LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

th_20131219060233434.jpg

今日は、 ”ネルソン・マンデラ”のことを考えてみました。

「人類に対する犯罪」と言われた南アフリカ共和国の人種隔離政策(アパルトヘイト)と闘い、ノーベル平和賞を受賞したネルソン・マンデラ氏が12月5日午後8時50分に死去されました。95歳でした。アパルトヘイト撤廃を実現し、同国で初の黒人大統領になった後も、黒人が白人に報復することを許さず、人種融和の象徴として世界中から尊敬を集めた偉大なリーダーです。

12月10日に持たれたマンデラ氏の追悼式では、参列した各国の首脳たちが故人の功績を讃えました。

オバマ米大統領  「一人の人間に対するいかなる期待をも超える功績を残した。歴史上の巨人だった。国家を正義に導き、世界中の何十億の人々を揺り動かした。」

潘基文(バン・キムン)国連事務総長  「許容することの偉大な力を示し、真の平和で人々を結びつけた。身をもって教えてくれる偉大な教師だった。自由、平等、民主主義、そして正義のために多大の犠牲を払った」

ルセフ・ブラジル大統領  「彼の闘いは国境を越えて、社会的正義のために闘う若者や女性を鼓舞した」

キャメロン英首相  「世界から偉大な灯が消えた」

マンデラ氏は、1918年、南アフリカ連邦トランスカイのウムタタ近郊クヌ村で、テンブ人の首長の子として生まれます。大学中退後、黒人の政治組織アフリカ民族会議(ANC)に参加し、反アパルトヘイト運動を主導しました。1950年、ANC青年同盟議長に就任。1952年にヨハネスブルグにて弁護士事務所を開業し、同年、ANC副議長就任を経て、1961年、「民族の槍」という軍事組織を作り最初の司令官になります。

1962年、それらの活動などを理由に、白人政権はマンデラ氏を逮捕し、投獄しました。反逆罪などで終身刑を宣告され、獄中生活は27年あまりに及びましたが、その間も、白人至上主義と闘い、黒人至上主義と闘い、必要なら命をささげる、と反差別を訴え続けたのです。

1990年、デクラーク大統領(当時)により釈放された後は、ANC議長として民主政権への平和的移行に尽力し、1993年にノーベル平和賞を受賞しました。翌年、南アフリカ初の全人種による議会選挙を経て、大統領に就任し、肌の色が異なる人々が共存する「虹色の国」を掲げました。そして、貧しい生活を余儀なくされていた黒人層に、政府が主導して住宅や教育を受ける環境を整えたのです。

マンデラ氏の数々の偉業の中でも、特に目を引くものが二つあります。一つは、抑圧の中にありながら不屈の精神と度量の大きさと人間の尊厳を示した点で、世界の誰よりも人々を鼓舞したことです。マンデラ氏は、すべての男女は生まれながらにして平等であるという信念のために、27年以上を獄中で過ごしました。

ロベン島の刑務所に収監されていた苦難の時代には、マンデラ氏は鉄格子の中にいながら、持ち前の忍耐力とユーモア、許しの力のおかげで、彼をそこに閉じこめ、自らの品位を落とす偏見に縛られた者たちよりも、むしろ自由に見えました。それどころか、マンデラ氏の看守たちは、後に彼の最も熱烈な支持者となったのです。

二つ目の大きな功績は、南アフリカの変革を指揮監督し、汚らわしさと狭量さの代名詞だったこの国を、少なくとも方向性としては、すべての国民が肌の色にかかわらず敬意をもって扱われる権利を持つ「虹の国」へと変えたことで、これはほとんど奇跡と言える偉業です。マンデラ氏の政治信念は、一言で言うなら「政敵を尊重する度量」だと言えます。

彼は1994年に大統領に就任しますが、普通ならば、27年間も刑務所に入れられて、酷いことをされたのですから、最高権力を用いて復讐をすることもできたのです。実際、多くの同志達が、その事をマンデラ氏に進言しました。しかし、彼はそうすることを許さなかったのです。

感動的な話の一つは、獄中でのマンデラ氏の生き方です。

通常ならば、終身刑で刑務所に入れられれば夢も希望もなくなります。しかし、マンデラ氏は、「刑務所にいる白人の看守達を偏見のない人達、自分の味方、仲間に変えることができれば、南アフリカ中の白人を変えることができる」と思い、刑務所を一つの修行の場のように考えたそうです。実際、マンデラ氏は少しずつ白人看守の友人達を増やし、刑務所の中の環境も少しずつ変えることに成功していくのです。

投獄生活を経て大統領になったことと言い、刑務所の看守たちに尊敬される生き方をしたことと言い、旧約聖書に登場するヨセフを彷彿とさせます。マンデラ氏は、メソジスト教会出身のクリスチャンとして信仰に生きた人です。あのヨセフが常に神が共におられる人生を歩んだように、マンデラ氏も常に神が共におられる人生を歩むことで、この偉大な業績を残すことができたのです。

たとえどんなに酷い環境に置かれても、すべてを神の摂理の中での出来事として捉え、そこに意味を見出していく生き方、それがマンデラ氏の生涯から学ぶ教訓ではないでしょうか。

今日の一言: すべては神の摂理の中に

平安
鶴田健次

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2013.12.18 13:07 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.