LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

birth-of-jesus.jpg
今日は、”クリスマス”について考えてみました。

クリスマスという言葉は、ラテン語「クリストゥス・ミサ」の略で、Christ(キリスト)+mas(礼拝)を意味します。また、XmasはX(ギリシャ語で「Xristos」の頭文字)とmas(礼拝)を合わせたもので、Xristos(クリストス)は「油を注がれた者」、つまり「救世主」「キリスト」を意味します。

クリスマスとは、イエス・キリストが今から約2000年前に、ベツレヘムの馬小屋でお生まれになったお誕生日を祝う「キリストの降誕祭」です。

しかし、イエス・キリストの誕生日に関する記録は残されていないため、正確な日付けは分っていません。初期の頃には様々な日に祝ったようですが、時が経つにつれて12月25日に祝われるようになり、4世紀にこれが確立したようです。

また、ローマでは12月の冬至に太陽を祭るお祝いをしていました。周知のとおり、北半球で一番昼が短くなるのが冬至です。冬に向け次第に短くなってきた昼が、この日を境にまた長くなっていきます。つまり、勢いの弱まってきた太陽が冬至に再び力を取り戻し、光りが蘇るということを祝っていたのです。

さらに、273年になると、時のローマ皇帝アウレリアヌスは12月25日を太陽神の誕生日と定めました。イエス・キリストは『正義の太陽』『世の光』と呼ばれていることから、336年、当時の教会は、この祭日を利用してイエス・キリストの誕生を祝う日と定めたのです。

また、当時のローマでは、太陽神を崇拝する異教が大きな力を持ち、12月25日を太陽神を祭る祝祭日としていました。そこで、初代キリスト教の指導者達が、異教徒との対立や摩擦を生むことなく異教徒にキリスト教を広めるために、12月25日をクリスマスとしたのです。

ところで、クリスマスは不思議な季節です。人の心が優しくなり、人のことを思いやる気持ちがいつもより強くなるような気がします。この時期には、困った人、貧しい人、病気の人、孤独な人たちに多くの愛の手が差し伸べられます。このように、クリスマスの季節になると、人の心が優しくなるのは、キリストの愛が私たちに迫ってくるからです。

今から約2000年前、イエス・キリストは神であられたにも拘わらず、罪がもたらす永遠の滅びから私たちを救い出すために、天の栄光の位を捨て、聖霊によってマリヤの胎に宿り、ユダヤのベツレヘムの馬小屋に誕生されました。

キリストは33年半の地上の生涯を送られますが、最後の3年半がメシヤ(キリスト)としての歩みで、ユダヤ全土を巡り歩き、ご自分がメシヤであることを知らせながら伝道の旅を続けられました。そして、初めからの計画どおり、十字架に架けられ、人々の救いのために命を捧げて下さったのです。

クリスマスは楽しい華やかな時ですが、実は神の子キリストが死を覚悟してこの世に誕生された日なのです。ですから、今年のクリスマスは特にその事を覚えて、神からの贈り物である”イエス・キリスト”を感謝していただき、またこのギフトが一人でも多くの方々のものとなるように働かせていただきましょう。

「しかし、まだ罪人であった時、わたしたちのためにキリストが死んで下さったことによって、神はわたしたちに対する愛を示されたのである」(ローマ書5:8)

今日の一言: イエス・キリストは神からの贈り物

平安
鶴田健次

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします!

2013.12.06 12:20 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.