LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

DSC05863.jpg

昨日11月10日、当教会で献堂式礼拝と祝賀会が行われました。後日その模様はブログにて紹介させていただきますが、今日は献堂式を記念して、賛美チームリーダーのケイ姉妹がラスベガス日本人教会の主題歌となる賛美を作詞・作曲し、神様へお捧げしてくださいました。献堂式の祝賀会で初めてお披露目された賛美は、神様が与えてくださった賛美である事を思い、鶴田先生はじめ皆の胸が熱くなる賛美でした。

ケイ姉妹にこの賛美が完成するまでの経緯を教えていただきました。

この度、ラスベガス・ジャパニーズ・コミュニティー・チャーチ(LVJCC) の教会主題歌を作詞作曲いたしました。そして、この賛美を作ったきっかけは、7年半前に賛美・礼拝委員会のリーダーとして任命されご奉仕を務めた時から、(LVJCCの主題歌を作りたい)という思いが神様より与えられましたが、月日は過ぎ去りました。

そしてつい最近のこと、ある姉妹に(神様から与えられた思いを果たしなさい)という、愛の警告を受け、再び心を新たにして神様との約束を果たそうと決意し出来上がったこの曲がその賛美です。

※こちらからラスベガス主題賛美「神様が示した」の動画をご覧下さい。

「神様が示した」

1、神様が示した 御心おこなうため

 一人も滅ばず 救いを得させるため


(繰り返し)

*私は福音の使者となり

この地ラスベガスにやってきた

荒野に道を 砂漠に川を

神様に栄光あるように



2、イエス様が与えた 十字架の贖いで

罪をゆるされ 喜びに満たされる

(繰り返し)


3、御霊が与えた 力と愛によって

人々にイエス様の 恵み知らせるため

(繰り返し)


この賛美の中には、神様が鶴田先生にお与えになった思い、つまり神様はラスベガスの地にまだ救われていない日本人の魂を救おうと日本人の教会をお建てになりました。ここの教会員のほどんどのクリスチャンがこのラスベガスの教会で救いにあずかりました。そして救われた私たち一人一人が、福音の使者となり神様の思いを自分の思いとしてラスベガスにいる日本人が「一人も滅びに行くことなく救いを得ること」ができるように神様の思いをもって歩んでいきたい。そのような思いを込めてこの賛美を作りました。

この賛美をLVJCCの主題歌として、これから皆さんで共に賛美していきたいと思います。

ケイ・ソレンティーノ


神様がケイ姉妹を通して私達の教会に与えてくださった賛美を感謝いたします。これからも姉妹の賜物が神の栄光を表すために用いられますようにお祈りいたします。ハレルヤ!

(LVJCCブログ制作チーム:Kao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2013.11.10 21:29 | 証し
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.