LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

071913.jpg

今日は、”コロンブスの卵”について考えてみました。

クリストファー・コロンブスが、困難な航海の末にアメリカ新大陸を発見して、援助者のスペイン皇后イサベルのもとに戻ってくると、国民は誰かれの別なくコロンブスを大歓迎しました。まさに英雄であり、大スターであり、爆発的人気にコロンブスはもみくちゃにされるほどでした。

ところが、成功者を見ると、嫉妬して、素晴らしい業績に何かとケチをつけたがる心の狭い人々がどこにでもいるものです。何もできない、また何もしない者にかぎって、うるさく陰口をたたくのです。

ある歓迎の宴会の席で、凱旋将軍のように称賛を浴びているコロンブスの姿を見て、ある者が意地悪く、「新大陸の発見といっても、こんなに大騒ぎをするほどの出来事かな。船をただ西へ西えと走らせて行って、偶然にぶつかっただけじゃないか。さして困難な事業というわけでもあるまい」と冷笑しました。

するとコロンブスは、「おっしゃるとおり。わたしも新大陸の発見を自慢できるとは思っていないし、ことさら自慢してもいない。ただ、船を西へ西へと走らせていけばきっと大陸にぶつかるはずだと、誰よりも先に思いついたのを手柄にしているだけですよ」と応じてから、テーブルの上にある卵を一個手にして、これを立てられる者がいたら、ここでいま立てて見せてくれるように提案しました。冷笑した男をはじめ、その場に居合わせた人々が卵を立てようと、いろいろ工夫してやってみましたが誰ひとりとして出来る者はいませんでした。

そこでコロンブスは、「あまりむずかしい事ではありませんよ。まあ、わたしがやるのを見ていてください」と言い、卵の尻のところを軽くテーブルにぶつけて、へこませてから立ててみせました。なるほど卵は立ったのです。ところが、それを見ていた人々は、「なんだ。それなら誰にでもできる。なんでもないことじゃないか」と言って笑いました。

するとコロンブスは、「そうです。卵を立てるなど何でもないことですよ。でも、あなた方は誰ひとりとしてこうした方法に気が付かづ、卵を立てられなかったではありませんか。わたしだけが気付いたのです。新大陸の発見だって同じです。何でもない事でも、最初に思いつくのが大事なのです。そうではありませんか。人がやってしまったあとで、なんだ簡単ではないかと批判するのは子供だってできます。」 そう言って、新大陸の発見にケチをつけた人々を見つめました。

コロンブスの卵とは、創造性という能力の性格を巧みに言い表している言葉だと言えます。何事も、最初に思いつくということは非常に価値のあることです。また同時に、思いついた事を実行するということも、その価値をどれだけ強調してもし過ぎることがないほどに大切なことです。

傍観者の立場に立って、どれだけ立派な理論を述べることよりも、どんなに小さな事でも、それを実行することのほうが遥かに価値のあることです。あなたも、言うだけの者にではなく、実行する者になりましょう。

今日の一言: 成功の反対は何もしないこと

平安
鶴田健次
2013.07.19 16:16 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.