FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

040113.jpg

「絶望のどん底にいると想像し、泣き言をいって絶望しているのは、自分の成功を妨げ、そのうえ、心の平安を乱すばかりだ。」

世界の舞台で活躍した日本の代表的な医学者/細菌学者・野口英世の言葉です。英世は黄熱病の研究はのみならず、ヘビ毒の研究、梅毒の研究、トラコーマの研究、小児麻痺の研究、狂犬病の研究などなど・・・彼の残した業績は計り知れないものがあります。

野口英世は1876年福島県・猪苗代町で生まれ、清作と名づけられました。父は、酒と博打が好きであまり働きませんでした。 清作が1歳の時に、母親が目を離したすきに火のある囲炉裏に右手を入れてしまったのです。そのせいで、右手の指が火傷し握った形で全部くっついてしまいました。母親は、清作がこのようになったのは自分のせいだと罪責を感じ、「手が利かないのでこの子には農業は出来ない、この子には学問しかない」と、清作を学校に通わせました。

当時は小学校にも全員が行けるわけではなかった時代です。貧しい家の子で学校に行っていたのは清作一人でした。その為に母親は働き尽くめで、生活を支えました。そのような母親の姿を見て、清作は猛勉強をしました。清作は、やけどでいじめに遭うことがありました。ある時はその様な自分を悲しみ、指をナイフで切り離そうとした事があったといいます。しかし15歳の時でした。学校の先生や級友が集めてくれたお金で、左手の手術を受け成功したのです。成功したと言っても自由に動くようになったわけではありませんでした。しかし、あきらめていた身体の不自由を癒してくれた医学に尊敬の念を抱き、自分の進む道が清作の心の中に与えられました。

1894年、彼の村に牧師が英語塾を開きました。清作もその英語塾に通うようになりました。そして18歳の時にキリストを信じ洗礼を受けました。その教会の二人目の洗礼者として、当時の洗礼帳に野口清作の名が記され、今も残っています。

洗礼から1年後の19歳の時に医師の資格を修得するために上京を決意しました。その時自分の家の柱に「志を得ざれば、再び此地を踏まず」と刻みました。この言葉からも清作の強い決心の程が読み取れます。

東京に来た清作は、いじめに遭いながらも猛烈に勉強し、僅か一年で一回の試験で合格しました。その後、順天堂医院に勤務。さらに北里柴三郎のいる伝染病研究所に勤務しました。その年22歳で英世と改名しました。23歳でアメリカに渡りました。そこで、フィラデルフィアに住んでいた熱心なクリスチャンのモリス夫妻と出会いました。この夫妻は、日本人留学生の面倒を熱心に見ておられる方で、明治のクリスチャン青年達の内村鑑三、新渡戸稲造、津田梅子らも大変お世話になった夫妻です。彼はペンシルベニア大学医学部、ロックフェラー医学研究所研究員、細菌学者として、数々の論文を発表し有名になっていきました。また、ロックフェラー医学研究所に在籍中にアメリカ人女性と結婚をしました。

その後、蚊によってウィルスが体の中に入り、高い熱が発生し体が黄色く変色し、やがて死亡する黄熱病が流行りました。野口英世はその黄熱病研究の為に南米のエクアドルに行き、そこに行ったわずか9日目に、病原体を発見するという偉業を成し遂げました。その後、メキシコ、ペルー、ブラジルへと黄熱病の研究の為に渡りましたが、南米で終息した黄熱病は、次にアフリカで猛威を振るうようになりました。英世はアフリカ行きを決意します。しかし体調を崩していた彼に、多くの友人がアフリカ行きを反対しました。そのとき野口英世は「人間は、どこで死んでも同じです」という言葉を残して、アフリカのガーナへと向かったのです。そして研究のさなかの翌年、彼自身が黄熱病にかかり、53才で召されました。

彼は自分の人生の半ばで振り返って「自分が手の火傷をしなかったら、今の自分はなかっただろう」と言っていたそうです。そして、数々の偉業を成し遂げ、数え切れないほどの人々を病から救った熱心の背後には、神様から受けた愛と使命があったのではないでしょうか。

(LVJCCブログ制作チーム:薫)

ブログランキングに参加しています。下の2つのアイコンのクリックをお願いいたします。
2013.03.30 23:22 | 信仰者シリーズ
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.