FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

13579b.jpg

今回私Saoは、感謝祭の休みを利用して訪問したサンディエゴを紹介する2回目のシリーズになります。

以前にもお知らせしたように、サンディエゴは以前私たちが住んでいた街ですが、クリスチャンになる前のことだったので教会も何も知らず、クリスチャンの友人もいませんでした。

ですが、3年前の南加リトリートSCCRで知り合ったなつえ姉妹とは、子供が3人いるという共通点から仲良くなり、サンディエゴに行くたびに、短い時間ながらも子供達と共に良き交わりをさせていただいています。

今回は、そんななつえ姉妹が通うPalomar Japanese Baptist Churchを家族で訪問しました。

彼女が通うPalomar Japanese Baptist Churchは、無牧の教会だったのですが、現在の主任牧師の鈴木ケン牧師(他の教会と掛け持ちでされております)のお働きにより、毎週礼拝が守られていたそうです。
そして、最近 日本より副牧師のいなとみ先生を迎えられました。

現在いなとみ先生は、パサデナ-サンディエゴのエスコンディド間を通われ、毎週メッセージのお働きをされております。

そして、先生は色々なところでお用いられになられ、最近ではパラグアイを訪問し、原住民に福音を伝えるお働きもされております。

パラグァィの原住民の方には、二カ国語を通して、福音伝導をなされたそうですが、原住民の方々の反応がとても素直で、聖霊様のお働きを感じられる訪問だったとお聞きしました。

教会の方々もとても親切でアットホームな雰囲気で、一人ひとりの距離がとても近い感じがしました。

Palomar Japanese Baptist Churchの上に、これから どのような主の栄光が鮮やかに描かれるのでしょうか?
良き全てを揃えてくださる主に私達は大いなる期待を置きたいと思います。

鈴木ケン先生、いなとみ先生のお働きの上に主の豊かな祝福がありますように、そしてPalomar Japanese Baptist Churchの皆様のお一人お一人の上に、主の豊かな祝福がありますようにお祈りします。

           13578b.jpg
ブログ制作チーム: Sao

下の2つのアイコンをクリックしてLVJCCを応援していただけたら幸いです
2013.12.04 10:49 | 礼拝
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.