LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

PB104410b.jpg

2013年11月10日、ラスベガス日本人教会の教会堂献堂式礼拝が執り行われました。

神が鶴田牧師にお与えになった思いから、ラスベガス日本人教会の歴史が始まりました。その時から12年の年月を経て、教会堂を神様に捧げる今日を迎えることができ、教会員一人ひとりとても嬉しく思います。

礼拝には、教会に縁の深い方々がサンタバーバラ、サンタモニカ、ソルトレイク・シティ、レッドランドなどの遠方からも起こしいただきました。

メッセージは、「夢の実現に生きる」というタイトルで、使徒行伝2:17から、パワーポイントで撮される英語訳と共に鶴田牧師より取り次いで頂きました。まず、数々の主の御業が詰まった教会の歴史をたどり、いつか私たち自身の教会を持ちたいと待ち望み、主によって願いが叶えられるまでをお話されました。また、これからの私たち主にある者がどうあるべきかを語られました。主が与えてくださった教会堂を主に捧げ、主に用いられていく事を願いながら、私達一人一人の献身の思いを新たにされる素晴らしいメッセージでした。

礼拝後は、教会から感謝を込めて用意されたお弁当をみなさんで囲み、昼食と交わりの時が持たれました。美味しいお弁当に話も弾んでいたようでした。

昼食後は、献堂式の祝賀会で楽しいひと時が持たれました。司会は、松岡兄弟と治美姉妹で日英両語で行われました。

鶴田先生と共に教会開拓を担った兄弟姉妹、母教会の長老、ソルトレイク教会の信徒リーダーなど6人の方々から、思い出のエピソードなどを交えた素敵なお祝いのお言葉を頂きました。また、お祝いメールを多数いただいておりましたので、そのご紹介もされました。「教会の歩み」のスライドショーでは、それぞれの思いがラスベガスに集まり、ラスベガス日本人教会の軌跡の喜びを分かち合いました。

また、ハープの演奏や詩吟、日本舞踊など華やかにステージを飾っていただきました。

教会賛美チームからは、サプライズがありました。それはラスベガス日本人教会のテーマソングです。この喜びの日に初めて披露されました。作詞・作曲はケイ姉妹です。歌詞は、神様が鶴田牧師に与えられた最初の思いを歌っています。後日談ですが、鶴田先生は、「私はこのテーマソングを聞いて、12年前に始めたラスベガス伝道の原点に立たされる思いで、溢れそうになる涙を必死でこらえていました」と仰っておられました。この同じ思いが私達ラスベガス日本人教会員の一人一人の思いとなり、神様の身体として一体となり、主の御旨を行える教会であるようにと祈ります。

主から与えられた恵みを共に分かち合えることを、心から感謝いたします。福音の使者となり、この地ラスベガスに送られた私達は、イエス様の恵みを伝える者として、新たな一歩を踏みだそうではありませんか。

「神は言われる。終わりの日に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。すると、あなたがたの息子や娘は預言し、青年は幻を見、老人は夢を見る。」使徒行伝2:17

PB104461b.jpg
(祝賀会が終わった後で記念撮影)


ブログ制作チーム: Sao

下の2つのアイコンをそれぞれクリックして、LVJCCを応援してください
2013.11.12 16:05 | 特別礼拝 / 集会
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.