LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

Rembrandt_Abraham_And_Isaac.jpg
                   イサクの奉献

今日は去る日曜礼拝の説教を皆様とお分かちさせていただきます。聖書箇所は創世記17:1-6になります。

「信仰の父」と呼ばれたアブラハムは今から約4千年前に現在のイラク南部ウルに住んでいました。神がアブラハムを選ばれて、神の民イスラエルの最初の人となり、彼からイスラエル民族(ユダヤ民族)が始まったのです。その当時、ウルはメソポタミア文明の中心地であり、また宗教的には多神教を信じていましたが、アブラハムは唯一の神だけを信じていました。全世界の人々の中から神に選ばれたアブラハムはその信仰によって、ウルを出て、神に命じられた土地に行くように示され神に従ったのです。このアブラハムの信仰は聖書のヘブル人への手紙11章1節「信仰とは望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認する事である」に現されています。アブラハムは神が命じられる土地を知りませんでいたが、ただ神の言葉を信じ、住みなれた土地を出て行きました。まさに信仰の定義を生きた人でした。これらの事を心にとめて今日のメッセージをお話します。

①契約の更新
聖書は神が結ばれた契約にもとずいてその歴史を展開し、神はご自分がなさった契約にもとずいて全てのことを導いていかれるのです。そういう意味において、契約という言葉は聖書の中でとても重要な意味を持ちます。

神はアブラハムと3回契約を結ばれました。契約の内容は、創世記12章、15章、17章に記述されています。何故、3回も契約をする必要があったかと言うと、人間は忍耐がなく神の約束を待つ事が難しかったので、神は契約を更新する必要があったのです。信仰の父アブラハムもまた同じでありました。契約の内容は①「祝福の契約」で大いなる国民の祝福の基なる。②「子孫繁栄の契約」でアブラハムから跡取りが生まれる。③「永遠の土地」の契約。①~③の契約を総して「アブラハム契約」と呼びます。この契約にもとずいて、神の歴史支配が導かれ、人類救済が進んでいきました。

神はアブラハムと妻サラに子孫繁栄の約束をしたのですが、待っても子は与えられずに、神の約束を待ちきれなかった彼らは自分達の考え出した方法で子供を持ってしまいます。それは、サラの女奴隷ハガルによって子供を生ませる方法でした。生まれた子はイシマエルです。しかし、この方法は神の御計画ではなく、人間の方法であった為、イシマエルの誕生が後々まで問題の種となったのです。

神は約束を忘れる方でありません。アブラハムが99歳の時にアブラハムに再び現れ、「あなたはわたしの前に歩み、まったき者であれ」と言われたのです。99歳と言えば、もう隠居生活を送って、生きているだけでいいというような要求しか受けないような年齢です。しかし、「まったき者であれ」というのは「神様に完全に信頼をしないさい」という意味です。人間は自分の手に負えない時に、神の約束を待ちきれずに、自分の方法で解決しようします。。しかし、神はご自分の立てた契約を決して忘れません。アブラハムが99歳の時に神様が再び現れたのは、神がアブラハムに立てた契約を思い出さる為です。同じように私達もかつて神に「私はこうします」と祈った祈りを神は憶えておられ、私達にチャレンジを与えてくださるのです。

②神の実物教育と実践教育
イエス様は新約聖書の中で「空の鳥を見なさい」「野の花の事を考えてみなさい」と言われました。このように実物を通して行う教育を実物教育と言い、イエス様は人々に実物教育を通して信仰をもたらせようとしました。神はアブラハムにも星を数えさせ、星の数のように子孫が増える事を言われました。また、神はアブラハムの信仰の為に、昼は海辺の砂を見る事を言われたのです。夜は星を見て、昼は海辺の砂を見て、子孫繁栄の神の約束をいつも思い出すようにし、アブラハムは神が与えてくださる子供が必ず与えられる事を信じ続ける事ができました。

また神は実践教育として、アブラハムに一人子イサクを神に捧げるように言われました。この命令はアブラハムの生涯でもっとも大きな試練であったのですが、アブラハムは神の言葉を額面どうりに受けとめ従いました。なぜ神はアブラハムにイサクを捧げるように言われたのか?これは神のテストであって、この試練は神がアブラハムに対してもっておられる素晴らしい目的と、良い事の為に用いるためでした、神は私達の最善以外は考えない方であります。そして神は気まぐれで、私達をテストしたりはしません。私達はこの大前提を忘れてはいけません。私達は、何かが思いように進まない事があって、それ以外の選択肢がない時に、「神様はこの事を用いて良い事をしようしている、大切な気づきを与えようとしておられる、そして素晴らしい人生へと導く為なのだ」と、この解釈しか当てはまらない事を知るべきです。私達は神に対してそういう信頼を持つ事が重要です。

アブラハムはイサクを捧げる試練を神様から受けました。「神を愛するのか?」それとも「神が与えたものを愛するのか?」とアブラハムは迫りを受けたのです。私達の命を与えたのは神です。ですから、私達の持っているものは全て神が与えてくださったのです。それなのに、私達は与え主である神をないがしろにして、与えられた物を与え主以上に大事にしてしまい、そこから私達の歩みが間違い始めます。これは「利己的な自己愛」の現われで、様々な問題を生み出していく根になります。アブラハムが100歳になって跡継ぎのイサクが与えられ、神の祝福だと思い喜び、感謝をしました。しかし、いつの間にか与えた神ではなく、与えられた子に執着するようになっていました。その時、神は大事な使命を託したアブラハムを取り扱われました。

その方法は「十字架=自己に死ぬ」でした。不純な自己愛に死ななければ、本当に大切な与え主を愛する事ができない事を教えてくれます。神は自己愛を捨てる時に十字架を用いられるのです。アブラハムがイサクを捧げたのも、十字架の方法です。すなわち、自分の最も大切に愛していたイサクを捨てることによって、自分に死んだのです。しかし、神は自分に死んだアブラハムにイサクを聖別し戻されました。私達も十字架によって自分に死ぬ時に、与えられたものが本当の正しい形(聖別)で私達の元に戻ってくる経験をする事ができるのです。

③名前を変えることの意味
アブラハムとサラの元の名前はアブラハム、サライですが、神は彼らに名前を変えるように言われました。神は、彼らにアブラハム=「多くの国民の父」、サラ=「王女、多くの国民の母」の名前を与えました。このような名前を与えられた彼らでありましたが、彼らもまた度々、信仰の弱さを持つ事があったのです。高齢になった自分達に子が与えられると言われた神の約束を彼らは笑ったのです。そのような弱さもありましたが、新しく与えられた名前を互いに呼び合う事によって、素晴らしい信仰者へ変えられたのです。まだ自分達に一人も子がいないうちから、ないものをあるもののように「アブラハム(多くの国民の父)」「サラ(多くの国民の母)」と呼び合う内に、彼らの信仰が増し加わり、精神も身体も変化が与えられ、神の奇跡を受け取る器に備えられました。100歳と90歳から生まれたイサクは神が与えた奇跡でありますが、神の業がその人の上になされるかどうかは、その人の備えも非常に重要な鍵です。

「ないものをあるもののようにお呼びになる方」を新共同訳聖書では、「存在していないものを呼び出して、存在させる神」と言っています。だから私達が創造的な事を口から発する事が、どんなに大切かを教えられます。彼らが神から与えられた新しい名前「アブラハム(多くの国民の父)」「サラ(多くの国民の母)」を信仰を持って呼び合う中で、彼らが信じた事は真実となりました。私達も肉の思いで考えていた事を霊の思いに変え、心に持った霊の思いを口に出すのです。目に見えてから言うのは信仰ではありません。まだ見えていないものを言い表すのが信仰です。そして、神は私達の信仰を通して、大いなる御業をなしてくださるのです。

私達の口からどういう言葉を語るかはとても大事です。破壊的な、批判的な、否定的な言葉を口にしない。肯定的な、建設的な、創造的な、人の徳を高める言葉を口にするのです。イエス様は「あなたの信じる通りになる」と言われました。ですから、私達は目に見える多くの否定的な物に逆らって、もっと創造的な神を信頼した言葉を語らなければなりません。

アブラハムとサラは口で語った事が真実となったのです。それは、彼らが信じた神は、存在していないものを呼び出して、存在させる神だからです。

(LVJCCブログ制作チーム:Kao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。

2013.09.17 21:27 | 礼拝
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.