LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

1

3月29日(日)の礼拝後、らい姉による朗読セミナーが行われました。

らい姉は料理教室に加え、元ハーベスト・タイム・ミニストリーズ理事、現在も教会CMのナレーションをしていらっしゃる賜物を用いて、礼拝での聖書朗読者を対象としたレッスン、祈りをテーマとした三浦綾子のエッセイ「天の梯子」の朗読CDを作成・配布、また、今年1月にスタートした教会員全体での聖書通読マラソンなど、聖書朗読・通読に関する奉仕をしてくださっています。

今回の朗読セミナーでは、シニアミニストリーの病床訪問時の聖書朗読奉仕や本の読み聞かせ時などの上手な聖書朗読の方法についての講習が行われました。

神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。
(ヘブル 5:12)

生きた神の御言葉を正しく上手に朗読する様々なポイントを教わりました。

・発声練習や腹式呼吸の方法
・一字一句正確に間違えないように
・緊張してあがると早く読みがちになるので注意する(行間に働く聖霊の働きを大事にする)
・普通の本は感情を込めて読むが、聖書朗読の際は感情をあまり入れ過ぎない

その他、テクニック的なことも学びました。

蟻は力のない種族だが、夏のうちに食料を確保する。・・・(中略)・・・やもりは手でつかまえることができるが、王の宮殿にいる。
(箴言 31:25.28)

この箇所では、「蟻」や「やもり」は小さな生き物なので小さい感じで読む。(大きい声で読むとイメージが違う)「王の宮殿」という箇所は美しい感じで読む。

また、イスラエルの湖や山々の箇所はそれをイメージして読む。(聴く相手にも伝わる)
イエスや神が発する言葉の部分は威厳を持ってゆっくり包み込むように読み、逆に人間の言葉は早めに読む。

今回16名が参加しましたが、この朗読セミナーは引き続き行われていきます。
らい姉は今後、マーリン・キャロザス著「天国の到来」の朗読CDの作成も計画されています。
聖書通読マラソンについても今後お伝えしていきます。お楽しみに。

(ブログ制作チーム: 堀田)
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.