思いが知りたければ、あなたが今日まで肉の心で愛し求めていたものを軽んじて憎みなさい。そうすれば、これまで避けていたものや、嫌っていたものに喜びと愛を見つけるでしょう。」

それからしばらくすると、一人のライ病人に出会いました。彼はうみでただれたライ病人の手を握りしめ、お金を与えたばかりか、接吻して慰めることができました。次には貧しい乞食が、寒さにふるえているのに出会い、自分の衣服を脱いで着せてあげました。フランシスは神が彼に告げられた、新しい喜びと愛とがどんなことであるのかを、心から知ることができました。

次には、今は住む人もなく荒れ果てていた聖ダミエン会堂を立て直せとの神のみつ告げを聞き、その修繕のために町中を歩き回って物乞いをはじめました。子供から大人にまで馬鹿にされ、石を投げられ、嘲られました。彼を知る町の人々からも、その姿のあまりの変わり方に驚かれるばかりでした。わけても父の受けたショックは大変なもので、驚きから失望へ、さらには激しい怒りとなり、ついにはフランシスは丸裸で家を追い出され出入りを禁止されました。

それ以後、フランシスは一切を捨てて清貧の生活に徹底し、一生涯を神と人とに仕える修道士となり、イエス・キリストの愛と、十字架による罪の赦しを示すために過ごしました。1210年には、ポルチンクラ会堂のかたわらに庵室を建て、10人の同士と共に生活し、「清貧、貞潔、服従」の3つの誓約にもとづいて「小さな兄弟」の活動に入りました。

フランシスと小さき兄弟たちは、スペインやエジプトにまで伝道しました。その弟子達はさらに遠く伝道し、1200年の末頃には中国の北京にまで達したということです。1219年に総会を開いた時、小さき兄弟たちの同士は各国から5000人以上も集まりました。命がけで奉仕に徹したフランシスは長生きせず、1226年6月14日、44歳で安らかにほほえみつつ天に召されていきました。

「このように、いつまでも残るものは、信仰と希望と愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である。第一コリント13:13」

(LVJCCブログ制作チーム:Kao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2014.03.03 10:03 | 信仰者シリーズ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.