LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

070301.jpg
今回のSao日本旅日記は、6月20日からの関西・九州方面の7日間の旅に出ることになった私Saoが、子供たち3人と共に見る魅力的な日本を紹介します。

今回の日本への帰郷に向け、航空券と共に購入したJRレイルパス。JRパスは、一週間タイプと二週間、三週間タイプに分かれており、購入した期間、日本のJR鉄道に乗り、どこでも行けるというような、少し青春切符に似ているパスです。ただ、購入資格は日本以外に国籍を持っている方と外国に永住権を持っている方が対象です。私は、1週間タイプを購入しました。

私も子供たちもまだまだクリスチャン初心者。日本にいる素敵なクリスチャンに出会いたい、まだまだ知らない世界のクリスチャンを少しでも知りたいと思い、今回の旅は、主に友人と教会を訪ねる目的で、関西と九州方面に行く計画を立てました。

初日は、東京から最初に泊まる京都に移動しました。平日だったので、新幹線の中は空いていました。
息子ジョナサンは、日本に来たばかりの不安もあったのか、最初の特急列車に乗った時点で「おうち、かえる~」と、言っていました。しかし、時間が経つに連れ、その緊張もほぐれたようで、ジョナサンはジャズミンとみかと新幹線の中で、手遊びなどをしてきゃっきゃと遊んでいました。

3時間弱の移動時間を経て、京都で迎えてくださったのは、私の友人の露のききょう姉妹でした。関東を新幹線で出たときは曇りでしたが、名古屋→京都に向かううちに、お天気は雨になってしまいました。そんな雨模様のお天気でしたが、ききょう姉妹の案内により、京都駅から電車に乗り、嵐山に向かいました。

電車を降り、嵐山で有名な通りというところで昼食をとりました。湯葉と豆腐を中心とした精進料理にも似たような京料理を頂きました。美味しく食べている私とききょう姉妹を横目に、子供たちは見た目がアメリカンフードに比べ、華やかでない京料理に少し食欲を失ったようでしたが、一口食べた後かなりおいしいことに気づいた子供たちは、勢いよくお料理を食べていました。特に、湯葉料理が気に入ったらしく、本場の京料理を堪能したようでした。

料亭を出て少し歩いたところに、渡月橋がありました。渡月橋からの眺めは、実に素晴らしい眺めでした。大きな川が流れ、その向こうには竹山?(森林)が広がり、山のてっぺんの方には細やかな霧がかかり、雨にも関わらず1艘屋形船らしきものも見えました。連日の雨のせいか川の水位も多くなったようでしたが、ごうごうと流れる水音と共に見る風情のある風景には独特の日本の美を感じました。

070305.jpg

その後、雷電という電車とバスに乗り継ぎ、金閣寺を訪れました。雨の中もくもくと歩き、急に景色の中に金色の建物が見えたとき、子供たちと共に歓声をあげました。私は、金閣寺へは以前訪れたことはありましたが、子供たちは初めてだったので、衝撃的だったのでしょう。美しい金閣寺は心に残るものがあったようで、長女は、この金閣寺がもっとも印象に残ったと笑顔で語っていました。

案内してくださる場所ごとに、ききょう姉妹には丁寧な解説をしていただきました。お天気が悪く足場が悪かったにも関わらず、私たちと一緒に回り、楽しく京都の街を見て、知ることができました。
労をとってくださった姉妹には、心から感謝でした。

そして、今回この旅で どうしても子供たちに学び、感じてほしかったことがありました。

それは、長女みかが5歳のとき、双子ジャズミンとジョナサンが4か月のときに初めて教会を訪れました。長女はクリスチャンになる前に日本の文化を多少知ってはいたのですが、双子ジャズミンとジョナサンは物心ついてからは、今回が初めての日本長期滞在。
もしかしたら日本で将来伝導活動をするかもしれない私の3人の子供たち。日本人のほとんどが風呂敷文化の中で育まれた仏教や八百万の神を信じる国であることを、子供たちは今までまともに知る機会がありませんでしたので、日本という国を知って欲しかったという思いも母である私の心には常にありました。

そして今回、京都という街に来て、お寺、神社もたくさんありましたが、その先々で見るコイン(お金)を入れて人々が熱心に祈る光景を度々見て、「あれは何?」と3人とも疑問に思ったようでした。
母が育ってきた日本は仏教や神道が全国各地にある、それこそが聖書の中に書いてある神様が忌み嫌う偶像を礼拝するひとつ、という説明もすることができました。

99.9%の日本人がまだ福音を聞いたことがない、という話を長女にした後、長女は日本の人々がキリスト教に対し肯定的でないこと、日本ではあまりにも多くの人たちがイエス様を知らないこと、自分たちが必要としているのがイエス・キリストだと気づかないでいることがわかり、「福音を伝えなければならない」と思うより先に、救われ者の重みを少し理解したようでした。

070304.jpg

初めての日本の旅ー1日目、京都。子供たちにとっても、私たち大人にとっても、クリスチャンとして心に思うことを目で見て、しっかりと確認した日でありました。


2日目の大阪編は、次回へ続く---------

(ブログ制作チーム: Sao)


この2つのアイコンをそろぞれクリックして、LVJCCを応援してくださいネ。
2013.07.02 09:41 | 日本より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.