LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

ネイリストケイ姉
それ行け!Saoシリーズの第3段の今回は、ネイリストのケイ姉妹です。今回も突撃インタビューをしてきました。

Sao:けいさんのご職業は何ですか?

―私は、ネール・テクニシャンでマニキュアリストとも言われますが、マニキュアやペディキュアをしたり、今日本でもはやっていると思いますがカルジェルといわれるジェルを爪に塗ったりと爪を美しくする職業です。今は、ラスベガスのあるホテルの中にあるビューティーサロンの中で仕事をしています。
 
Sao:華やかなこのお仕事をするになったきっかけは何でしたか?

―私は、ラスベガスに引っ越してきて1年が過ぎたころからギャンブルにはまり、お金を沢山つぎ込んでしまいました。できるならば、全て持金を使い果たす前に何か物にして残しておきたいと考えていたところ、お友達に『ネールのライセンスをとったらどうか』と勧められ、すぐに美容学校に申し込みに行き学費の全額を支払いました。そして学校を卒業しライセンスがとれたのでネールの仕事でもしてみようかということがきっかけでした。

Sao:ラスベガスに引っ越されてギャンブルにはまった事は、以前のブログのお証しでも書いていただきましたね。そんな流れで取ったネイルのライセンス。今までのお仕事での辛い体験はありますか?

―実は仕事での辛い経験はあまり感じた事はありません。

Sao:そうなんですか!では、嬉しい事は何ですか?

―嬉しい体験は、私はこの仕事に就いていた間に教会へ行き始めイエス様を信じることができ洗礼を受けました。それからの私の人生は、がらりと変わり全てが神様によって供えられたものであり、神様の導きであった事を悟り知る事ができました。仕事とは、あまり関係ないですねぇ~!しかし、この仕事に変わり、私の人生も変えられたことが一番嬉しかった事です。
 
nail.jpg

Sao:そうですね。辛い経験があまりないところからも、喜びに押し出され、仕事をなされている様子が伺えます!

―私の職場は、ホテルの中にあり、かなり高級志向のお客様がいらっしゃいます。また、ネールの価格もとても高価格です。自分がこれほどの値段を支払うならば、物凄くよいサービスを求めると思います。なので、サロンに来られるお客様にも心から満足をしていただくために最高のサービスとハイクオリティーの技術を提供しております。ビューティーサロンですから、お客様が美しくなって喜んでいただける事が私にとっての心からの喜びでもあります。

Sao:素敵ですね~。お客様の満足が喜びなんですね!では、そんなケイ姉妹を聖書の登場人物に例えるなら、誰ですか?

―私は、ペテロだと思います。ペテロは同胞のイスラエル人たちの救いのために働いた素晴らしい信仰者です。私の職場は、ほとんどがアメリカ人ですが、その中で日本人の方が何人かいてて、その方々の救いを願い教会へと導きました。そして一人の日本人の方が救われました。私は同胞の日本人が救われることを心より願っています。


Sao:神からこのお仕事を与えられ、イエスキリストの使徒としてのご自身の役割をどうとらえていらっしゃいますか?

―できるだけ皆さんを助けるように心がけています。忙しい時に他の同僚のためネールのステーションをセットアップしてあげたり、片付けてあげたりしています。自分の忙しい時に人が同じことをしてくださればとても助かります。しかし、少しのヘルプが人の心を和ませ、また喜ばせる結果になりますので、このようにできるだけ皆さんのためヘルプをする事ができることがイエス様を証しする事だと思っています。
 
Sao:最後にご自身を励ます御言葉を教えてください。

「だから、何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。」マタイ 福音書7:12

ケイ姉妹、ありがとうございました。
イエス様からの感謝に押し出された姉妹が、喜びをもって仕事に取り組んでいる姿が、印象に残りました。イエス様を愛するケイ姉妹の信仰に新たに刺激を受け、とても励まされた一日となりました。

(ブログ制作チーム:Sao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2013.02.20 22:36 | それ行けSaoシリーズ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.