LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

062413.jpg
今日もまた渡辺和子さんのエッセイから“心に届く愛の言葉”をご紹介させていただきます。

数年前のある朝のことです。一人の中学2年生の自殺を告げる電話があり、報告を終えた校長は、「入学してから今日まで、あれほど、いのちを大切にしましょう、いのちは大切、と話してきたのに」と嘆くのでした。

翌週、私の大学の講義が、たまたま、いのちに関するものだったので、この件に触れ、学生ともども生徒の冥福を祈りました。

私の授業は集中講義で人数が多いこともあって、出欠席はメモで取り、学生はメモの提出時に、任意ですが、裏に感想や
疑問などを書いてよいことになっています。その日の授業後に提出されたメモを読んでいたところ、次のメモが目に留まりました。

「最近、こんなCMがありました。いのちは大切だ。いのちを大切に。そんなこと何千何万回いわれるより、“あなたが大切だ”誰かにそういってもらえるだけで、生きてゆける」その学生は続けて、「近頃、この言葉の意味を実感しました。“私は大切だ。生きるだけの価値がある”そう思うだけで、私はどんどん丈夫になってゆきます」この学生は、きっと誰かに“君が大切”といわれて生きる自信をもらい、“丈夫”になっていったのでしょう。2年後に卒業していきました。

いのちは大切と何度教室で聞かされても、ポスターを読んでも、そのことが実感できていなくては、だめなのです。実感するためには、心に届き、身に沁みる愛情が必要なのだと、私も自分の経験を思い出しました。

60年以上も前のことになります。戦後、経済的に苦しい中で高等教育を受けさせてもらっていた私は、英語も習いたくて、通学しながら上智大学の国際学部という夜学で、教務のアルバイトをしていました。そこは、当時日本に駐留していたアメリカの軍人、兵士、家族などを対象とした夜学でした。

戦争中、英語はご法度だったこともあって私の英語力は貧しく、初めての職場経験ということもあり、仕事も決して一人前のものではありませんでした。

そんなある日、仕事の上司でもあったアメリカ人神父が私に、「あなたは宝石だ」といってくれたのです。兄や姉に比べても、劣等感を持ち、自分は「石ころ」としか考えていなかった私は、一瞬耳を疑いました。しかし、この言葉は、それまで生きる自信のなかった私を、徐々に“丈夫”にしてくれたのです。

「宝石だ」これは私の職場での働きに対していわれたのではなく、存在そのものについていわれたのだということに気付くのに、さして時間はかかりませんでした。旧約聖書のイザヤ書の中に、神が人間一人ひとりを、「私の目に尊い」といっているからです。

後に教育の場に身を置くことになった私にとって、これは得難い経験でありました。つまり、人間の価値は、何ができるか、できないかだけにあるのではなく、一人のかけがいのない「存在」として「ご大切」なのであり、「宝石」なのだということ。それが体感でき、魂に響く教育こそが、カトリック教育なのだということに気づいたのです。

生前、私が教えている大学に来て学生たちに話をしてくださったマザー・テレサは、どこから見ても「宝石」とは考えられない貧しい人々、孤児、病者、路上生活者を、「神の目に尊いもの」として手厚く看護し、“あなたが大切”と、一人ひとりに肌で伝えた人でした。マザーの話に感激した学生数人が、奉仕団を結成して、カルカッタに行きたい、と願い出たことがあります。それに対してマザーは「ありがとう」と感謝しつつも、「大切なのは、カルカッタに行く事より、あなたたちの周辺にあるカルカッタに気付いて、そこで喜んで働くことなのですよ」と優しく論されたのです。

今、“あなたが大切”と感じさせてくれる、そのような愛情に飢えている人が多くいます。存在を認められるだけで、人はもっと強くなれる。

(LVJCCブログ制作チーム:Kao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2015.11.02 00:00 | 信仰者シリーズ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.