LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

IMG_2406.jpg

昨日、当教会でクリスマス日英合同礼拝の時が持たれました。

クリスマス礼拝は、主イエス・キリスト様のご降誕をお祝いする礼拝であると共に、主がこの地上に人間として生まれてくださったのは、全ての民を救う為であった事を覚え、神に特別な感謝をお捧げする時でもあります。

礼拝は聖餐式に続き、洗礼式が執り行われました。今年のクリスマス礼拝は二人の救われる魂が与えられ、受洗の恵みにあずかり、天におこされた喜びが私達教会にも与えられ、主に感謝をお捧げしました。

IMG_2408.jpg

洗礼式に続き、サンデースクールの子供達によるクリスマス劇が発表されました。香織姉をはじめ、サンデースクールの先生方のご指導に従い、子供達は約2ヶ月の練習を経ての発表の時となりました。毎週の日曜学校の時間を練習にあて、発表前日のリハーサル、そして当日の朝の最終リハーサルの成果があり、とても素晴らしいクリスマス劇となりました。
子供達は1歳から11歳と色々な年齢層ですが、配役もちょうど良く与えられていました。また、ほとんどの子供がアメリカ生まれになりますので、日本語でセリフを憶えるのも大変でしたが、しっかりと身につけ、上手に演じていたのが印象的です。天使の羽や小道具も手作りで用意がされて、背後にある色々な方のご奉仕も伺う事ができました。これからも子供達が神様を色々な形で憶える機会が与えられる事をお祈りします。

クリスマス説教は「あなたはクリスマスの準備ができていますか」と題して、ルカの福音書2:8-20から鶴田先生が語ってくださいました。イエス様がお生まれになった時に、3種類の人達がその知らせを受け取りました。御使いのお告げを受けた羊飼い達、輝く星から誕生を知った博士達、そして、博士から王の誕生を知らされたヘロデ王。羊飼いと博士達は自分達に示された神からの知らせを信じました。そして、信仰による道を歩み、神の子イエス・キリストのもとに来る事ができました。しかし、ヘロデ王は神の誕生に対抗し、滅びの道を自ら選択してしまいます。今を生きる私達もどこかの時点で神様の存在を知る機会を得ているのではないかと思います。その時に、滅びの道ではなく、信仰の道を選び、救い主イエス・キリストに出会う事を選択できます事をお祈りします。何故なら、神の子イエス様はすべての人の救いの為に、この世にお生まれになったからです。

IMG_2415.jpg
(クリスマスパーティの様子。左:沖縄舞踊のお披露目。右:プレゼントをもらい笑顔の子供達)

(LVJCCブログ制作チーム:Kao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2013.12.22 22:37 | 特別礼拝 / 集会
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.