LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

0215131.png
今日は、“本当の幸い”ということを考えてみました。

今朝のデボーションで、私の愛読書である詩篇を読んでいましたら、詩篇84篇のある言葉に目が留まりました。それは、 「なんと幸いなことでしょう」という感嘆詞で、以下のとおり、三回ここに出ています。

万軍の主。あなたのお住まいはなんと、慕わしいことでしょう。
私のたましいは、主の大庭を恋い慕って絶え入るばかりです。
私の心も、身も、生ける神に喜びの歌を歌います。
雀さえも、住みかを見つけました。
つばめも、ひなを入れる巣、あなたの祭壇を見つけました。
万軍の主。私の王、私の神よ。
なんと幸いなことでしょう。
あなたの家に住む人たちは。・・・・・・・・・・・・・・・・・
なんと幸いなことでしょう。
その力が、あなた(神)にあり、その心の中にシオンへの大路のある人は。
彼らは涙の谷を過ぎるときも、そこを泉のわく所とします。
初めの雨
もまたそこを祝福でおおいます。
彼らは、力から力へと進み、シオンにおいて、神の御前に現われます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まことに、神なる主は太陽です。盾です。
主は恵みと栄光を授け、正しく歩く者たちに、良いものを拒まれません。
万軍の主よ。
なんと幸いなことでしょう。
あなたに信頼するその人は。
(詩篇84:1-7)


ここに、神を慕う者、神に信頼する者には神から来る幸いが約束されています。この詩篇の作者は、神殿の軒下に雀が住みつき、つばめが巣を作っている姿に感動しているようです。それは、小さな生き物である雀が、神の宮の奥の軒下に巣を作り、だれにも邪魔されずに雛を育てているからです。そこで詩人は、罪深い小さな弱い人間も、悔い改めて神を信頼するなら、神の懐の中に巣を作り、そこに幸いを見出すのだと歌っているのです。

また、この中に、「彼らは涙の谷を過ぎるときも、そこを泉のわく所とします」という言葉が出てきます。これは、神の力を拠り所として生きる信仰者の幸いな姿です。「涙の谷」とは、苦難と悲しみのある所を示しています。人生には、多くの涙の谷があります。そこで苦しみ、涙を流すのです。そして、人は誰でも生きている限り、そこを通らなければなりません。しかし、神を信頼し、神の中に力を見出し、心に神との生命の交わりを持つ者は、そこを泉のわく所とするのです。

「初めの雨」というのは、荒野の情景を一変させる秋の雨のことです。荒野のような苦難に満ちた人生であっても、そこに潤いを与えてくれます。神の恵みと力に信頼する者の人生の旅は、力強く、活気にあふれているというのです。それに対して、神から逃げる者の人生は、行き詰まりの人生です。あの預言者ヨナも、神の言葉に背いたとき、行き詰まりを経験しました。

近頃のニュースは、暗いニュースばかりで、多くの問題に解決の糸口が見えてきません。世界はすべてに行き詰まっています。しかし、イエス・キリストを信じる者には希望があります。「力から力へと進む」人生であり、「涙の谷を過ぎるときも、そこを泉のわく所」として行く幸いな人生が約束されているのです。

私たちは、ますます聖書を深く味わい、御言葉の中に生きる人生を経験したいものです。そこには、間違いなく「力から力へと進む」勝利に満ちた生涯があるのです。

今日の一言: 神を信頼する者の人生には本当の幸いがある

平安
鶴田健次

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2013.02.15 14:55 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.