LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

遊覧船
Saoの日本旅日記第7弾は、佐世保(長崎県)に行ってきました。

前回の岡山から、博多までは新幹線で行き、佐世保へは特急みどり(佐世保行)に乗り換え,
5時間!ついに、佐世保に着きました。街々の丘に家々が建ち並ぶ風景は美しく、まるでジブリの映画に出てきそうなヨーロッパの町並みを思い浮かべました。

電車を降りた瞬間、目の前に海が広がり、私が知っている日本とは全然違った色を持つ佐世保の街に降り立ち、磯の香りがする空気を思いっきり吸い込み「本州の一番西にある海に来たのだ!」と感動に浸りました。

海きらら
佐世保に来てまわったところは、九十九島にある”海きらら”。子供たちがずっと乗りたかった九十九島を見ることができる遊覧船に乗りました。時間は50分。この日も、予報は雨だったのですが、雨は降らず曇りでした。それでも船から見える景色はとても綺麗でした。

九十九島には実際には200あまりの島が集まっているそうです。ライオンが座っている島や、「本州から逃亡した武士が逃げ込んだけれども、もう大丈夫だろうと3年経ったある日
たまたま通りかかった男に見つけられ殺されてしまった」という面白い話が伝わる島や、全く同じ形の”双子島”など、船に解説もついており、それもまた楽しめる一つでした。

長崎県といえば、キリスト教が普及している県の一つだと思いますが、ザビエルが到着した十字架の「クロス」が島の名前の由来とされる黒島の話も聞きましたし、何よりも街の中で何度も十字架を見ました。そのせいかわかりませんが、食前のお祈りをしている時にも、祈りの時を邪魔しないようになど、店員の方の配慮があった感じを受けたので、何だかとても居心地が良かったです。

遊覧船の後には、海きらら水族館に行きました。この水族館がとても大きい。一つ一つの水槽が大きいので、綺麗な水の色に映える海の生き物たちに目を奪われました。大きな亀が、まさに映画に出てくるような亀で子供たちは大はしゃぎ。そして、美しいイワシの群れが大きな水槽のアクセントとなり、素敵な水のアートを創り上げていました。

イルカショー
そして、イルカのショーを子供たちと見ました。イルカのショーでは、アシスタントとして我が子3人が選ばれ(!?)、日本語が怪しかったのでしっかりアシスタントが務まるのか不安でしたが、何とかイルカのシーのお手伝いをすることができました。ショーが終わり、にこにこ顔ででてきた3人はとても満足そうでした。

次に、佐世保から次は博多に向かいました。博多では、古式切りうどんの能古うどん、博多とんこつラーメン、明太子ごはん、担々麺を家族4人で食べました。どれも、最高のお味で、何を食べでも美味しい博多が大好きになりました。

博多
こうしてSaoの七日間の旅は、一日目は京都に始まり二日目は大阪三日目は岡山四日目は香登、五日目は佐世保、六日目は博多をまわり、最後に京都を通り、私の生まれ育った国の今まで見たこともない一面を知ることができました。

特に、岡山ー長崎へ移動した5時間。ゆらゆらと揺られながら車窓から見た外の景色は、圧巻の緑でした。どこもかしこも緑!!長女と共に、「日本の色は、緑(山)と青(海)だね。」と、話していました。水と緑がこんなにも豊かに茂っていて、日本は神様からの贈り物が何とも恵まれている国であることを実感しました。

この7日間の旅を通しての色々な方との交わりや出会いを始め、私自身の気づき、子供たちとの掛け替えのない時間やその時その時の思いなど、すべてを整え、与えてくださった主に心から感謝いたします。


次回の「日本の学校、体験入学編」へ続く-------

(LVJCCブログ制作チーム:Sao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2013.07.30 16:05 | 証し
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.