LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

d.jpg

インドに生まれた神秘の伝道者サンダー・シング。サンダー師は1889年に、北インドはバチアラ州の名門と言われた、シンダルヤ・シング家の末っ子として誕生しました。シング家は、ヒンズー教を代々伝える家柄で、とりわけ彼の母はその宗教の信仰に熱心で、敬虔深い夫人として人々に知られ、彼は幼い日よりその感化を受けて育ちました。母はいつも「サンダー、おまえはただ偉い人になるというだけではいけない。自分の心に平安のある本当の信心家になることです」と話すのでした。

やがて彼も学校に行くことになりましたが、そこはキリスト教主義のため、毎日聖書の勉強もしなければなりません。しかし彼は、母の教えるヒンズー教こそ本当の宗教であると、固く思いこんでいました。それで聖書を激しく嫌って、破り捨てたことさえありました。14歳になった頃、自分を誰よりも愛してくれた母が死にました。それで、悲しみを忘れるために今まで以上にヒンズー教の道を求め、心の平安を熱望しました。その熱心のあまり、インドからキリスト教を追放することこそ、自分の使命ではないかと思いました。

こうして彼は16歳になり、先祖の宗教の学びも進み、教えて従って精進してみますが、心には少しも平安が訪れず、苦しみは深まるばかりでした。それでついに、その年の12月12日、持っていた聖書も宗教書も何もかも焼き捨てて死ぬつもりでした。まだ夜の明けぬ3時過ぎに起き、必死に祈り始めました。「おお神よ、もし神がおいでになるなら、私に本当の道をお示しください。そうでなければもう生きていくことはできません。もし答えが何もないのなら、朝5時に通る汽車に飛び込むつもりです。」それは命をかけた必死の祈りでした。ひたすら祈って一時間半ぐらいのこと、暗い部屋が急に明るさを増し、神の栄光が輝きそこにイエス・キリストのように見える姿がありました。「おまえはいつまでわたしを苦しめるのか。わたしはお前を救うために十字架で死に、平安を与えようとしているのに、なぜ受け入れないのか」というおごそかなみ声をかけられました。彼は、これこそイエス・キリストが神として、今も生きておられるのだとわかり、その足元に自分の身を投げ出しました。その時初めて、求めに求めていた平安と喜びが心に満ちてきたのです。主イエスのお姿は消えても、救いと喜びは消えるどころか、日増しに強くなります。それで、さっそく父のもとへ行き「私はキリストの弟子になりました。これからは一生キリストに従っていきます。」と告白しました。

初めの間は、父も家族も誰も信じてくれません。しかし、これは本気であるとわかると、親族の者も加わって迫害を始めました。父は何とか決心をひるがえそうとして言いました。「お前がキリスト教信者になったのでは、名門の家柄にキズがつく。どうか思いとどまってくれ。そうすればどんな出世でもできるのだから」と。どんなに言われようとも、迫害されようと彼は「私よりも父母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしと共に十字架を負っって従え」との御言葉に支えられ、決心を変えません。とうとう、死ぬほど強く打ちたたかれ、毛布一枚を与えられただけで家から追い出されてしまいました。その日の夜、眠る家もなく林の木陰に毛布をひいてただ一人で休みました。けれども淋しいどころか主イエスに従うことのできた喜びで、自分は今天国にいるのかと思えるほどでした。

彼が家を追い出されるまで、家族や親族の迫害は9ヶ月間も続きました。着の身着のまま、最後にもらった弁当を手に旅立ち、途中である村にいる牧師のいるところを思い出し、立ち寄ることにしました。ところが、急に激しい腹痛が起こり、大量の血を吐いたのです。医者は「毒の作用でとても助からないので、明日はお葬式のためにまた来ます。」と言って帰ってしまいました。これは家族が弁当に毒を入れて、彼を殺してしまおうとしたのです。彼は激しい苦しみの中で神に祈りました。「もし、この命を助けてくださるなら、一生をあなたに捧げて従い、伝道して歩きます!」翌朝、あの医者が来てみますと、すっかり元気になっているサンダー師の姿にびっくり。これは神の力による他はないと、彼もサンダー師の信じる主イエスを受け入れ、後には伝道者となりました。

彼がある町で路傍伝道を始めた時、反対する人々から目もあけられないほどに砂をかぶせられました。その上裸にされ、杭に縛りつけられ、無数のヒルを浴びせられました。彼はヒルに体の血を吸われ、段々弱っていきますが、心はこの迫害の中で信仰の喜びに燃えていて、大声で神を賛美しています。群集が集まってきたので、主イエスの救いについて話しました。彼は一晩中そのまま放置され、町の人々は翌日もう死んでいるだろうと思ってやってくると、相変わらず神を賛美しているのでこれには驚嘆し「この人は普通の人ではなく、神の遣わされた聖人だ」と言って、杭から解いてくれました。このようにして、サンダー・シングの行く所で不思議な神のみ力があらわされたので、インド南部地方からマレー半島まで伝道に出かけ、実に数万人の人々が集まってきては話を聞いたのでした。

彼はその後、今まで一度も福音の伝えられていないチベットに行く決心をしました。危険なことは覚悟の上でしたが、潜入してすぐに逮捕され、罰として井戸に似た深い穴に投げ込まれました。その中には何人もの死体が腐乱し、悪臭を放って息もできないほどの惨状です。数日が過ぎた頃、ついに耐え切れない限界に達し、彼は必死に祈りました。すると上方で鍵の音がしてふたが開き、一本の網がおりてきましたので、夢中でとりつくと上に引き上げられました。誰が助けてくれたのかと見回しても誰もいません。翌日、町に出また伝道を始めると、長官のダライラマがこれを見て仰天しました。彼の信じている神が助けたとしか考えられず、恐ろしくなって早く町から出て行くようにと懇願しました。

サンダー師は1919年には日本にも足をのばしましたが、あまり知られませんでした。翌年はイギリスに伝道し、さらにはヨーロッパ各地を巡回、帰路アメリカ、オーストラリアでも伝道を続けました。こうして、1929年に再びチベットに潜入し、伝道をするつもりでしたが、そのまま彼の地で消息を絶ってしまいました。おそらく1930年にそこで殉教をしたのではないかと推測されています。まさに神に従う喜びに満たされた信仰者の、天国への凱旋だったと思います。

(LVJCCブログ制作チーム:Kao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2014.02.24 00:09 | 信仰者シリーズ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.