LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

Good_Friday_20130330075903.jpg

今日は、“十字架の七言”について考えてみました。

今日は、イースター前の金曜日、Good Fridayです。つまり受難週のクライマックス、いや神の人類救済計画のクライマックスとも言える日です。

イエス・キリストはゲッセマネの園でローマ兵によって捕らえられた後、幾つもの場所で取り調べを受けられました。金曜日の夜明け前にはアンナスの家で。夜明け頃には大祭司カヤパの家で。夜明け後はサンヘドリンの議会で。早朝はローマ総督ピラトの官邸とヘロデの宿舎で。そして再度ピラトの官邸で最終判決を受けられました。

イエス様はこの判決の後、直ちに処刑されるゴルゴタの丘へと引かれて行かれました。イエス様は約6時間、十字架の上で苦しみを受けられましたが、そこで七つの言葉を発せられました。その一つ一つは実に驚くべき神の救いと愛の御業を示している言葉です。では、イエス・キリストが十字架上で語られたその七つの言葉を見てみましょう。

1.「父よ。彼らをお赦し下さい。父よ。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」(ルカ23:34) 

第一の言葉は、とりなしの祈りです。イエス様は手と足を十字架に釘付けられ、裂ける手足の激痛に身もだえしながら、血を吐くような苦しみの中で「父よ。彼らをお赦し下さい。・・・・・」と、とりなしの祈りをささげてくださいました。いったい「彼ら」とは、誰でしょうか? 確かに、それはイエス様を釘付けしたローマ兵やユダヤ教の指導者たちですが、実はその中に、あなたもいたことを忘れてはならないのです。

2.「まことに、あなたに告げます。あなたは、きょう、わたしとともにパラダイスにいます。」(ルカ23:43)

第二の言葉は、約束の言葉です。ゴルゴダの丘に三本の十字架が立てられました。それはイエス様と共に二人の強盗のためでした。二人の強盗は最初はどちらもイエスを罵倒し、嘲っていましたが、途中で強盗の一人に明らかな変化が生じました。十字架上のイエス様のあまりにも崇高なお姿を見て、彼はイエス様を神の子と認め、救い主と信じたのです。その悔い改めた強盗に対するイエス様の約束の言葉がこれです。どんなに罪深い人も、悔い改めてイエス様を救い主と信じるならば、罪の裁きから救われ、永遠の命を受けることができるのです。

3.「女の方。そこに、あなたの息子がいます。」(ヨハネ19:26)
「そこに、あなたの母がいます。」(ヨハネ19:27)


第三の言葉は、思いやりの言葉です。十字架刑は、世界で最も残酷な処刑の方法で、その苦痛がどれほどのものであったかは想像を絶するものがあります。このような苦しみの中では、人は他人のことを思いやるゆとりなどありません。しかし、イエス様は、その苦しみの中で母マリヤに目を注ぎ、このような声をかけられたのです。イエス様はご自分が十字架で死んだあとの母を気にかけ、ずっと十字架まで従って来た愛弟子ヨハネに母を託されたのです。

4.「わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか。」(マタイ27:46)

第四の言葉は、神に見捨てられた言葉です。まず、この言葉は旧約聖書の詩篇22篇1節と同じ言葉ですが、そこには、やがて来られるメシヤの十字架の場面が預言されています。聖書に、「神は罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされた(第二コリント5:12)」とあるように、罪の無いキリストが私たちの代わりに神に捨てられたのです。神に捨てられるということは、どれほど恐ろしいことだったでしょうか。それは、みな私たちの救いのためだったのです。

5.「わたしは渇く。」(ヨハネ19:28)

第五の言葉は、死の苦しみの言葉です。体から血が流れ出る時はとても喉が渇くそうです。6時間の十字架の苦しみです。傷口からは、血は絶え間なく流れ出ていました。ですから、体液が極度に薄くなっていたことは確かです。その渇きが限界に達したとき、イエス様は「わたしは渇く」と言われたのです。

6.「完了した。」(ヨハネ19:30)

第六の言葉は、救いの完成の言葉です。イエス様は死を迎えられる直前に「完了した」と言われました。この箇所の意味は、旧約聖書で預言され続けてきた人類救済の神の御業がすべて完了したということです。キリストが受肉され、赤ちゃんとして誕生されたのも、多くの迫害や試練を通られたのも、三年半の公生涯も、すべてはこの御業を完成するためでした。十字架上での6時間の苦しみ、特に後半の3時間の闇の中の沈黙の時間も、すべてはこのときのためだったのです。イエス様の生涯の目的は、すべて十字架の死にありました。そして、このキリストが成就された救いの御業は完了したのですから、人間が自らの救いのためにこれに加えるものは何もないのです。

7.「父よ。わが霊を御手にゆだねます。」(ルカ23:46)

第七の言葉は、父なる神に委ねる言葉です。イエス様はなすべきすべてが完了して、ご自分の肉体の死が間もなくやって来ることをご存じでした。そのわずかの間、イエス様は目を天に向けて父なる神をご覧になりました。おそらく、この時には暗闇が晴れ、光が射していたかも知れません。この時のイエス様の心は安らぎに満ちていたことでしょう。

その時の神は、「わが神。わが神。」と叫んだ時のものではなく、昔と変わらぬ慈愛に満ちた御父の御顔であったことでしょう。イエス様は、一切のことを御父にゆだね、「父よ。わが霊を御手にゆだねます」と言って息を引き取られたのです。私たちも、最後に息を引き取るとき、愛の神にすべてを委ねることが出来る者でありたいと思います。

今日の一言: キリストは私の罪のために死んで下さった

平安
鶴田健次

ブログランキングに参加しておりますので、下の2つのアイコンのクリックをよろしくお願いいたします。
2013.03.29 15:00 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.